Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

屋根付き自転車、調布市花火大会に出没!

毎年必ずどこかの花火大会を見に行く花火好きの我が家。

2万発上がるといえば栃木県小山市まで行っちゃいますが、
1ちゃい11かげちゅのむちゅこを連れての夜の遠出は厳しいので、近場かつ行き慣れた調布の花火大会にGO。

以前は公共交通機関や車で行きましたが、
前者は帰りの足の確保が難しく、甲州街道まで歩いた挙句、やっとタクシーを捕まえ帰る羽目になり、
後者は前日家から見えた遠くの花火にビビりまくったむちゅこが間近の花火に拒絶反応を示した時に、交通規制が解けずに足止めを食らう可能性があり、
今回は自転車で行こうと決めておりました。

夜の長距離(私にとっては短距離ですが)走行に慣れない娘は合宿中で不在という事でその点のリスクは少ないかと。

使用する自転車は、私がむちゅことエルゴで一体化し屋根付き自転車、カミさんが6段ギア付という事で娘のNEOマルキン号と決定。

普通ならふらっかーず号の出番なのですが、深大寺周辺の長い坂を上るのは厳しく転倒リスクが増すという事と、
混雑した道で段差を越える時の減速→加速のショック緩和の調整が夜間では効かず却って危ないと判断。

対向して来るであろう自転車との衝突から屋根のフレームでむちゅこを保護するメリット、
万が一雨に降られた時も屋根付きなら安全に帰れるメリットが大きいと考え、
他の人には全くお勧め出来ませんが、今年に限りこのチョイスに。

昼間のうちに自転車の点検メンテを済ませておきます。

距離も片道5km程度なので1時間は掛からないと判断、18:30の開始1時間前過ぎに出発。

現地での飲み(勿論ノンアル)食いするものとレジャーシート、カッパと虫除けはカゴにしっかり収まりました。

武蔵境通りは深大寺周辺の坂周辺の道幅が広いので、安全に走れます。

下りという事もありコンスタントに進みます。

中央高速をくぐった先からは車道が狭く自転車レーンも無くなるため、やむなく歩道を安全運転。

花火見物と思われる自転車の流れに乗って進みます。

甲州街道まではクルマは渋滞になっており、バスは浴衣姿でギュウギュウ。
あれに1ちゃい11かげちゅは乗せられません。

甲州街道を越え鶴川街道に入ると、車道は2車線でママチャリを受け付けてくれないペースと混み具合でクルマが走るので、広くなった歩道を進みます。

この辺りになると歩道には歩行者が多くなって来るので、慎重な運転が要求されます。

安全なすり抜けのため最適なタイミングでトルクをかけるのに、アシスト自転車は最適です。

重量的には鈍重なはずの屋根付き号がかなり安全運転だったにも関わらずNEOマルキン号を大きく引き離して現地到着したのはそのためでしょうか。

多摩川原橋周辺は自転車置場もあり、レジャーシートも余裕をもって敷けたので、どうしても間近で見たいと思わなければオススメの場所です。

我々は早々に引き上げられる様に秘密の場所に駐輪して現地入り。

このところのカラカラ天気のためか、蚊も少なく、涼しい中ででっかいレジャーシートを広げてオードブルを食いまくりながら花火見物。

はなびこわいのむちゅこは最初はグズっていましたが、大好きなヘリコプターが飛んでいるのでそればかり見ていたせいもあり結構落ち着いていました。

周りに子供がたくさんいるからかも。

花火は1時間で終了。
フィナーレは帰りながら見たので混雑には巻き込まれず帰れました。

帰り道はカミさんも迷わないので、別々のペースで帰り、家で集合という事に。

マルキン号で上り、カミさん頑張ってくれー。

深大寺周辺の上りではGIOSのロードとほぼ同じペース。
子連れの屋根付き電動車と同じペースだったのがよっぽど悔しかったのでしょう、
最後は平地で信号無視して去って行きました(笑)
過日のミニベロロードといい、私に絡むGIOSは何故か大人気ない(大爆)

家に到着し、程なくしてカミさんも追いつきました。

バッテリー残量が怪しかったのでアシスト強度を最小にしましたが、坂も安全に上って来られて一安心。
上りでの電欠だけは避けたかったので。

むちゅこが成長して来年は違った行き方になるでしょうが、
今年の花火大会は良い経験になりました。

また屋根付き自転車がこれだけ多くの人の前に露出したのも今回が初めてでしょう。

信号待ちで子供に『こういう自転車あるんだー』と言われてみたり、

当初は自転車移動を考え、ダンナの判断で徒歩移動にしたものの、大変になっちゃったらしい奥さんに『ほらー、自転車で来ればよかったのよ。屋根もついてるし』とか言われたり・・

・・・屋根は別の問題かもしれません、奥さん(笑)

ともかく、後日どこかで話題になっているかもしれませんね(^_^)

おッと充電、充電。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/08/25(月) 06:46:53|
  2. 自転車で出かける
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<NEOマルキン号にサイコン装着 | ホーム | 遠距離通勤者が震災に遭ったら?(18)備蓄自転車どれだけ走るか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/115-2be3b076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/26 08:52)

小山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/08/26(火) 08:52:23 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (64)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (253)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (145)
自転車以外でおでかけ (134)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR