Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

浜松1泊弾丸ドライブ①浜松エアーパーク(前編)

娘が夏休みは受験の天王山となるので、代わりにGWに1泊出かけようという事で選んだのが、浜松。

かれこれ10年近く前、伊勢参りの帰りに寄るつもりが、娘の発熱でキャンセルした宿にたまたま空きがあったので、GW最終日の絡んだ5月5〜6日で予約を入れました。

5日は上り車線のUターンラッシュのピークであり、遠出のための下り車線の渋滞は無いであろうという事、
また6日は朝イチで帰ればUターンラッシュに巻き込まれず、帰ってから半日しっかり休めば子供らの身体的負担も軽いであろうという事で、
初日の5日のみ弾丸ツアーとする計画に。

5時起き5時半出発で6時過ぎには川崎から東名に乗りますが、
狙い通り全く渋滞にはまらず御殿場まで進みます。

ナビが新東名を指定したのでそれに従い、
眺望が良いとの前情報を持っていた沼津駿河湾SAで休憩・朝食と決め込みます。

カミさんが準備していたパンと飲み物に、SAの売店で売っていたサクラエビとシラスの弁当を買い足してテラスへ。
20180508205614a84.jpg

うわー、無茶苦茶眺めが
(・∀・)イイ!!

朝早いからか、テーブルも難なく確保でき、ここで朝食を食い漁ります。
201805082057559ad.jpg

いつもならあそこに見える沼津港の丸天で食べて帰る程度の遠出ですが、今回はここからまだ150km近く西進、ムーヴキャンバスでのドライブとしては最長距離。

SAには競艇用のボートが展示されてました。
201805082103431dc.jpg

運転席に座れる時もあるらしいですが、
なにぶん朝早いので。

それにしても、どんなものでも競技用機材の機能美はあるものですね。

沼津駿河湾SAは新東名では必ず寄りたいところでありました。

法定速度ではハエが止まった様に思える新東名を「それなりの」速度で走り、浜松浜北ICから一般道を通り、着きましたるは、航空自衛隊浜松基地に併設されている広報館「エアーパーク」であります。
20180508211621fdf.jpg

浜松の観光スポットといえば、パルパルと弁天島、うなぎパイ工場見学とともに先ずここが挙げられますが、所沢の航空博物館とは規模が違うというので、いつかは行ってみたかった所でありました。

退役した機体のみならず、
20180508211930990.jpg

こーんなものも展示されております。
201805082120280bd.jpg

かなり昔の装備品ではありますが、
戦後〜冷戦時代の当時はガチな代物ですので、迫力があります。

セパレートのレーダもセットで展示されてました。

むちゅこには戦闘機と旅客機の違いを聞かれましたが、
20180508212334206.jpg

わかりやすく、カドが立たない説明って結構難しく。

「悪い飛行機が来た時に追い払うのが戦闘機」

ってな感じかしら。

むちゅこは最近はまっているシンカリオンの巨大怪物体みたいなのが来たら、という事で納得した様ですが(爆)

エアパークは格納庫エリアと、シアターのある展示館エリアに分かれていますが、
先ずは展示館へ。

いきなりF2試作機の展示とは豪勢な。
20180508212705be7.jpg

どうしても米国が強く絡んでくる日本の戦闘機の機種選定、
すぐそばにステルス先進技術実証試験機「心神」のモデルが何か言いたげに置かれておりました。

コックピットが覗ける様になっている趣向はなかなかですが、格納庫で展示されている同機種のものに乗り込む事が出来るので、ココはスルーでもOKだったりします。
20180508213542846.jpg

が、じっくり眺めたい方にはオススメかも。
20180508213908060.jpg

上の階には空自の各種航空機が模型と映像で紹介されております。
20180508214043310.jpg

むちゅこはトラックボールとボタンでパネルを動かせるのでビッタリ張り付いたまま動きません。
20180508214516b93.jpg

航空機以外にもミサイルほか各種装備品類が展示されております。
201805090609097fd.jpg

おお、ここで我が社製の機関砲(試作)に会うとは。
201805090613177a6.jpg

退役するF104Jから降ろした20mmバルカンを基地防空用にリメイクした代物ですが、物を大事に使う日本ならではの装備品であります。

反面、これで巡航ミサイル的なものが撃ち落とせるかといえば全く無理でして、
航空機にしか予算を割けない現状では、豆鉄砲と小さいSAM程度で守っている基地が破壊されたら、十数分飛んで他の基地に降りるしかない、というのがホンネかと。

改憲で軍国主義台頭、なーんて騒いでいる方もいるようですが、
装備品行政の一端を垣間見た身としては、そんな予算くれてないでしょ出来るわけないでしょ、というのが正直な感想(爆)

おっとこれ以上は言いすぎちゃうので閑話休題

3階に上ると、簡易シミュレータが並んでおります。
20180509062850083.jpg

実機のコクピットを使った本格的なシミュレータは予約が埋まってしまったのと、むちゅこが年齢的に出来ないので、こちらに挑戦。

しかし、所沢の博物館の簡易シミュレータよりもかなり本格的かつ難易度も子供から大人までのめり込めるレベルなので、これで十分かと。

シアターを見終えた組がなだれ込むと、こんな感じに混むので、この時間を外して早めに並ばれる事をおすすめします。
201805090634277ed.jpg

整理券を受け取った360°シアターの時間まで間があるので、更に館内を見て回ります。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/05/21(月) 07:55:21|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浜松1泊弾丸ドライブ②浜松エアーパーク(後編) | ホーム | イチゴ最後の難敵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1024-a12f7529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR