Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

防虫ネット無しでは堪えられまへん

早めに第1果を収穫し、本格的な開花・収穫シーズンに突入するナスの株2本。
2018060506234072d.jpg

こちらも順調かと思いきや、問題に直面。
20180605062445634.jpg

ぬうぅ、派手に食われたなぁ。

犯人のでっかい芋虫を一匹サヨウナリして一安心と思いきや、食害が止まりません。
20180605062633d48.jpg

でっかいフンをされているので、くまなく葉と茎を探し回るもホシを挙げられず。

これは間違いなくヨトウムシの仕業かと。

昼間は地中に潜み、夜になると這い出して葉を食害する蛾の幼虫であります。

土の乾燥と雨による表土の跳ね返り(株の病気の元)を防止するのに落葉マルチを敷いたので、この下に虫が棲みつく事は想定していましたが、
灌水のしやすさから今さらビニールマルチに替えるのも嫌だし、と考えた結果、
半端ものの防虫ネットを上から敷くことを思いつきます。
201806050639467a7.jpg

這い出ようとしても二重になっている防虫ネットが邪魔して上に行けない、ネキリムシではないので根に悪さも出来ず、このまま餓死しちゃうでありましょう。

上からネキリムシ(コガネムシの幼虫)が入り込む事も出来ず一石二鳥であります。

今まで通り上から灌水もできる、と。

防虫ネットは100均で買うと高いので、ホームセンターで仕入れますが、
微妙に透水性が悪い寒冷紗(これは100均で買える)には置き換える事ができません。

ゆえに端材となった防虫ネットもなかなか捨てられないのでありますが、
作物の上から掛けられなくても使える事が判ったのは収穫でありました。

こちらは1本だけ植えたシシトウ。
201806050749332c1.jpg

花が咲いて実を待つばかりですが、
こちらもチョビチョビ食害されとります。
20180605075149f74.jpg

ただ大々的に被害が出ているわけではないのと、ホシが特定できていないので、こちらは石灰防除とカライ液散布で様子見です。

ダイソーの種を蒔いたチンゲンサイは、掛けておいた防虫ネットが窮屈になったので、間引きしてから四隅に割り箸を立てて大きめのネットに張り替え。
20180605075437145.jpg

ちなみにここで蹴り出された小さいネットがナスのマルチに転用されております。

そろそろ花が咲き始めたエダマメ。
20180605075712552.jpg

サヤが出来た途端に外からホソヘリカメムシが豆の汁を吸って空サヤにしてしまうとは聞いていましたが、
この段階でカメムシがとまり始めたので、慌ててネットを被せます。
20180605075919d16.jpg

このエリアはカメムシが多く、
洗濯物や布団を干したら取り込む時に確認をしなければならないので、
自然が多くて良い、と思う反面煩わしさも。

そういう意味でもここは不動産として好き嫌いが分かれる物件でありましょう。

インゲンの防虫ネット掛けだけは来週に持ち越し。
20180605080317c39.jpg

しかし農薬を使わずに野菜を育てるのは手間の掛かるものであると痛感。

それでも色々考えながらこまごま作業をしていると休みの1日はあっという間。

リタイアしたら毎日菜園に出っ放しになりそうな予感がします。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/13(水) 07:45:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウリ栽培、イイ感じでも油断大敵

78円の実生苗2本から栽培中のキュウリ。
2018060422313161b.jpg

湿気の強い所では、うどん粉病に罹って大変とカミさんに言われていたので期待しないでいましたが、
土のう栽培が結構上手くハマっているらしく、順調に成長しております。

支柱があっという間に足りなくなりそうなので、ダイソーから2mの支柱を買い込み追加し、
同じくダイソーの園芸ネットを張りましたが、
201806042235227b2.jpg

さらに成長し、支柱の上まで届くのは時間の問題、
摘芯して丈を抑え、子蔓・孫蔓を生やせば収量アップを狙えそうです。
201806042237192fc.jpg

しかし順調に見えても、株の下方の葉の一部はうどん粉病の発生が部分的に見られ、石灰水による石灰防除が追いつかない葉を順次切除しているのも事実。

石灰水をより多く葉面散布するのに、
これまたダイソーで有機石灰(所謂牡蠣ガラ、広島の会社らしい商品ですな)と、
20180604224417c26.jpg

大きめのハンドスプレーを購入し散布にかかりますが、
20180604224356aab.jpg

このハンドスプレーが安普請で使い物にならず、即廃棄。

元々のスプレーボトルでちまちま撒く羽目に。

また有機石灰も消石灰と違い牡蠣ガラゆえの不純物・浮遊物が多く、水に混ぜた後しっかり濾過して使わなくてはならないのが面倒ではあります。

しかし作物への悪影響が出ないというメリットには代え難く。

トマトの尻腐れ病の防止や土壌pHの調整にと活躍して貰います。

キュウリの害虫といえばウリハムシが有名で、みつけ次第100ロートングで捕殺しておりますが、
よく見かけるのがこれ。
20180604225627d37.jpg

おお、てんとう虫。

キュウリについたアブラムシでも食ってくれるかと思っていたら、どうも様子がおかしく。
20180604225746242.jpg

アブラムシがいないのに葉っぱについていると言う事は・・

葉っぱを食っとるやんけ〜!
201806042258474f1.jpg

てんとう虫にしては艶の無いこやつらは俗称テントウムシダマシと云い、葉を食害する種なのでありました。

以前作ったカライ液を散布するも、
20180604230139007.jpg

全く効果なし、

仕方なく見つけ次第捕殺する事に。

まぁそこら辺に置いとけばアリがキレイに引き取ってくれるので楽なのですが。
初果を早めに採って以来、
2018060423050128e.jpg

どんどん実がなってきて、苗の元が取れる4本以上どころか、大収穫の予感ではありますが、
20180604230416358.jpg

20180605213308f4f.jpg

梅雨になれば本格的なうどん粉病のシーズン突入、予断を許しません。

いやぁ、キュウリ栽培を仕事にするのも大変だぁ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/12(火) 07:53:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リボベジ3題 さらば元豆苗サヤエンドウほか

毎週ちょこっとずつ収穫を楽しませてくれた、リボベジ豆苗。
2018060421385424d.jpg

味噌汁に入ったり、パスタの付け合せになったりと活躍してくれましたが、
20180604214007f1d.jpg

収穫シーズンが終わり枯れ始め、新たな花の開花も収束してしまったので、
2018060421430309b.jpg

最後の収穫をして、かき揚げの具の一部になって頂き、
201806042144189e6.jpg

撤収と相成りました。
201806042145456c7.jpg

マメ科の作物を植えた土は根粒菌の働きで窒素固定されて土が肥沃になっているらしいので、
ふるってから、(連作障害を避け)マメ科以外の作物に転用します。

コンパニオンプランツとして植えていたシソは元イチゴプランターに移植、
2018060421464634f.jpg

葉からの蒸散を防ぐのを兼ね、数枚の葉を取って天ぷらに。

以前植えた青ネギの株元は、こんな感じに完全復活。
20180604214836eb2.jpg

また根元を切って植え戻します(まだ育てるんかい(爆))。
20180604214939f99.jpg

この日はかき揚げそばに青ネギの薬味を添えて頂きました。

トマトの脇芽を芽かきしたものを水耕栽培で苗に仕立てるつもりだったものは、
201806042159297c0.jpg

ううむ、チョロっと根が出ただけかぁ

新たな脇芽を投入して、今度は水揚げしたポリポットで育苗を試みます。
20180604220112183.jpg

土に直接挿した方が成功率が高いという情報に、
水切れのリスクを回避するための策を講じたものですが、
1本でもいいから根付いてほしいところ。

ビンボー症から来るリボベジではありますが、本気でかかれば結果が出るのが楽しい〜

この夏どこまで庭を野菜だらけにできるのか、挑戦であります。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/11(月) 07:51:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチゴ苗取りスタート しくじり防止策とは

イチゴのプランターを撤収し、ライナーを生やして来年の苗を取るシーズンに突入しましたが、
昨年は1株の親から100本の苗を取る事にこだわり、
①親から出た株(太郎株)は親の病気を受け継ぐので親ともども廃棄、太郎株から出た株以降(次郎・三郎〜)のみ使う

②親方面から来たライナー側とは反対方向に実がつくので、苗として独立させる時に親方面のライナーを長めに残してカットし、これを目印として定植する際に奥側に向ける

この2つのセオリーを無視してしまい失敗の要因を作ってしまったので、
(こんな感じになっていたのでどれが太郎だか次郎だか・・)

今年は親株が5株と多い事もあり、尚更しくじりが無いように対策をとります。

おお、既にライナーが出てきてるぅ
201806010637576da.jpg

先っぽに葉が出て来ている部分が苗になる部分。
20180601063938b48.jpg

葉の出てきた部分の裏に根が数本出てきたら、これをポリポットに上げます。
20180601064115c31.jpg

ライナーが動かないように、昨年使った在庫のカーテンフックを刺して根付くのを補助するところはこれまでと一緒、
「それじゃあ何を対策したのよ?」と思われますが、
実はポリポットの色。

これまでこたみとカミさんが購入してきた様々な苗の入っていたポリポットは、苗の種類によっては色がついているものが結構あって、
「太郎苗は色付き、次郎以降は黒」と完全に色分けしてしまう事にしたのであります。

使わない親(プランター)と太郎(色付きポリポット)さえ認識できれば良いわけで、
太郎から先は全て黒とすれば間違いはないと。

また、長くカットする親側のライナーに、100均のマステで目印をつけてみました。
201806040608502a2.jpg

これならライナーの親側がどちらかがすぐに判ります。

1週間後、ライナーはどんどん増殖中。
20180604061746bbc.jpg

先っぽに葉と根が出ているものを片っ端からポリポットにあげていきます。
201806040619404ab.jpg

早くも定植に使える次郎苗が出てきましたー
20180604062029170.jpg

定植する以上にたくさん増殖させて売っちゃおうかなんて思いそうですが、
栄養繁殖でF1交雑もさせていない親株と同じ品種の苗を売ったり大々的に譲ったりするのは種苗法違反。

お隣の国にはそれが通用しなかった様で、国際問題になっている様ですが、著作権と全く同じ扱いのモノなので要注意ですね。

昨年はたたきの部分でちんまり育苗しましたが、
今回はライナーを整理しながら大々的に増殖を試みます。

雨が当たるのと隣の森に近いので病害虫のリスクがあるのがネガではあるものの、
水切れのリスクが少ないのと夏場に半日陰の環境下で育苗できるメリットとのトレードオフ、
根洗いの定植まで持ち込めればなんとかなるかと。

これから毎週末は絡んだライナーほどきとポリポット揚げで忙しくなりそうです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/08(金) 07:54:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

免許更新 急いては事を・・・

娘は模試、むちゅこはカミさんに連れられ多摩動物公園へ行くというので、久々のおひとり様の日曜、
運転免許証の更新時期を知らせるハガキが来ていたので、天気の良い日曜に府中の免許センターに行く事に。

クルマで行く距離でもなく、行ったとて駐車場待ちでタイムロスはしたくないので自転車を使いますが、
ゴールドマルキン号は娘が乗って行ったし、
晴れている中、屋根付き自転車で行くのもなんなので、ふらっかーずで東八道路を行きます。

おっ、自転車レーンを造っているのかな?
20180531204032167.jpg

出来るのは対面通行の残念な自転車レーンでしょうが、
この辺りは歩道と分離されたスタイルのレーンなので、まだマシかと。

8:30から受付開始という事で、朝イチで手続きを終えてしまおうという魂胆でしたが、
8:15に免許センターに着いてみると駐車場はともかく駐輪場もかなり埋まっておりました。

いやーな予感はしていましたが、建物に入ってビックリ。

最初の受付に並ぶ4列の長い行列。

程なく列は建物の外にまで伸びてしまい、入場規制の様相に。

みんな考える事は同じだねぇ。

ゴールド免許での更新につき、講習は30分ですが、結局トータルの所要時間は2時間半。

帰る頃には大行列はどこへやら、
どうせ午前中が潰れるなら10時過ぎに行った方がマシかもしれません。
20180531204657735.jpg

講習ビデオは更新の都度違うものになっており、逐次アップデートされているものと思われますが、
今回気になったのは「車が加害者となる」というお決まりのフレーズに加え、自転車・歩行者の交通マナーが悪化している事に対する自衛としての安全運転の励行を謳っていた事でしょうか。

実際そういう御仁が増えている事は日々実感させられているところであります。

さて家に戻り、クルマに乗り換えて仕事に絡む仕入れと庭の菜園の資材を調達に行きます。

ドイトプロ小金井公園店を出ると駐車場にはもう一台キャンバスが(笑)
20180531205404b6f.jpg

ヘッドマークがVWに差替えられていたり、レザーシートカバーを装着していたりと、やれる事をやれるだけやっている印象。

オーナーさんとちょっと話せればと少し待ちましたが、現れなかったので、次の調達先に移動し買い出しして戻りました。

久々にひとりで休日を半日過ごすのは新鮮であり、タスクもはかどりました。

平日はフリーの時間などほとんどなく、それゆえ休日の僅かな時間が惜しいのでありますが、
免許更新だけは慌てて行っちゃあいけないと痛感した次第であります。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/07(木) 07:52:58|
  2. 自転車で出かける
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (234)
自転車以外でおでかけ (194)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR