Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

イチゴ栽培 収穫シーズン前 追い込み作業

たった1株から育苗し、
夏の水やり、
秋の定植そしてヨトウムシ対策、
寒冷紗・養生シートの簡易ハウス作成から
雪害によるハウス建て直しを経て、
なんとか冬の休眠期を脱し本格的な花芽分化が始まってきた我が家のイチゴ。

鉢の土の面に花や実が接する事でダメージを受けないよう、細かく切った銀マットをマルチ材ときて順次敷いておりましたが、
この際、手持ちのピースを全て敷いてしまう事に。

ハウスを一旦外し、
氷点下の続いた休眠期に紅葉し枯れた葉を取り除き、

肥料焼けしない程度に追肥してからマルチ材を敷いていきます。

葉裏にも結構蕾が出来てきており、
咲いたものから絵筆で自家受粉していきます。

葉の虫食い跡からヨトウムシの小さい幼虫が数匹発見されたので駆除。

まだ寒いはずなのに油断も隙もありませんな。

消滅してしまうのではと思いながら植えたままにしていた親株からも蕾が。

親株は病気のリスクがあるとの事でしたが、
至って普通に育っております。

今年もここからライナー採っちゃう?

銀マットを敷き終わり、潅水してみましたが、
マルチがあるのと無いのでは、葉・茎・花芽への汚れのつき方が全く違うのと、
銀マットのピカピカのおかげでアブラムシは確実に撃退できるであろうと。

今回積み重ねプランター用に良いかと導入した「軽い培養土」は、水はけが良すぎて、週イチの潅水では水不足になりがち。

ドバドバ上から撒ける夏季の潅水と違って、
平日夜の暗い中、ハウス内で花粉を濡らさないよう、休眠期に寝た葉に泥はねしないよう丁寧に水やりをするのは難しく、
マルチで表土を覆う事で乾燥を防げればいいのですが。

作業後は一旦外していたハウスを戻しましたが、
サイドの絞りで出入口を塞いでいたのが煩わしいため、

サイド部を切り取り、

改めてカーテン状に貼り直し、隙間も埋めてしまいました。

これで出入りもしやすく、ハウスの密閉度も向上、実がなった際のヒヨドリなど鳥の食害防止にもなります。

晴れていれば中は暑いくらい、
これで早々に収穫期に突入できるかと。

堆肥の発酵熱は期待したレベルに全く届かなかったので、
当初目論んでいたクリスマスにイチゴを収穫、の計画からはかなり遅れましたが、
ここからが楽しみです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/06(火) 07:48:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<窓防寒 プチプチでダメ押し | ホーム | 18インチMTBルック車改造⑧後ブレーキ台座補強>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/974-1db08144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR