Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

遠距離通勤者が震災に遭ったら?(19)帰還コースを下見してみた

震災時に横浜の勤務地から三鷹の家までの正確には57kmを自転車で帰れる様に準備をする『災害時備蓄自転車プロジェクト』、

やはり実際に走るコースは下見しなければならないでしょう。

変速無しの折り畳みで15km/h巡航で約4時間、手持ちの補給だけで走り切るのですから、迷ったり、危険な道や体力を消耗させる坂道を通るわけにはいきません。

ただ基本平坦な道ばかりだろうから、走ってみよう、という事で早朝の涼しいうちに出発。

コースは
武蔵境通り・鶴川街道を南下
府中街道を南下
国道1号線を西進
横浜市内から根岸・磯子方面に
磯子から海沿いを走り
横浜市金沢区の会社に到着
といったもの。

しかし、この漠然としたコース設定が後々大変な事につながるとは思わなかったのでした。

鶴川街道で多摩川を渡るところ。


1号線に入り尻手の交差点


ここまでは、まあ平坦でした。
まだ涼しかったので。

この後、
東神奈川周辺で3つの大きなアップダウン、磯子に直接向かわず根岸方向に向かったためダメ押しのアップダウンにすっかりやられてしましました。

息も絶え絶え金沢区に到着。
産業振興センターをバックに証拠写真を撮って、

そのままダウン。
近くのホテルファミールに避難します。

改めてNAVITIMEでアップダウンの少ないコースを検索すると、往路のコース取りの重大なミスが判明。

国道1号線ではなく、更に海沿いの15号線を通るのが正解だったのでした。

漠然と東海道=1号線と考えていたのが甘かった!

朝でさえ熱中症にかかりそうなので、復路は夕方から夜にかけての移動としました。

周囲には時間を潰せる場所が全く無いので、シーサイドラインで新杉田に戻ります。

昼食はスタミナカレーの店バーグ。
野菜も多い大皿カレーをチョイス。

さて復路、
往路のコースから修正したのは、
磯子まで一番海沿いの工業団地の道を通る
15号線で鶴見まで行き北上
の2点でした。

メジャーでない県道などを通るため、曲がるべき交差点を何度もロストしそうになります。

繰り返し通って慣れでもしない限り、最低でもコースの地図は作っておいて携行しなければ、迷って走行距離が増えてしまう事を痛感。

追い風のおかげもあり、全体的に登り基調(体感するほどでもないが)であったにも関わらず、復路は往路より1時間短い時間で走破できました。

もし夏に被災したら夜移動は必須である事も実感。
快適さが全く違います。
昼の移動は自殺行為です。

とはいえ実際仕事中に被災して、会社から帰宅の判断が出て出発するのは夕方、となる確率は高くなるでしょうが。

1日の走行距離としては最長の113kmをマーク。

手首が振動で痺れました。
ロードならこんな事もないのでしょうが。
また走る時はグリップをエルゴタイプに換装したいところです。

ただ、体力的には十分帰還できるという自信だけはつきました。

茶色号ではWildcat号の2〜3倍の時間は掛かるでしょうが、これならなんとかなりそうです。

あとはホントに備蓄茶色号を職場に配備するだけとなりました。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/08/27(水) 06:10:29|
  2. 自転車で出かける
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<蛍光色のWildcatが東京に生息! | ホーム | NEOマルキン号にサイコン装着>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/110-1e2484e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/28 09:09)

横浜市金沢区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/08/28(木) 09:09:53 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (64)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (241)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (144)
自転車以外でおでかけ (128)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR