Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

てちゅヲタ三都物語⑤嵯峨野観光鉄道そして鉄分摂取は夜中まで

嵯峨野トロッコに乗るためJR山陰本線で上流側へ先回り。

電車を待つ間、向かい側にトロッコ列車到着。

トロッコの駅より写真撮影はしやすいぞ(負け惜しみ)

程なくやって来た電車に乗って、山陰本線の新線をガンガン進みます。

旧山陰本線(=トロッコ列車)が30分近く掛かるのに対し、僅か数分の行程。

トンネルを抜けると、

保津峡が(後でナンボでも見られますが)

馬堀駅に到着し、ここからトロッコ亀岡駅までは徒歩10分、

ってあと400m?

公称徒歩10分はかなり余裕をみた数値、
これは幼児でも余裕でありましょう(笑)

程なくトロッコ亀岡駅に到着、

キップは既に確保済、

トロッコ到着まで時間があるので、
駅のタヌキを見たり、

こーんな事したりして時間をつぶします。

駅の中はほぼインバウンド、
ここ、どこ?という感じ。

到着時刻を少し遅れ、警笛をけたたましく鳴らしながら(ホームからはみ出る人が多いためか)トロッコ列車到着。

ドアが狭く数も少ないためか、乗降にかなり時間が掛かります。

まぁ観光列車なので気になりませんが、
両開きドアが通勤電車に採用されたのは画期的な事だったのねー

出発時刻が過ぎているので、乗客が座る間もなく発車。

トロッコらしいガタゴト感満載。

進行方向右側に保津峡の流れを眺め、トロッコはゆっくり進みます。

舟で下るのは怖いくらいかも。

時折カヤックや保津川下りの舟が見られますが、
今度来るときはコレを絡めたいところであります。

列車には酒呑童子が乗り込んでいるとは聞いていましたが、
なかなかファンキーな酒呑童子で、インバウンド相手に英語で色々話したり、
ジバニャンのお面を取り出し笑いを取っておりました。

ビビりのむちゅこはそちらの方向は絶対に見ず、酒呑童子もスルーしちゃいましたが(爆)

トンネルを何度かくぐり、トロッコ保津峡駅へ。

乗降客が誰もいない秘境駅に観光用の鐘が鳴り響きます。

ほどなく保津峡の景色は進行方向右側へ。

そしてトロッコ嵯峨駅に戻ってきました。

ここからはJRで京都駅に戻るのではなく、
少々歩いてこちらの駅へ。

ここ嵐電嵯峨駅から嵐電に乗って戻るという趣向であります。

少し歩けば有名な渡月橋が見られたのですが、
てちゅヲタにはそんなスケジュールは無用と(爆)

やって来た電車はそこそこ混んでおりましたが、

各車両の後扉から入り、前扉から出るというシステムの割には通路が狭いため、乗ったら前方に詰めていくのがルールらしく、
むちゅこに外を見せるためと手荷物が一杯のため車両後端に陣取った我々は、降りる時に難儀するのでありました。

2両編成の後の車両にも運転席に乗務員が座っているのにはビックリ。

貫通扉の無い車両ゆえ料金収受するための措置でしょうが、
運転手が二人いて協調運転でもしてるのかと思いました(笑)

専用軌道から路面軌道区間に入り、

程なく嵐電天神川へ到着。


ここからは地下鉄東西線に乗り換えます。

むちゅこは京都にも東西線があるというので、テンションアップ。

しかし車窓は何も無いので、すぐにローテンションに(爆)

山科まで行って宿にチェックイン、
夕飯は鉄道ひとり旅と同様、蕎麦で締めます。

部屋は完璧なまでのトレインビュー。

JRは来るわ京阪は来るわで、むちゅこはなかなか寝付けず。

明日も早いんだから、となんとか寝かしつけ、
荷物をコンパクトにまとめ、
ホテルの自販機のビール&つまみで晩酌してから寝るも、
翌日が大変な事になるとは思ってもいなかったのでありました。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/13(金) 10:26:46|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<てちゅヲタ三都物語⑥京阪京津線にいつ乗る?朝でしょ(爆) | ホーム | てちゅヲタ三都物語④ジオラマ京都JAPAN>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miijawanfather.blog.fc2.com/tb.php/1001-7f4d492f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを30年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (245)
自転車以外でおでかけ (195)
菜園 (10)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR