Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

イチゴシーズン終了、数々のしくじり・反省点とは

昨年買った1本の苗から株を増やしまくったイチゴは収穫がほぼ終わりました。
201805160758423a5.jpg

ピーク時はこんな感じの収穫もありましたが、
201805160803596bb.jpg

株数があるからたらふく食える、というという皮算用からすると、この1年間の奮闘と手間の割には、穫れ高が少なかった=失敗だった、と言わざるを得ません。

これは勉強不足とリソースをケチった結果であり、ネット上の情報と書籍だけでは判らなかった部分も含め、ここで反省点を挙げて来年に備える事にします。

反省点①鉢の選定
 今回、限られたスペースで栽培株数を稼ぐため、スタッキングタイプのプランターを導入しましたが、
201805161818083a0.jpg

積み重ね段数の多さを優先した結果、サイズが小さく用土量が圧倒的に足りず、実の成長を決める根の量が確保されていなかった事と、
日陰となる建物側の生育が全くダメであった事が敗因でした。

春から葉がガンガン伸びてきたので大丈夫かと踏んでいたのですが、やはり大事なのは冬までに蓄積された「根の量」なのですね。

夏の育苗時には日陰があった方が良かったのですが、定植後の越冬休眠〜春は日向である事がマストと痛感。

65cmサイズのプランターに3株が限界、1株当たり2〜2.5Lの用土量は守らなければならない様です。

更に購入したプランターの色が黄色で、羽アブラムシの好む色と後で判明、
実害は少なかったものの、要らぬ心配を背負い込むことに。

買ってしまった積み重ねプランターは、育苗時にのみ使うか、他の植物へ転用する事になりそう。

しかし、限られたスペースでたくさんの株を育てる方法を、再度検討し直さなくてはならないのがイタいなぁ

反省点②3度のハウス崩壊
 元より根の量が少ないというのに、
雪と風でハウスが潰れたり飛んだりした際にプランターがひっくり返って根をダメにしたのはかなり痛かったのでありました。

 最初から柱を地中深くに挿してちゃんとしたハウスを作っていれば、こんな事にならなかったー。

反省点③後手にまわったナメクジ対策
 カフェインが忌避剤になると信じてコーヒー殻を撒いたり、コーヒーを散布したりしたものの、はっきりとした効果は感じられませんでした。

対ナメクジの鉄板であるリン鉄剤「ナメトール」(人畜無害の農薬)を投入したものの、
20180516183755798.jpg

時既に遅し。

苗の定植時に根洗いをするのは、根の更新を促すと同時に、卵・成虫含めナメクジのリスクを回避するためなのだと理解しました。

この秋の定植時には、根洗いと早期のナメトール散布で万全を期します。

反省点④定植する株の選定
 今年育てた全ての株は、元々1つの株からとったものですが、
ライナーからの苗を取る際に、ライナーが絡んで太郎苗(病気等を親株から受け継ぐため親株ともども使ってはならないとされている)と次郎苗以降(コレを使う)の判別がつかなくなってしまいました。

更に貧乏症のため親株も使ってしまったため、
ここに潜んでいたナメクジが蔓延した可能性があります。

太郎苗が根付かないと次郎苗以降が作れないのですが、今年の苗作りの際にはこれらが確実に分別できるようにしなくてはなりません。

実のなる方向(=ライナーが伸びてきた側と逆方向)も定かにしなかったので、実がバラバラの方向になってしまい、
陰になった実がナメクジの食害を誘発したのも反省点です。

振り返ってみると、
株数があるからとセオリー無視で力わざの栽培をしたのが全て結果として出てしまったので、
これを教訓に、これからの育苗・定植に向けて真面目に取り組みます。

自転車もイチゴも、職業にするのは大変で
ギャフン

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/28(月) 07:53:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏野菜 安普請栽培のアイデア | ホーム | 浜松1泊弾丸ドライブ⑤養蜂場&天浜線そしてバイキング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1029-b02fa6ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR