Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

練馬駐屯地創立記念行事へリハビリに

天気の良い日曜、家族を連れていけるイベント的なものが何か無いかと検索したところ、
陸上自衛隊練馬駐屯地の創立記念行事(一般公開日)があるというので、出かけてみる事に。

以前は毎週の様に全国の行事へ参加していましたが、
今回は完全なプライベート。

ゆえあってこの業界を去ったものの、
これから先どんな人事が待ちうけているか判らないので、
自分の身体がどんな反応を示すのか確かめてみたいというのもありました。

三鷹から公共交通機関で行くと遠回りになる事を考えると、環八経由でクルマで行ってしまった方が良いと判断するも、
都内の駐屯地の行事では一般の自家用車乗り入れスペースがあるわけもなく、
近隣の駐車場を探すも全て満車、
少し離れた電器店の有料駐車場に停めて歩いて現地に向かいます。

駐屯地正門前には「自衛隊廃止」を訴えるヒトたちがビラ配りをしておりましたが、
いざ何らかの被災をした場合に給水も何も支援を受けないつもりなのかしら、と。

どこかの政党の御仁も同じ事を云っておきながら、ソマリア沖を通る時に海自の警護を要請していたような(笑)

「良い子ちゃん」では通用しない国際情勢の中、過酷な任務に就いてきた方々への敬意を多少なりとも払ってもバチは当たらないのではと思うのですが…

この手の話は長くなりそうで揉めちゃいそうなので、閑話休題

観閲パレードは塀の外から見る事になりましたが、
マーチングと訓練展示は正面ステージ横に辿り着き観る事ができました。
(むちゅこを肩車していたので画像無しで
m(_ _)m)
20180416170419b6a.jpg

さて昼食は敷地内の出店で摂るのが一般客、
祝賀会食で話し込み食べた気がしないのが業界人、というのがお約束であります。

出店も隊員の方が運営されているものと、キッチンカー業者が入り交じっており、
ここは隊員の方の運営されている方に並ぶのが定石。

いつもなら誰もいない緑地に沢山の人が。
20180416171308626.jpg

運良く設置されていた椅子とテーブルが空いたので、買い込んだカレーと焼きそばと肉串を食し、
装備品の展示を見学します。

機動戦闘車(MCV)、
201804161715520c1.jpg

試作中だったあの子がもう制式化されていたのね。

74式と同じ105mm砲身に砲口制退器を組み合わせ、
これを最新の射撃統制装置で撃つといつのは、
既存の限られたリソースを最大限利用した我が国防衛産業の工夫と技術の結晶であります。

一般客にはEVAに出てくる装輪戦車とか、日本版チェンタウロ、という捉え方をされるのでしょうけど。

訓練展示でも所狭しと激走していた10式も展示されておりましたが、
20180416172323793.jpg

世界最高水準の戦車とあって近づく事はかなわず。

試作中だったこの子もまぁ立派になって(涙(爆))

こちらは老齢の155mmFH70。
20180416173746d7f.jpg

装備されてから数十年、
ぐっちゃんぐっちゃんの演習地を走り、撃ちを繰り返しながらも第一線で運用するには並々ならぬ努力が要るのでは。

わが家のWildcat号もそんな使い方したら、とうの昔に使い物にならなくなっているでしょうね。

災害支援でも使われる入浴施設(「練馬の湯」!)の展示もあり、
20180416181209b65.jpg

折角なので足湯につからせて頂きました。
20180416181636c1c.jpg

普通の湯と、入浴剤入りのお湯がありましたが、
湯冷めのしづらさは入浴剤入りが段違いで。

仮設ながらシャワーも装備されており、
災害時にこれで癒やされた方も多かったのではないでしょうか。

何気に展示されているボートでさえ、震災や水害時に活躍した際の無数の傷がありました。
20180416182029323.jpg


PXにはセブンイレブンが入っており、大盛況。
201804161822526da.jpg

土産物もここで揃います。

色々買い込んだ戦利品はこちら。
2018041618245087f.jpg

お菓子関係が昔と違って多彩で、値段もこなれているのでついつい。

オモチャはむちゅこにせがまれ購入したものの、F15は今回の趣旨とはちと違いますぜ。

久々に触れたこの業界、
頭に浮かんだのは「ブランク」の四文字。

ここに戻って自分の立ち位置を再び確立する事が可能だろうかと考えると、
もはや浦島太郎状態で全く自信がなく。

片道2時間以上かけてアウェイの業界の現職場に通う方がまだマシの様な気もしますし、
自分のキャリアの中途半端さ加減に愕然とするばかりで、リハビリとはならずに駐屯地を後にしました。

ただ、キャリアアップと生き甲斐を天秤にかけた時、なんとなく導き出していた答えを、今になって再確認できた様な気もします。

出来る限りは横浜に通おうと。
そして屋根付き自転車に乗っていこうと。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/01(火) 07:57:21|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<落ち葉堆肥、次フェーズ強制移行 | ホーム | イチゴ収穫目前、まだ手が掛かる>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2018/05/02(水) 08:44:49 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: もうずいぶん昔の話ですが、

ぬうぼマンさま

隊員食堂で食事をした経験は、目黒の学校にオブザーバーで数日入校した時だけですが、
盛りも味も良く、
外界から隔離された中では食事がバイタリティーの重要なファクターである事をある意味痛感させられました。

出入りの業者も入れる食堂ては、富士のPX2階の銀皿で供される唐揚げ定食が味・ボリュームともに強烈でした。

仕事のプレッシャーを感じながら馬鹿食いするので、当時は肥えてましたねー

目黒ではカロリーオーバーになるので運動は必須、と皆さん言っておられました。

こたみ
  1. URL |
  2. 2018/05/07(月) 11:28:50 |
  3. こたみ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1012-e8fa158d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR