Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

自転車用トランクボックス調達(前編)

屋根付き自転車に着けていた後ろカゴのカバーは、使い勝手がイマイチだったせいもあり、
早々に撤去してしまっていたのですが、

今回行った屋根の改修で前支柱が低くなり、手前から通勤カバンを前カゴに入れる事が難しくなってしまいました。

前エプロンの捲くれ止めがあるため、エプロンをめくって前カゴから荷物を出し入れするのも面倒になったため、
雨天通勤時に通勤カバンを濡らさず積む事が緊喫の課題に。

駐輪場で心無い輩に後カゴへゴミを入れられる事もあり、
その隙も与えない様にするには、やはりリアボックスであろう、という事で、
購入を検討します。

以前も購入検討はしたものの、
目星をつけていた宅配バイク用みたいなものは自転車向けには無く、
折り畳みバギーも載せる事を考え、カゴカバーの自作に至った経緯がありました。

今回は、

①少なくとも42✕15✕32cmの通勤カバンや、帰宅途中の買い出し荷物が入る事

②カギが掛けられる事

③駐輪場での取り回しを考慮し、全幅は自転車用後カゴ並みの35cm程度に抑える事

④DIY感の無い外観である事

を条件として探します。

しかし、この条件がかなり厳しい事がすぐに判明。

宅配バイク用のボックスはピザを入れる事が念頭に置かれているため、「横幅35センチ程度」という条件が真っ先に立ちはだかるのでありました。

昔からあるメイホーのバイクボックスは幅も狭く値段も手頃でイイかと思いきや、

通勤カバンが全く入らない大きさと判明。

「ンなら通勤カバンを替えちまえよ」と言いたいところですが、
現在使っているエースのビジネスバッグは、会社で使う作業着を詰めて通勤電車で座席に座っても周囲の邪魔にならないベストな大きさ。

5年使ってもヤレが無いので、コレを買い替えるつもりは当面無いと。

コレもいいかぁと思いきや、

長さ(=奥行方向)が30cm台を超えられず。

そんな中、
エネループバイク用と銘打ったボックスを作っている所が見つかりました。

おお、イメージ的にはこんな感じだ。
横幅さえ狭ければ・・・

同じメーカーからはこんなのも。

上の突起がカッコええ。
横幅も狭めでイイかも。

しかしサドル側から開閉するタイプゆえ、
屋根の後支柱に干渉するのでNG。

これは・・・

よう使わんが、欲しい(爆)

色々見て回ったものの…
作って売る側の意図と、こたみのニーズが完全にすれ違っているので、購入を決定するに至るものは結局出てきませんでした。

あとはバイク用品でないものから選ぶしかないかぁ。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/16(金) 07:51:02|
  2. 自転車用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イチゴハウス復旧

園芸ポールと養生シートで建てたイチゴ用ハウスが雪で潰れてしまってから最初の休日。

庭の雪が全く溶けることが無い中、
ハウスと倒壊したイチゴプランターの復旧にかかります。

まずは養生シートと寒冷紗を撤去。

園芸ポールがポッキリ逝っております。

一応金属製なのですが、
安物は肉厚が薄いので、すぐ折れるのね。

骨組みもすべて撤去し、
倒れたプランターイチゴタワー1棟を復旧します。

倒壊でタワーの土が掛かったキャベツ。

上に積もった雪を除去し、潅水がてら土を洗い流します。

プランターの土が凍ってしまっていますが、
地温に当てるために地面に置くか、
根雪に当てられないよう叩きに置くか悩んだ結果、叩きに置く事に。
少し巻きに入ってきたので、ガンバれ、キャベツくん(長新太風)。


豆苗もといエンドウマメの方も雪に当てられ厳しい状態。

この冬さえ越してしまえばモッサモサになるはずですが、ここが正念場であります。

さてイチゴタワーの日陰部分は苗の育ちが全く期待できないため、
今回の倒壊を機に、重ねず置いて日照を稼ぐ事に。

積み重ねプランターが普及しない理由が今回よく解りました。

おそらく屋上や庭のど真ん中に置ける環境ならば使えるのでしょうが、
ベランダなど壁を背にしてプランターを置く使い方が主流である以上、陽の当たらない株の生育は期待できない、と。

プランターの配置が決まったところで、
ハウス材を買いに小金井のD2へ行きます。

こんな出来合いのものもありますが、

カバーする面積が狭いのと、高さや棚は必要が無い(下段に上段のプランターの泥がかかるので、使えない)のでパス。

お目当てはコレ。

ストレートの園芸ポールで組むよりも、断然ハウスっぽくなると。

上に掛けるビニールも数種類ありましたが、

ブルーシートの透明版は、カットすると細かいごみが出てしまうのでパス。

家に戻って、作業を再開。

買ってきたアーチ型園芸ポールを、

そのままプランターに被せるには高さが足りません。

そこで一旦撤去したストレートの園芸ポールから、

適度な長さのものを選んで、ビニールテープでアーチ型園芸ポールと束ねて繋いでしまいます。

脚の長さがチグハグの様ですが、短い方は叩きに、長い方は地面に刺して使うというわけです。

が、地面が凍っていて、刺さらない(爆)

凍った土が溶けるのを待っだり、金属棒で穴を開ける事もできないので、
止むなく堆肥を一部切り返しした土嚢袋で柱を支え、ハウスを組む事に。

幸い土嚢袋が日照を遮ることもなく、
上手くすれば堆肥の発酵熱を拾う事も可能な構造となりました。

エンドウマメも園芸ポールとネットを立て直し。

ここから作業は佳境に入ります。

0.1mm厚のビニールシートを使い、

屋根付き自転車の塩ビシートを張るのにも使った軟質塩ビ用両面テープでハウスを張っていきます。

1.8✕5mでは若干足りな目ですが、
サイドを絞って、なんとか囲います。

フレコンから発酵熱を導入するのは後日の課題と。

外からも様子が見やすくなり、ハウスっぽくなりましたー

これで咲いた花が実になるまで行ってほしいところですが、
プランターの土が凍っていたりもしたので、予断は許しません。

早く春になってくれ〜

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/15(木) 07:53:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18インチMTBルック車改造④ホイール整備(後編)

前輪に続いて後輪も手を入れていきます。

バンドと接触する面が錆びたドラム。

ここが真っ先に錆びるクオリティって何よ?
錆びると抵抗が増えて止まりやすくなるってか?

バンドブレーキをやめるか否かにかかわらず、こいつは外さなくてはなりませぬ。

しかし工具が無いので後回し、と。

まずはゴリ感満載のハブ軸を、

ってギャ〜〜〜〜〜〜〜〜(しつこいっ)

クスン、中にオドロオドロしい物体が(オイ

はいはい、コレもパークリで洗って(コロコロコロコロ(!))グリス詰めて

玉当りキメてクリーニングしておしまいっ

スプロケも磨きましたわよ。


さて、問題はドラム抜きをどうするか。

毎度毎度ディスりながらも量販店の閑散期を狙って持ち込むのもイヤになっちゃったので、
ここいらでDIYに切り替えたいところであります。

ところがこのドラム抜きなる専用工具、
コレにしか使わないのに3〜4千円するシロモノ。

カップ&コーンのワン回しと並ぶ「世界三大買いたいけど買えなぁいチャリ工具」なのであります。(もう一つは?)

代用品として知られる「ユニバーサルホルダ」なる工具であれば、千円前後で手に入るので、

買ってみることにします。

がっ、
どうにもホームセンターには置いていない。

コレでイケそうな気もするが、高いやね。

というわけで、ここならあるだろうと向かったのがプロ向け工具が揃っているドイトプロ。

おおー、さすがに色々揃ってますなぁ

しかし、目的のユニバーサルホルダだけが、無い。

悩んだ挙句、目に入ったコイツをダメ元で購入します。

「コブラレンチ〜」(ドラえもん風、ちなみに「〜」は商品名には無いダス)

小さいサイズもありましたが、ここはパワー重視でデカイ方を。

ビンを開けるのにも使えそうだし、千円程度なら買って使えなかったとしても許せるかと。

家に戻って説明書通りに締め付けてまわしてみるも、

ドラムが回る前に腕の筋繊維がブチ切れそうになり、一旦断念。

子供用自転車の制動で締め付けられている位なら楽にイケると思ったが、甘かったか。

やはり金物でないとダメかぁ、と諦めかけますが、タイヤを履かせて力が入る体勢で再チャレンジすると、

ヌルッ

と、取れたぁ〜

滑る事もなく、工具側の強度に不安もなく、ドラムが外れました。

大人用自転車でどうかは判りませんが、おそらくこれでしばらくはドラム外しは大丈夫そう。

前後車輪の整備は終わりましたが、次は何処に手をつけるのか、結構悩みます。

それは・・・

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/14(水) 07:50:22|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

18インチMTBルック車改造③ホイール整備(前編)

むちゅこが次に乗る18インチMTBルック車を改造するプロジェクト、
手始めにホイールから弄っていきます。

フレームエンド幅とハブ・リムのホール数から多段化を諦めた後輪。

フレームが普通の安物小径と同じ135mmのエンド幅なら、運用期間もいくらでも長くできたのに、
ピストにもなれない120mmノーブランドハブ、錆っぽい中華シングルギアが物悲しく。

唯一の救いは、黒塗装の劣化があまりなく、クリーニングだけで済みそうな点。

アシスト無し屋根付き自転車ではニップルだけタッチアップという素人作業をしましたが、
この手の補修塗装はもうしたくないので。

タイヤはシュワルベの18✕2.25。

頂いた当初はそのまま使えると喜んだのですが、太い方が段差越えで滑らないのはわかるけど、舗装道路の走行性能は思い切り犠牲になるのでは。

ハブのゴリ感は、

うん、許容できません(爆)

早速バラしていきましょう。

タイヤはスペアとしても保管せず廃棄。

代わりにJマート閉店セールでゲットした1本10円(!)のタイヤと、1本200円のパナチューブ(スゲー価格バランス)を準備。

2.25と1.75では随分太さが違いますな。

ママチャリ水準のMTBルック車なんですから、ママチャリ並のタイヤで丁度いい、と。

重さも1本800グラム弱から

600グラム弱に減。

外周が小さくなる分も含め、ギア比が軽く感じるので、多段化できない以上、唯一弄れるクランクをどうするかが課題ではあります。

次はハブを前輪からバラしていきます。

そしてグリスの引き直し。

ギャ〜〜〜〜〜(お約束)
中からオドロオドロしい物体が(後輪でも言うなよ)

古タオルで受けて、パークリかけてサッと磨けばこの通り。

キレイになった途端、コロコロするので要注意って言ってるそばからコロコロ〜

ベアリング受け側もクリーニング。

黒塗装は擦れておりましたが、母材のムシレは無かったので、
グリス詰めて玉当りをキメます。

あとは磨き倒して、

やっすいタイヤ履かせて前輪は作業完了〜

至ってフツーですな。

続いて後輪に取り掛かりますが、
アノ部品をなんとかせねばなりません。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/13(火) 07:50:03|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワクチン打つと手遅れに?

いやぁ、流行りモンには疎いこたみではありますが、今回ばかりはやってしまいました。

職場にもMy手ピカジェルを装備し、マスク常時装着でいたのですが、
どうも熱っぽい。

職場で予防ワクチンを打っていたためインフルに罹っても重症化はしないであろうという知識はあっても、
それがどの位の症状になるのかが解っていなかったため、
いつもならすぐに感じる悪寒と高熱が無いから「インフルではない」と頑張っちゃうわけですね。

月曜午前に緊急手配品の調達の算段をつけるためベンダー回りをして、そのまま自宅に戻りダウン、
しかしこの段階に至っても「自分がインフルかも」と考えず、家で1晩寝てから病院に行った結果がこちら。

やってまいました。

タダの風邪と踏んでいたわが家は一気に隔離モード。

吸入式の抗インフルエンザ薬イナビルを薬局で吸って、気管の炎症と熱は早々に収まったものの、

なぜか激しい背部痛と腰痛だけが残り、
当初は寝過ぎだからか、と高を括っていたのが、
すわ帯状疱疹か神経痛か、という激痛に夜も眠れず難儀しました。

これもインフル完全収束と共に消えましたが、
B型もなめちゃあいけませんわ。

せめて一晩待たずに受診していればもう少し楽だったかぁ。

ともかくこの季節、平熱でなくなった段階でとっとと受診、がよろしいかと。

完全解熱後2日間の出勤停止・隔離を含め、ほぼ1週間を棒に振った事になりましたが、
土日でのリハビリ(通常生活)で体力の落ち具合にも愕然。

休み明け、溜まった仕事とメールがどれだけあるのかが恐ろしいっ

とにかく手洗いうがい、
咳エチケットの出来ていないご時世だからこそ、自衛を徹底するしかありませんね。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 06:15:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (111)
自転車で出かける (54)
自転車をいじる (268)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (198)
自転車以外でおでかけ (168)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR