Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

てちゅヲタ三都物語⑦関空に用もないのにラピート乗る

むちゅことの関西鉄道旅、
宿だけ予約して、スケジュールは流動的とした理由、
その1つは京都鉄道博物館にどれだけむちゅこが居たがるか不明だった事、
そしてもう1つの理由がコレ。

「パンダくろしお」であります。

車内もパンダだらけのくろしお、

白浜のアドベンチャーワールドとのコラボで生まれたもので、運行スケジュールは前日18時にHPで知らされるという車両なのですが、
ちょうど我々の旅行日は1泊2日のツアー貸切の日と重なっており、
それでも各日の片道でも運行してくれるかもという淡い期待をしていたのでありました。

しかし残念ながらその片道の運行も行われない事が判明、
新大阪から和歌山まで行き、和歌山電鐵に乗る、という目論見は潰えました。

そこで予てよりむちゅこが乗りたいと言っていたラピートをメインに据えることに決定。

山科から新快速に乗り、

(むちゅこには補助イスがツボだった様で)

大阪駅より移動のしやすい新大阪駅で地下鉄に乗り換え、

南海電鉄の始発駅、難波へ。

なんだか渋谷っぽい駅ビルを抜け、
窓口でラピートの券を買って改札に入ると、

東武浅草っぽい雰囲気の、昔ながらの櫛形ホームが。

むちゅこは本でしか見たことの無いサザンに食いついております。

私鉄で1編成の特急の中に有料席の車両と普通車両が連結されている、というのが中京〜関西では当たり前というのがオドロキ。

おお、真田幸村は上田でだけでなく、大阪でもヒーローなんだねー

9番線に行くと、すぐにお目当てのラピートが入線。

30分おきに発着するので利便性が良く、JR空港特急はるかよりコスパも良いラピート、
始発駅の難波へのJRからのアクセスだけがネックゆえ、棲み分けが出来ているのかもしれません。

UCガンダム、STAR WARSとのコラボは終わり、今は2025年大阪万博誘致のラッピングとなっております。

インバウンド、特にコリアンの方々に人気と聞いているラピート、先頭車両周辺の写真撮影が結構賑わっており、落ち着いて写真が撮れたのは出発直前でありました。

車内も静かで他の特急車両には無い雰囲気。

天井が教会の様でもあります。

関空までは40分程度、
子連れのチャイニーズがイヤホンなしでかけていたDVDプレーヤーの音だけがずっと流れておりました。

関空に渡る橋は随分高い所を通っており、よくこんなモノを作ったものだと感心することしきり。

無事関空に着き、ラピートに乗るという目的は達成しましたが、

またラピートで戻るのも芸がなく。

さてどうする?

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/17(火) 07:55:07|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<てちゅヲタ三都物語⑧偏頭痛と共に三都物語完結 | ホーム | てちゅヲタ三都物語⑥京阪京津線にいつ乗る?朝でしょ(爆)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1004-10a5e0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR