Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

アオバ号 魔改造ふたたび フレーム再塗装で大爆

今日塗らずしていつ塗るかーっ!!

という晴れで微風の休日。

目の前は森といえ、住宅地の庭でスプレーを吹くには極力迷惑にならない日和を選ばなくてはならないので、
 


今日、自転車、塗るからっ



とカミさんにむちゅこを散歩に連れていって貰って作業をスタートさせます。

花粉の季節が終わるか終わらないかで、晴れていてもご近所の窓が開放される確率が低く、
養生シートが煽られ、拭いた塗料が遠くに飛ぶほど風が強くなく、
かといって溶剤臭が庭に滞留するほどに風が弱くなく、という日はなかなか無いので。

フレームは脚立とネットフェンス、そして使っていなかった園芸ポールで宙に浮かせます。

深い森に向かう風に乗せながらスプレーを吹けば、ご近所迷惑にはならないはず、という算段。

BB取り付け部のネジ山は、牛乳パックの切れ端を丸めて突っ込み保護し、
真ん中に差した園芸ポールによる傷つきを防ぎます。

あとは養生ビニールの動きで風向きを読み、森側に風が向いたのを見計らい塗料を吹いていきます。

全体を下地剤ミッチャクロンで吹いてから、
まずはフロントフォークから。

ルック車と同じように2色塗り分けし、ママチャリ感をなくす作戦(またかい)

フォークくらいバラしてから塗れよ、と言われちゃいそうですが、許してちょんまげ。

乾燥させてから、
メタリックの戻りムラとフォークを養生した際の塗装の傷つきを防ぐために、水性ラッカーで仕上げます。

徐々に厚塗りしてツヤツヤに・・・・・

( ; ゜Д゜)

つ・・・つや消し?

一体どこですり替わったのだっ(爆)

間違えてつや消しクリアを買った事にこの段階で気付くこたみ(爆)

つやありをここで買い直して塗料のデッドストックをこれ以上増やすのは勘弁なので、
つや消しクリアで今回は施工する事に。

つや消しを買わない様にとあれだけ注意したはずなのに(爆)

気を取り直して、フォークのクリア塗装・乾燥の後、
今度はフォークだけを養生して、フレーム本体の塗装にかかります。

むちゅこの机を塗るのに流用してしまった緑の塗料の代わりに買ったのは・・・

ゴーーーーールド!!(爆)

やってしまいましたな。

本当はこいつを使ってピカピカにしちゃろと画策したのですが、

メッキ調スプレーは激高のエアブラシ専用品以外はクリアでの上塗りNG、屋外使用も耐久性NGというので断念。

当初ブロンズ色のメタリック塗装を目論むも、
最初から銅賞ーっていうのもなんだかな、という感じがしたのと、
市中に流通している=値段がこなれているという事でゴーーーーーーールド(しつこい)にしたのであります。

過日武蔵境の駐輪場前で出会った超素敵なスポルティーフもゴールドだった(夜だったので断言出来ないが多分そう(爆))ので、
そのイメージをオマージュして塗るーと(爆)

でもね、組み上げればこの色がママチャリ離れさせるのに結構利いてくるのですよ。 多分(爆)

上塗りの「つや消し(もうヤケクソ)」クリアを吹いては乾燥させつつ、
平行して部品も塗っていきます。

貰い錆したカゴの底も、

錆を落として、余っていたクリアラッカー(つやあり(爆))を裏からだけ吹いておきます。

カゴの内側からも吹くと載せた荷物にクリア塗料が付いちゃうかもしれないので、
あくまでも裏からだけ。

ペダルの踏み板は、
デフォルトの黒にしようかと思いましたが、

シルバーにしてクランクとの統一感とプロムナードっぽさを出すことにしました。

ライトステーは、
旧いのも

新しく買ったのも

仲良く真っ黒けに。

樹脂製のトップカバーも仲良く吊るして乾燥します。

フレームに水性つや消しクリアを塗った後、

もしかしたらルック車で戻りムラになってデッドストックにしたクリアラッカー(つやあり)を、
乾燥後の水性クリアの上から塗ったら、
つやありコートが戻りムラなくできるかも、と思い立ち、

プラ製コッタレスキャップで試してみると、

おお、いい感じ。

それならばとフレームに吹いてみると、

ぬうう、ちょっと戻りムラが。

水平になっているものに吹く場合と、垂直になっているフレームに塗る場合ではメタリックの塗膜の安定感が違うのか、
水性の塗膜の上からラッカーが侵食してしまうからなのかも。

再度ゴールドと水性つや消しクリアを吹き直して乾燥させます。

マスキングを外していくと、
うわっ、防犯シールの際に塗り残しが。

もう少し小さく貼っておけばよかったかー。

境界部をカッティングシートで埋めるしかないか。

ともあれフレームの全塗装は完了。

ミッチャクロンを使い、クリアで上塗りをしたものの、
塗膜としては少々弱いなーという印象(自動車用ボディペンがよかったかー)ですが、
最悪はソリッドカラーで塗り直し・組み直しすればいいので、今回は先に進む事にします。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/18(火) 07:51:56|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオバ号 魔改造ふたたび フレーム塗装準備

今回の改造ではフレームは全塗装します。

そのためにクランクを外そうとしてしくじったわけですが(爆)

当初の改造で赤い泥よけにしたのも、元はといえば地味で経年劣化でくすんだ紺色のフレームをなんとかしようという所から始まっており、
プロムナード化といっても、フレーム色のためにどう料理しようと通勤用ママチャリのイメージから脱却できないのでは、魔改造する意味がありません。

全塗装は娘用の自転車であることをはっきりさせる意味でも、
今までお下がりの自転車を乗り継いで来た娘に、ほぼ新品の状態にリニューアルした自転車に乗らせたいという意味でも、マストなわけです。

再塗装にあたっては、塗装剥離剤で塗装を完全に落とすやり方もありますが、
なかなかの劇薬らしいのでパス、
元の塗装に足付けして下地剤→本塗→クリアを塗る方法でいきます。

サンドペーパーで擦る作業はパーティクルの処理を考えると屋外の作業がベストですが、
休日の昼間に長時間掛けてそれをやる事はむちゅこが許してくれませんし時間が勿体ないので、
皆が寝静まった金曜夜にリビングで独りスリスリします。

足付けが不十分だと塗装の乗りが悪くなるため、
念入りに。

ただし、防犯ステッカーと車体番号は損傷しないようにします。

アルコール(手ピカジェル)で粉塵を拭き取り、
リビングも拭き掃除し証拠隠滅した後は、
防犯ステッカーとヘッドパーツを養生します。

マスキングテープを貼って、上から輪郭をなぞり、

一旦剥がしてカットしてから貼り直します。

オーバーサイズになると境界部分が塗り残しとなるので多少小さめにカットしましたが、
上手くいくかどうか。

一緒に塗る部品も準備していきますが、
困ったのはヘッド部品のトップカバー部分。

事もあろうに樹脂製で、しかも紫外線の劣化によってひび割れが。

瞬間接着剤で固めてから塗ってみようと画策しますが、

上手くいく自信はありません。

BAAなのになんで上ワンのカバーを樹脂にするかなー

真夜中に仕込みが済み、あけて休日が来るのを待ちます。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/17(月) 07:52:53|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオバ号 魔改造ふたたび BB取り外し

しくじりまくったアオバ号のクランク回り。

残すはBBの取り外しですが、
これ以上しくじりたくないので、着手には慎重を期しておりました。

かといってショップに頼むにも、新年度目前の書き入れ時にこんな面倒なものを持ち込むのも気が引けます。

しかし娘の普段の足を早く稼動させなくてはならない事もあり、準備の整った平日深夜に作業を開始。

まずは取り外しに専用工具の必要だが、多くの方がモンキーでなんとかしちゃう左ワンから。

専用工具でさえも引っ掛かり部分が浅いので、
舐めてからショップに持ち込みは絶対にしたくないところです。

そこてジャンク部品を借りてきまして、

クランクシャフトに通して、フィキシングナットを(ジャンク部品の厚みの関係上入らなかったので逆向きに)取り付け、

モンキーが逃げない、かといって回すのに支障が出ない様ガチガチには固めないポジションにします。

モンキーの厚みが先端に行くほど薄いので、傾きが生じて逃げやすぐなっているので、回すときは慎重に。

力を掛けると、
幸いなことに固着しておらず、
ズリッという抵抗もなく緩んでくれました。

2週間前にCRCを浸透させていたのがよかったか、
組み付け時のグリスが固まりながらも残っていたのが良かったか。

万全を期して作業する時に限って呆気なく事が済んでしまうんですよねー

内部の汚れは想定内。

クランクをドリルで揉んだ切粉で動かなくなったにしてはマシでした。

次は専用脱着工具が高いのでM16ナットで代用する方の多い右ワンに着手。

ドイトプロで買ったボルトを入れてみると、

うわ、届かない。

考えた結果、ボルトをBB内側から通して、ナットを外にセットし、手でボルトのネジ部を持って締め込みます。

この方法なら、右ワンが外れるときに外側に動いても影響(角シムを左ワンにセットして挟む方法だと、外れるときに引っ張られる)が出ないのがメリット。

M16ボルトも短くて済むので安上がり。

ただ、BBを再利用する前提で作業するなら、ボルトの頭と右ワンが干渉して傷がつかないよう、
何か緩衝材を挟むのがよいかもしれません。

右ワンは舐める兆候も一切なく取り外しができました。

カートリッジタイプに換えるので再使用はしませんが、BBをバラしてしっかりと洗います。

リテーナに固着したグリスは竹串で細部まで掻き取りました。

シャフトは玉当たり部分のパーカーが剥がれていたものの、母材が剥離してはおらず、
左右のワンも無事だったので、再使用も問題なさそう。

クランクの切り粉でガタガタになっていると思いきや、素材硬度の差で負けなかったと。

試しに仮組みして、

ジャーッと回してみると、かなりスムーズ。

でもデッドストック入りにはなります(爆)。

BBを抜いた後はウエスと真鍮ブラシでネジ山を撫でてクリーニング。

ネジ山もほぼ生きているのでタップは不要かと思われます。

これでいよいよフレーム塗装のスタートラインに立つことができました。

ここまでが、えらい長かったわぁ~

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/14(金) 07:49:41|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオバ号 魔改造ふたたび この部品がプロムナード化の決め手となるか?

同僚Kさんからお下がりで頂いたマルキン号をリメイクしフロント多段化したアオバ号。

今や素のママチャリフレーム状態に戻り、改めてプロムナード化の作業を進めているところではあります。

しかし、
プロムナードバーを入れても、
泥よけを外しても、

フレームがスタッガードである以上、
フロントをシングルに戻す以上、

機能美だけでパーツを選んでつけるだけでは
ママチャリ臭を消すことが難しいのでは?

と不安になるのでありました。

迎賓館の華麗な装飾を見て、
機能一辺倒ではないものが必要と思い至り、
探索して入手したものが到着。

ウイングナット(新品)どぅえっす

クイックリリースが開発・上市される前、ホイールの脱着を工具なしで可能にしていたもので、
アオバ自転車店でも登場していたアレ、であります。

ヤフオクで時々出品されるのは把握していましたが、
中古だったり高かったりで、食指が伸びなかった品です。

かといって市販の蝶ナットではピッチが違うしカッコ悪いし、
コストをかけて特注で細目のナットに溶接して貰うのもなんだかなー、と。

新品で2セット同時に出品され、
即決価格が前後セットで1200円とバカ高でなかったので、2セットまとめてポチり落札、
先々の錆や紛失などのリスクに備えます。

2ピース構造になっていて、ナットの回転が直にフレームをガリガリやらないようになっているわけね。

駐輪している時にイタズラ・盗難されないよう、
装着時はワイヤーで固縛する予定なので、機能上のメリットは一切ありませんが、
ウイングナットがプロムナード化の切り札になるか、期待したいところです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/13(木) 07:48:38|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LOOK車用のカッティングシートで遊んでみる

むちゅこが風邪気味の時にはマスクをかけさせるのですが、
在庫が切れたので新しい箱を出してきました。

開け口はこんな感じ。

するとインスピレーションが湧きまして、

LOOK車のステッカーを作った時のカッティングシートを出してきまして、

抜いたフタでこんなものを作ってみました。

むちゅこのSuica(爆)

通「園」6ヶ月、
経路はむちゅこの言われるままに超大回り
C制→C調
チャージ上限0円の記載がございます(爆)

本人は自分のSuicaができたと喜んでおりますが、
本物の改札では使わんでくれー

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/12(水) 07:48:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (64)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (241)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (144)
自転車以外でおでかけ (128)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR