Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

夏野菜栽培、安上がりに仕込むぅ

秋冬野菜は育てるのが難しい葉物が多いのと、
イチゴと堆肥作りで手間を取られてしまったので、これまで大々的に栽培出来ませんでしたが、
いよいよ夏野菜の種蒔き、苗の定植の季節がやって来たので、
今年は庭の芝生張りは完全に諦め、庭を菜園化しちゃう事に。

かといって、投資した以上に収穫がなければ徒労に終わってしまうので、
確実に収穫できる様に土やらプランターやら何やら買い込んでしまうか、
収穫が少なくても悔しくない様に投資を抑えるか、なのですが、

ローン持ちのこたみとしては、迷う事なく後者を選択するわけでして(オイ

残念ながら父の残した種は発芽がほぼ見込めないと判ったので、これを全て処分し、
ダイソーの種で再出発(爆)
20180423215124cc1.jpg

2袋108円という破格の値段、
それは1袋に入っている種の数が少ないのと、中華の国からやって来ているからでして。

元より家庭菜園で使い切るには、それでも多い位なので、発芽率さえソコソコ確保されていれば、家庭菜園ビギナーやベランダ菜園には最適だったりするのです。

土は花壇にストック(もとい放置)していたものを使い、園芸ポットはこれまでイチゴの苗取りをしていたものを再利用。

1晩水に漬けてから蒔く方がいいのでしょうが、
むちゅこと種蒔きする際には、種が柔らかくない方がいいかと。

枝豆、茶豆、ツルあり・ツルなしいんげん、ゴーヤを第一弾として蒔きました。

水を1〜2回あげたら、毎日の灌水はせずに様子見します。
20180423220853b04.jpg

寒冷紗だと水を弾くため、灌水の都度取り外すのが面倒なので、ネットを被せて鳥よけに。

1週間後、
枝豆が早速芽を出しましたぁ
(真ん中手前)
20180423221308c73.jpg

やはり新しい種は違うねぇ
たとえ100均の種であっても(爆)

枝豆は時間差で蒔いていき、収穫期間を長くしたいので、こんな感じに確実に発芽してくれると安心できますなぁ

種から栽培するには難易度が高いものは苗を購入。

苗も「実生苗」と「接木苗」があり、連作障害に強いという事で後者が前者の値段の2〜3倍します。

実生苗なら1本7〜80円くらいなので、
失敗しても悔しくない、と。

そして、それをプランターではなく、落ち葉集めと堆肥仕込みに使った土嚢袋に植えるのであります。
201804232223527a7.jpg

空いた鉢やプランターは邪魔になりますが、
元より1年くらいしか保たない土嚢袋なら、栽培終了後に捨ててしまえばOK。

販売している土の入っていたビニール袋で行う袋栽培と違って、土嚢袋なら通気性が良いのと、
露地から一応は離れているため連作障害防止の輪作のコントロールが利きやすいというのもメリットであります。

土は水持ちの悪かったイチゴ用の土と、掘ってふるった庭土(ネキリムシの幼虫が混ざっているのですべて駆除)をブレンド。

掘った庭の穴には順次仕込み途中の落ち葉堆肥を埋めて、数年かけて土壌改良する事に。

唯一200円近かった苗は、マクワウリ。
20180423223111613.jpg

メロンは難しいが、マクワウリならギリギリイケるか?とチャレンジします。

これまた100均の園芸ネットをいちごハウスの骨組みに括り付け、ゴーヤとマクワウリのツルを這わせようという魂胆。
20180423223245a8d.jpg

6月になればイチゴの収穫が終わり、ライナーから育苗への流れになりますが、
夏場のイチゴには半日陰が必要なので、イチゴ用のグリーンカーテンを作ろうというわけです。

昨年は2階までゴーヤのグリーンカーテンを、とベランダにネットを結びつけたのですが、
これを伝ってアリが2階にまで上がってしまったのと、
もともと1階は目の前の森のおかけでエアコン要らずなので、今年はイチゴ専用のカーテンとする次第。

キュウリ、トマト、ミニトマト、ナス、シシトウ、マクワウリ、ゴーヤを植え、
支柱を立てて仕込み完了。
20180423224015fbb.jpg

蒔いた種が苗になったら、それも土嚢袋に定植予定。

夏までに庭はイチゴの苗ポットと土嚢袋栽培で埋め尽くされるのでありましょう。

わが家の庭は、農場化への道を爆進中であります。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/08(火) 07:50:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イチゴ収穫開始 | ホーム | 元豆苗サヤエンドウ収穫、次のリボベジは?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1017-6774ebaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR