Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

サーキュレーター音対策再び

フローリングに布団敷きのこたみが就寝時に使う扇風機代わりのサーキュレーター。
2018070406585300f.jpg

微妙なモーター音と振動が木造の床で増幅されて気になるため、昨年は接地面をアングル状のクッションテープで囲ったのですが、
曲面かつ端面だったためか接着が上手くいかず頻繁に剥がれるので、今回別の方法にチェンジ。

過日トランポリンの足に敷くクッションを切り出した端材を取り出し、
2018070421382861c.jpg

連結部だけを切り出します。
20180704213904173.jpg

これをサーキュレーターの底面に塩ビ用両面テープ(在庫)でしっかり貼り付け完成〜
20180704214112676.jpg

床への音が伝わらなくなり、ひとまず成功でありますが、
このサーキュレーター、
設計上の使用年数がたったの4年。

今年でその期限が来るので、ここから先の継続使用は自己責任、と。

PL法絡みで大事をとりたい気持ちはわからんでもないですが、扇風機で使用年数10年なんて探すのも買うのも大変。

機械なんてものは壊れるかもという前提で、調子を見ながら使う、という以前は当たり前にしてきた事が、今ではできなくなってきているんでしょう。

そうでなけりゃ空気の抜けたタイヤとサビサビのチェーンで走る自転車がこんなに蔓延してませんわなぁ(こじつけかいっ)

あちこち予防線ばかり引かれてなんだか世知辛い気分でありんす

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/07/11(水) 07:51:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マクワウリ 失敗なのか成功なのか | ホーム | 窓にサイズ違いの簾を装着>>

コメント

自転車販売の経験から言えば、
「空気の抜けたタイヤとサビサビのチェーン」というのはメンテをしないユーザー側に問題があるんですね。

タイヤの空気ひとつ取って見ても「一度も入れたことが無い」とか「え?空気って抜けるの?」とか「乗ってないのにパンクした。空気が抜けてるから修理してくれ。」とか酷い物です。
そう云う場合は風船の空気がナゼ抜けるのかで説明してあげていました。

中国製の安価な自転車が大量に販売されたと言う事もあるんでしょうが、物を正しく大切に扱わない人が増えてます。

一番驚いたのは「すぐ盗まれるから一番安い自転車をくれ」と言う人でした。
鍵を丈夫な物に変えたり2つ以上かけると盗まれにくいですよとアドバイスしたら「鍵なんて面倒くさいから掛けた事なんかないよ」と言われました。
なんか宇宙人と会話している気分でした。
  1. URL |
  2. 2018/07/13(金) 00:24:36 |
  3. ぬうぼマン #BbTkef3A
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぬうぼマンさま

小金井のシンワのブログでも同様の話を拝見しましたので、この体たらくが一般的になってしまっているのでしょうね。

安いもの(とはいっても1万円前後するでしょう)を使い捨てする雑貨に成り下がったと疋田氏の著書にもありましたが、
それに命を預ける事の恐ろしさは、何か起こってからでないと理解ができないのでしょうね。

これと同じ感覚で格安車検でほぼ整備不良もクルマがどれだけ走っているのかを考えるとゾッとします。

かたや重量級の電動アシスト自転車で人混みの歩道を爆走するDQNに脇をかすめられて、
日大アメフトよろしく後ろから突入されたら死ぬかも、という恐怖を味わったり。

自転車がれっきとした交通機関であるというという認識を市井に持たせるには、車体のナンバー制と運転免許制という事になりましょうが、現実的ではなく・・・

もういく所までイッちゃっておりますね・・・

こたみ

  1. URL |
  2. 2018/07/13(金) 06:20:55 |
  3. 狐民千草(kotami) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1063-afb573dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR