Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

夏野菜 安普請栽培のアイデア

セオリー外して事実上失敗に終わったイチゴに対し、
安物も数撃ちゃ当たるで仕込んだ夏野菜はスクスク育ってきております。
2018052106460499a.jpg


まずはナス。

79円の実生苗でもちゃんと育っておりますねー。
20180521064744476.jpg

第一果の花が咲いたかと思ったら、もう実が。
2018052106493479b.jpg

この実はあまり大きくせずに収穫し、2番花から連続摘芯で本格的な収穫を狙います。

しかし樹勢はまだ苗からちょっと大きくなった程度なので、
この先育ってくれるのか、はたまた土のう袋栽培の限界を露呈するのか。

ツルボケ知らずの肥料食いゆえ、この段階で化成肥料で追肥。

というのも、定植した段階での元肥をガッツリあげていなかったため。

一般に元肥に使われる油粕などは臭いがあるので、これらが地中深くに埋められるわけではない土のう袋栽培を住宅地でするならば元肥は堆肥、追肥は化成肥料主体の無臭栽培を心がけなければなりません。

肥料食いといえばキュウリも。
20180521080734fd2.jpg

水と肥料を切らしてはならないので、
250〜500倍に薄めた液肥を散布します。
20180521080900e30.jpg

本当はイチゴの成長促進にと買ったものですが、投入する間もなくシーズン終了してしまったもので。

キュウリは特にうどんこ病に弱く、
下の葉にその兆候が見られたので、
20180521193145a1e.jpg

こんなものを作ってみました。
201805211921073a1.jpg

海苔やお菓子の乾燥剤に入っている生石灰をたっぷりの水に反応させ安全に消石灰の石灰水としたもの。

この上澄みをいつもの散布ボトルで葉面散布。
20180521192528b79.jpg

石灰そのものを植栽全体に撒く「石灰防除」なるテクニックで病気の蔓延を予防する、というのを真似てみました。

葉面のみならず、
酸性雨で酸性に傾きがちな土壌のpH調整も石灰水なら即効性が期待できる反面、濃度は薄いので栽培しながら撒いても悪影響が出ないのではと。

農薬でもなく、無臭なのも良いところ。

下から第6節までは脇芽を全て除去し、
その上からの実がもう出来始めました。
20180521193849499.jpg

苗1本あたり2本収穫できれば元は取れる勘定ですが、果たして上手く行くかどうか。
20180521194221a22.jpg

隣のミニトマトは既に苗の面影がありません。
2018052119470484a.jpg

欠いた脇芽の根元を斜めにカットし、
201805211944188a9.jpg

水栽培すると根が出てきて苗になるという、こたみ好みのボンビーリボベジの情報を実践してみますが、
2018052119450360d.jpg

週イチの水替えでは難しい様で、これは難しいかも。

今ある3本で今年の夏は充分楽しめるかと(負け惜しみ)
201805211943269fb.jpg

更にダイソーの種はこんな感じに。

つるなしインゲンは発芽時のナメクジ食害にも負けず、ここまで成長。
20180521195247c63.jpg

エダマメは出遅れ気味です。
20180521195411169.jpg

豆類は一挙に実がなって、一挙に終わるので、
残ったダイソーの種で次のロットを仕込みにかかります。
20180521195532824.jpg

ナメクジの死骸や毛虫、ムカデなど手で触りたくないもの・危ないものをピックアップするため、100ローでトングを購入。
20180521195705e44.jpg

触らずにそのまま捕殺・廃棄までできるので、かなり重宝。

自転車ブログから迷走する本ブログ、
夏野菜の仕込みが一段落して元に戻るのはいつの事やら(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/29(火) 07:48:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シンカリオンに会いに行く(前編) | ホーム | イチゴシーズン終了、数々のしくじり・反省点とは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1030-9150b976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR