Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

MTBルック車改造 新品パーツ調達第1弾

お下がりのMTBルック車を改造するにあたり、手持ちのパーツではいかんともし難いものは調達しなければなりません。

ベース車が2万円弱、
部品代が本体価格を超えたくはないよねーと予算を縛ったため
値段の張る部品はチョイスできず、最低限必要な機能と寸法を持つパーツを厳選し、送料無料になるまで吉田サイクルでポチります。

取り寄せ品がありながら比較的早く届いたのがこちら。


スレッドステム2種(銀→アオバ号へ、黒→ルック車へ)、ママチャリ径に適合したL400mmのTIOGAサドルポスト、ギザのコンフォートスポーツサドル、CATEYEの有線サイコン、6足サムシフター、しめて8500円弱也。純然たるルック車用にはこれで7千円の部品代が掛かった事になります。

やはりサドルとサドルポスト一体型の足かせが響いているなと。

せめてサドルだけでも再利用できればいいのにね。

こうやって買い替えに誘導するあざとい商売気質に対抗し、
現在入手できる最長のサドルポスト(1600円)によって、
大人でもまともに漕ぐことができる自転車に生まれ変わらせます。

また、寸詰まりのポジションを強いるママチャリステムを、

前傾できるスレッドのステム(1500円)に変えれば、同じバーハンドルでも自然な前傾ポジションに持っていけるというわけです。

パーツ数が増え、コストが掛かるアヘッドステムは不採用。

プロムナード化を狙うアオバ号用にも色違いのステムを採用。

サイクリーで買ったプロムナードハンドルと合わせると、こんな感じ。

結構いいんじゃない?

ママチャリに回帰する様でそうでない、という感じになりそうで楽しみ。

購入にあたり計測の必要となる、まだ買わなくてはならない部品はありますが、
自ら縛った予算に収まるかどうか・・・

ここからが吟味のしどころです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/29(木) 17:42:07|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクリー川崎店へ歩け歩け

MTBルック車とアオバ号のモディファイ同時進行が決まり、パーツを徐々に揃えていきますが、

特にルック車はコストを掛けずに変身させなければならないので、
セレクトするパーツの選択肢にはusedが入ってきます。

数百円~数千円のパーツでも、数点買えばあっという間にベース車の価格を超えてしまうので。

これって新品買った方が安いでしょ、というものもありますが、
中には掘り出し物もあり、それを探し当てた時のワクワク感は中古ならではのものです。

今回見つけたのが新アオバ号向けのプロムナードハンドル1600円と、ルック車向けのバーエンドバー200円(税抜)。

いずれも会社帰りに寄れない事もない、サイクリー川崎店の在庫。

しかしここは「なんでこんな駅から離れた所でやってんのよ」的に、川崎駅から3km近く離れており、
ベンダーさんを訪問する時ならバスに乗りますが、
「たかだか2千円弱の部品のために往復のバス代を掛けるのはバカらしい」というバカらしい発想(爆)の下、川崎駅から歩くことに。

歩行者・自転車でシェアする一番面倒なスタイルの歩道を歩いていくと、次第に歩行者の数が少なくなっていきます。

夜の川崎競輪場の横を通りますが、
あまり気持ちのいいものではありません。

車道はひっきりなしに満員のバスが通ります。

ここは夜歩くところではないなぁ

大して現金持ってないのがせめてもの救い。

目的地にもなかなか着かず、不安になります。

歩道橋2つを超え、30分くらい歩いて、やっとこさ店に到着。

お目当ての品はディスプレイされておらず、
レジカウンターの内側に値札もなく雑然と入っていた中から出してもらいました。

買いに行く時はあらかじめ、値段がわかる様にHPのページを印刷して持参するのがいいかもしれません。

部品をルック車に使うと話すと、店員も苦笑。

「ルック車を改造するのはちょっと・・・」

どう言われてもガッツリ改造するのですが(笑)

帰りは京急大師線にでも乗って帰ろうとも思いましたが、初志貫徹、歩いて川崎駅に戻りました。

昔なら絶対歩くなんて考えられなかったけれど、
体力がついたわ~

駅の反対側に出てダイソーを覗くと、
こんなものが売ってました。

昔使っていたゴムバンド式ライトのテール用。

形が全く一緒で税込108円。

元々2千円くらいしてなかったっけ?

得したのか損したのか複雑な気分で2個購入。

アホらしい手段で送料掛けずにgetしたのがこちら。

謎のマークがついたプロムナードハンドルは幅が狭め。

でも前方にオフセットしたステムと組み合わせてアオバ号につけたら雰囲気がいいかも、というわけで。

そしてキャノンデールのバーエンドバー、200円は安いわ~

洗浄して傷をタッチペンして磨いて、こんな感じになりました。

おお、とても200円とは思えん。

万が一、使えなくても悔しくない(爆)
ルック車に200円のキャノンデール、いいバランスですな。

しかし、パーツ集めはまだまだ先が長そうです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/28(水) 07:51:16|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MTBルック車 ホイール調整

お下がりで頂いたMTBルック車の、
外した26インチホイールをチェックします。

中学に上がる前の男の子が乗った個体ですから、
無理に段差を越えたり、ルック車だからといって大人しく乗っていたとは思えませんので、
慎重に調整したいところです。

スタンドに載せてダイニングテーブルに近づけた"簡易振れ取り台"で振れを見ていきますが、
あぁ、やっぱり無理して走った跡がありますな。

スポークのテンションもバラバラかつ緩めなので、
締め上げる方向で振れを取っていきます。

スポークの張りだけで全てのリムの歪みを取ることはできませんが、
ポテチっぽい歪みは取っておかないとブレーキ性能に関わりますので。

また、スポークテンションが適正ならば、
走りにダイレクト感が増しますので、
ルック車やママチャリといえど、このプロセスはじっくりと。

ハブの状態も確認。

ゴリゴリでしたが、これは単に玉押しの締め付け過ぎでした。

ほんの僅かだけ玉押しを緩めたところ、ゴリ感が全て解消。

バラしてベアリング出してグリス引き直して、と思いましたが、今回はスルーしちゃいますっていうか、そもそも販売時にどういう締付トルク管理をしてたのかしら?

調整後のホイールをスタンドに載せて手で回すと、1分半は回り続けましたので、まぁこれでよろしいかと。

今回の作業で前後ともゴリ感が取れた事が一番の収穫、
これだけで結構走りが軽くなるのではないかと期待しています。

ホイールバランスはタイヤ装着後に後回し、と。

しかし、ホイールにはここから泣かされそうな予感が(・・;)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/27(火) 07:47:07|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・おもちゃのお医者さんになるには遠く

お下がりで頂いた有線式リモコンのマリオカートが断線、動かなくなったと
我が家のおもちゃのお医者さん(免許無し(爆))に担ぎ込まれました。

細い線ですが、補強のパイプも何もないので、少し使えば切れても仕方ないと。

大して長く使わないと踏んでいるのか、はたまた何かのオマケだったのか、華奢ですね。

早速バラして、

断線したところをカットして、結線しなおします。

ここで1つ目のしくじりが。

2本の線を間違えて取り付けると、前後の進行方向が逆転してしまう可能性あり。

仮結線して方向を確認しましたが、
白のマーキングもしてあった事だし、予めどちらについていたのかを確認しなければなりませんでした。

アオバ号のシフトワイヤー受けや、
サンダル・靴の底のパターン刻みにしか使っていなかった半田ごてが今、本来の用途で初めて使われる(大爆)

ここで2つ目のしくじりが。

プラ製の本体から溶接する端子パーツを外してから半田付けしないと、
よほど手際よく作業しない限りは本体に熱が回って溶けてしまいます。

今回は許容範囲(?)でしたが、次は真面目にバラしてから半田付けしますです~
m(._.)m

ともあれ無事(?)修理完了。

昔、右にしか曲がらない無線のBMWを買って貰った事がありますが、それでも結構な値段がした覚えがあります。

右にしか曲がらないため、飽きるのも早かったのですが、それゆえ当時は高い買い物をさせてしまったと後悔したものです。

今はドローン(のおもちゃ)でさえ数千円で買える時代、隔世の感があります。

このおもちゃも、元の持ち主からあっという間に手離され、むちゅこにとってもあっという間に忘れ去られ、捨てられる存在となってしまうのでしょうが、
少しでも生き長らえてもらい、少しでも使って貰える様にするのも宜しいのではないかと思うのでした。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/26(月) 10:23:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引き戸の隙間対策再び

昨年の冬にリビングの冷気対策として、
隣の部屋との境界にある引き戸にある隙間をうめるため、

隣の部屋に手持ちの養生ビニールを貼って垂らしたところ、

工事現場みたいで嫌、とカミさんのダメ出しがでたため、
今年は違う策を講じる事にします。

用意するのは幅広の荷造り紐と透明で幅広なビニールテープ、そして母のホームの居室作りで準備した、「しっかりついて剥がせる両面テープ」(ダイソー)。

まずはビニール紐を戸板の高さに合わせてカット。

静電気が凄いので戸板に貼っておきます。

次に紐に透明なビニールテープを貼り付けて、紐が縦に割けないようにします。

あまりきれいには貼れませんが、そんなに目立つものでもないので、構わず作業を進めます。

ビニールテープ側に両面テープを貼って、

戸板の端面に貼って、幅の余った部分は手で簡単に割く事ができる(ビニール紐の縦に割ける特性は残っている)ので、これで寸法調整して完成。

戸を動かす際に擦れる音はしますが、
密閉度はかなり上がりました。

お客さんから見えない部分に貼るので、チープさは問題なし。

暖かくなったら剥がして捨てるだけなのでお手軽です。

手持ちの材料で寒さ対策、いかがでしょうか?

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/22(木) 07:46:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTBルック車改造方針となんちゃってアルミクランク

パーツを全て確認して考えた結果、
頂いたMTBルック車の改造方針は、単独ではなく、改造が一旦完結したアオバ号(旧マルキン号)を巻き込んだ形で進める事となりました。


だんだん普通のママチャリに回帰していくアオバ号にルック車のパーツを移植、
アオバ号のフロント3段変速をやめてルック車へクランク・FDを移植し、ルック車に普段使いのオンロード用ライトチューンを施すというもの。

これを機に再度アオバ号は全分解し、よりスポーツ色を抜いたアオバ号らしいモデルにリビルトするというわけです。

というわけで手始めに、ルック車のクランク(鉄っちん35T)をアオバ号に移植する準備をします。

当初サイクリーでこんな感じのバッシュガード付きシングルクランクを探し当てたものの、厚歯で変速機付きには使えない事が判明し、諦めた経緯が実はありまして。

仕方なくルック車のクランク使うべく分解しスチールタワシでガードの偽メッキ塗装とクランクの錆を剥がしていて気がつきます。

あれ、このチェーン落ちガードとバッシュガード、

子供っぽい手裏剣デザインの表側のバッシュガードの代わりに、
内側のチェーン落ちガードを表側に持ってきたらどうだろう? と。

おお、結構いいかも。

内側のチェーン落ちガードは無くしても充分使用に堪えると。

早速チェーン落ちガードを、アオバ号のステムなどを塗った黒のアクリルスプレーの余りで吹いてみます。


両隣が戸締りしているのをいいことに庭で塗装しちゃってごめんなさいm(._.)m

更に鉄っちんクランク本体も浮いた錆をスチールタワシで落としたため、このまま使うと細かく剥がれたであろうメッキ部から錆びてくるのは確実。

そこで表札の表面を塗るのに使った、つや消しクリアラッカーを吹いて錆を防ぐ事にしました。

すると、なんという事でしょう(ビフォーアフター風)
安っぽいメッキの鉄っちんクランクがアルミクランクの様になったではあーりませんか(チャーリー浜風)

あとは手持ちのボルト・ナットの在庫から六角アナボを探し出し、

元チェーン落ちガードのバッシュガードを締め付けて完成
(о´∀`о)

いいわぁ、これ(自画自賛)

というわけで、いつになるかはわかりませんが、この「なんちゃってアルミクランク」をアオバ号に装着することになります。

これから2台の元Kさん自転車が変身していきますが、どうなることやら。

ブログ的には色々ネタが出てきそうで楽しみではあります。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/21(水) 07:51:25|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

所沢航空発祥記念館に行く

クルマで少し遠出でも行こうかと、娘もむちゅこも楽しめるスポットを検索したところ、
月イチで熱気球に試乗できるという所沢の航空公園がヒット。

しかし先着順で早朝から全員並ぶのがマストというハードルは高く、
そばにある航空発祥記念館に行くことにします。

運転すること1時間、
電車なら渋滞もなく早く着けたかも、と若干後悔しつつ、現地到着。

展示スペースとシアターは別の入口で別料金。

むちゅこみたいな幼児でもシアターは楽しめるか受付のスタッフに聞くも、要領を得ないので、
大事をとって娘と私だけシアターに入れる共通券、カミさんが展示のみの券を購入し入場します。

中に入ると、
おお、飛行機だらけ。

外にも飛行機。

動かないのにこれだけあるとなかなかの迫力です。

かの有名な火星エンジンも鎮座。


ここに展示されている航空機は、操縦席に座ることができるものが多いのが特長。

ちょっと並べば座れるユルさがgood。

しかし、こんな計器だらけのモノを操縦するなんてムリだわ~


1階は航空機の原理を学ぶコーナーがあり、
ヘリコプターの操縦捍と挙動の関係がわかるシミュレータや、

風船何個で人は浮くのかを量る展示など、

なかなか興味深い展示が多数ありました。

また目玉として月面や宇宙遊泳を模した重力低減シミュレータがあり、昔横浜の科学技術館で結構並んでいた記憶がありますが、

ここではほとんど並ばなかったのでチャレンジしてみます。
(ピンぼけ御免)

アクチュエータのついた椅子に身体をベルトで固定し、測定した体重を一定割合アシストするという機構ですが、
椅子は自転車のサドル(笑)。

ここで自転車ブログつながりかいっ

宇宙遊泳というより、ピョンピョン跳ねるのをアクチュエータが頑張ってアシストするアトラクション、といった感じで、ふわりふわりというイメージとは少々違ったのは残念。

アクチュエータのキャパの関係で、体重の軽い人ならもう少し違う印象を持つのかもしれません。

2階に上がると、
ここが明治期に気球の試験場から始まった飛行場としての歴史の展示と
(飛行機の動く模型にむちゅこはドはまりしていましたが)

昔の管制塔の機材展示がありますが、
(こんなアナログなレーダーで管制してたとは)


やはりフライトシミュレータが目玉となります。

3つの小さめのモニターに椅子、という地味な見た目なのですが、
操縦捍の動きに合わせて前後左右にリアルに傾くので、これが侮れません。

難易度も高く、
羽田着陸にトライするも、全く制御できず、
生まれ変わってもパイロットには絶対なれないと確信。

子供用もありますが、
こちらは適当な操縦をしても何とかなるらしく。

むちゅこよ、どうやったら背面飛行になるのじゃ
(爆)

ミュージアムショップで模型ほしいとグズるむちゅこをカミさんがなだめ、
ゲイラカイト(なつかしー)を買って、外で飛ばします。

ここは紙飛行機などがOKと明確にルール化されています。

普通はNGか黙認かなので、
本当に貴重なスポットです。

寒くなり、昼食をとるのも遅くなったため退散しますが、
車内でグズるむちゅこを連れて、カミさんは清瀬で西武線に乗るべく途中下車。

こりゃむちゅこと車での遠出はまだまだ無理ですな~

しかしいつかは航空公園の熱気球に乗ってみたいところです。

今度は自転車で、ですなっ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/20(火) 07:51:24|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTBルック車 パーツを洗って計測って考える(後編)

パーツ洗浄と計測は続きます。

ワイヤーかごはママチャリ含め重量がかさむ一番の要因。

今回は実用重視でないので、一式外してストックします。

プラ製でなかったのと、程度が良かったのが幸いしました。

プラかごは捨てるとなると、プラごみとしてはかさむので。

RDガードもむちゅこが変速機付きを使う様になるまでは不要、と。

メッキが若干錆で浮いているので、使う時には塗装でもしますか。

今や重くて使う気にならないブロックダイナモ。

我が家ではむちゅこの次の自転車に使うかもしれない程度の需要しかないのですが、
まだ新しいので、ご近所の自転車のリペア用として念のため取っておきます。

ハブダイナモが沢山出回っているんだから、この手のパーツはもう使わないでほしいなー。

レボシフトもデッドストック入り。

いつものサムシフターの方がレスポンスが遥かに良いですし、パーツ自体も安いので交換します。

ただ子供が使うとなるとサムシフターは華奢なので、頻繁に倒して壊すリスクを考えるとメーカーがレボシフトを選ぶのは順当かと。

フロントブレーキは板モノのシングルピボットなので交換しますが、

リーチがママチャリ並みに長いので、選択肢は限られます。

フロントはまだしも、リアが問題。

バンドブレーキをやめるにしても、
シートステーブリッジが現実的な位置になってない場合、リアブレーキの取り付けはかなり面倒な事になります。

驚いたのは、RDのワイヤーをBB下に引き回すライナー。

市販のものは前後用にワイヤーを2本引ける様になってますが、
これはリアのみ1本用。

ここまでコストを切り詰めるんだ
((((;゜Д゜)))

ブレーキレバーはノーブランド。

子供の指が届く様に調整代の長いネジが使われているのは宜しいですね。

地味に感心したのが、何てことのないリング錠。

カギを下に押すだけで解錠するので使いやすいです。

こじ開け対策はどうなのかわかりませんが・・・

更に感心したのは、このRD。

ターニーの名前がついてますが、アームは板モノでショボそうと思いきや、
動きは超スムーズ。

恐らく千円程度のものでしょうが、
これだけの性能を出せるなんて、
やっぱり世界のシマノなのね。

ここらへんはデッドストック行き。

使わないけど程度だけは宜しいので・・・

そして鉄っちんクランク、と。

一通りパーツを見渡し、このMTBルック車をどうするかの方向性が見えてきました。

それは快速仕様ママチャリを追求したアサヒ号とは全く異なるアプローチ。

それは意外なパーツから手をつける事から始まるのでした。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/19(月) 07:54:34|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTBルック車 パーツを洗って計測って考える(前編)

分解完了したMTBルック車のパーツをキッチンで洗って計測していきます。

油汚れに強い食器用洗剤Magicaと使い古しのスポンジで洗っては水分をすぐに取って計測と。

まずはバーハンドル。

かなり幅広なのは、小さい子供が操舵しやすいように、またMTBらしく見せるためと思われますが、
小学生高学年以上が使うにしてもかなり広すぎます。

小さい子供が腕を開いて乗れば、自ずと前後方向のリーチが短くなる、
それを届かせるには前方へのオフセットが最低限のママチャリ用ステムをあてがえば丁度良い、という事なのでしょう。

しかしそれは、体格が大きくなるとすぐに前後寸詰まりのポジションになるという事でもあり、
「自転車が小さくなったから買い換えよう」と思わせる仕掛けにもなっている様です。

ユーザーに長く快適に乗って貰う事を考えるなら、
ハンドル幅はもう少し狭く、
その分ステムは前方にオフセットされたものをチョイスし、
それに合わせてポジションを前傾させ最適化するため、サドルを高くできる様にするのが良心的なパーツチョイスなのですが、
全てを逆にしているのは計画的な陳腐化を狙っているのかと。

だって26インチの自転車なのに、ちょっと大きくなったら使えないなんて、おかしいでしょ?

ステム固定用の臼を引き上げるボルトがメッキされているのは良心的ですが、臼自体は鋳物の鋳放し品なので、あっという間に錆びます。

そして固着させて交換出来ないようにする?
まさかね~。

今回屋根付き駐輪場保管で3年使った個体ですが、臼の錆はそこそこ出ておりました。

そして何といってもサドル。

サドルポスト直付けなので、デフォルト以上に高さを上げる場合はサドルポストだけではなくサドルも買わないとダメ、これだけでも「工賃込みで4~5千円」として買い換えを促すのでしょうな。

こたみの様にDIYでやったとしても工賃分はステム代に消えるわけで、
乗り続けるにはどうあってもハードルが高くなるようになっている、と。

でもここまで来たらこっちも意地でっせ。

サドルポスト径が25.4mmとママチャリ規格なのがせめてもの救い、
この径なら400mm長までは調達可能。

今回外したサドル&サドルポストは、むちゅこの次の自転車の予備として保管します。

シートピンはSUSの六角穴付きボルトに置き換え、

泥除けも外してストック、と。

今回はあえて予算を注ぎ込まない事にしたので、
どの部品を生かして、何を替えてどういうコンセプトで仕上げるかは、いつもより慎重に考える事になります。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/16(金) 07:51:53|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電車とバスの博物館 に行く

母の住む川崎のホームをむちゅこと訪問する際には、どこか乗り物系のスポットを絡めるのですが、
今回は東急の博物館「電バス」こと、電車とバスの博物館へ。

ここは子供をメインターゲットに据えているようで、子供が好きそうな趣向が凝らされているのが特長。

今回は入口前にある、リアルな東急田園都市線と連動する踏切の展示がお休みでしたが、
ここにハマってなかなか入館できなかった人も多いのでは。

入口では「のるるん」がお出迎え。

入場券を買って、

入るとすぐにジオラマ出現。

ここのジオラマは正面にスクリーンがあり、子供は走る模型にかぶり付き、大人は後ろの椅子に座ってスクリーンを見るという楽しみ方ができます。

椅子に座って遠目で模型を見るのって、実は子供にとっては全く面白くないんだよねー

その点ここは工夫されているなーと感心させられました。

次に向かうは玉電。

運転席にも座れますが、

車内で弁当を広げて食べられる、というところがむちゅこの萌えポイントだったらしく、
この日は天気が良くなかったからか、いつもは玉電の中は大混雑のところ、客の出足が悪く空いていたのですが、
食べ物を持ってこなかった事を後悔します。

再入館できるので、何か買ってくる事も出来るのですが、食べこぼしがまだ多いむちゅこゆえ、今回はスルーと云うことで。

むちゅこは玉電の前のボタンの押せる歩行者信号にもハマってました。

リアルな道路でボタンを遊びで押していたら怒られますからねー

もうひとつのジオラマをちょろっと見て、

向かうは別館。

まさかここに地味~に鎮座している旧東横線(右奥)にむちゅこがドはまりするとは予想できず。

別館ではプラレール広場(家でも遊べるので必ずスルー)や、子供用運転シミュレータ、

東亜国内航空(なつかしー)のYS-11頭部があり、
むちゅこも運転シミュレータはやりましたが、

空いているのでもう一回シミュレータをと誘う父を振り払い、
むちゅこは旧車の運転席で運転手兼車掌を延々30分以上やっておりました。

あまり人が来ないからか、
運転席の個室感がいいのか解りませんが、
大声でどこの路線ともつかないアナウンスを続けるむちゅこ。

正にワンマンカーですな(爆)

腹が限界まで空いたので退散し、三軒茶屋で昼食の後、東急世田谷線に乗って旧江ノ電600形の展示されている宮の坂駅に行くも、工事中で車内に入れず残念。

1駅進んで小田急に乗り換え、ロマンスカーを見ながら狛江に行き、むちゅこを寝かせながら自宅近くに直行する武蔵境駅南口行きバスで帰路につきます。

またまた鉄分過剰摂取の1日でしたが、
こうやってむちゅこと電車でフラフラできる時期もあっという間に過ぎちゃうんだろうなぁ。

電バスは天気の悪い日に、弁当を持って早めの来館が宜しい様ですよー。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/15(木) 07:50:44|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTBルック車 分解完了、リモデルの方向性は・・・

お下がりで頂いた26インチMTBルック車。

前回作業し残したドライブトレーンの分解にかかります。

ペダルを外して、チェーンを切って、クランク外して、前後ホイール外して、タイヤ外してと一気に作業は進みます。

以前はおっかなびっくり分解していたのに、今では自転車屋みたいに慣れた手際でテキパキと。

洗車用の脚立を作業台代わりにすると、楽な姿勢で作業できると判明、
古タオルを敷いて即席メンテスタンドにします。

これは楽でいいわぁ。

メンテスタンドを買いたいと思っていましたが、もうこれで十分、と(爆)

さてフレームとBBだけになったところでじっくり見ていきましょう。

BBの右側シェルが樹脂製((((;゜Д゜)))

使い捨てのカセット式ならいざ知らず、
カップ&コーン式で樹脂製ってどうよ?

分解してグリスアップして元に戻す事さえも考えられていないのか?

幸いゴリ感もあまり無いので、今回はこのままでいきます。

元が2万円しないルック車なので、チョビチョビ部品を買うだけで、本体価格をあっという間にオーバーしてしまうなら、まぁまぁ使えるものは使うしかありませんな。

フレームを持ってみると、

ぬおおおおっ、片手で持てない事もない(爆)

ママチャリよりはまぁ軽いが、スポーツ車では決してないという事か。

平均的な体重の人がオンロードで乗ってもフレームは全く問題なさそうです。

75kgのこたみがオンロードで試乗しても大丈夫そうな頑丈さ=重さかと。

これまたフロントフォークにママチャリっぽく溶接されたライトステー。

ハブダイナモならライトをステーに直付けして使う気にもなりますが、
このモデルは昔ながらのダイナモライト仕様で、前輪にハブダイナモは付いてない
→こんなライトは今どき使わない
→ステーは要らない、となるわけで、
ママチャリステーをどう処理するかも悩みどころ。

外したタイヤとチューブは洗ってWildcat号の26×1.5スリックとの交換に備えます。

当初26インチ×1.0の極細タイヤを買って快速仕様に、と思いましたが、
費用は極力使わない方針という事で、今回はこれも見送り。

リアブレーキはバンドタイプ。

せめてローラーブレーキならば使う価値もあろうかと思いますが、
昔ながらのねじ込みタイプのリアホイールにて、
アサヒ号につけたディスクブレーキ、という手もあるもののメンテフリーと言い難いので、
中古のサイトプルを探してシートポストブリッジにつけるのがコスト的にはよろしいのかなーと。

でもリーチの長いサイドプルって見つからないんだよねー、本当に。

また、バンドブレーキの内側ワンはバンドレンチか何かで外さなくては。

色々制約が多い上、アサヒ号の様に究極のママチャリを目指すわけでもないので、
今回の改造の方向づけは、本当に難しいところです。

どこを目指したらいいものやら・・・

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/14(水) 07:50:57|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京王駅伝フェスティバルへ行く

味の素スタジアムで京王電鉄の主催する駅伝フェスティバルがあるというので、駅伝に出ないけれども行ってみる事に。

市民ランナーのイベントであると同時に、色々な出店やイベントがあるお祭りなので、
子供を連れて行くにはよろしいかと。

ゆるキャラも沢山来るらしいのですが、

てちゅオタ的にはここらへん

こたみ的には、

ムサ尾にズキュン❤

結局ゆるキャラのデカさにむちゅこがビビって近づけもしなかったのですが(爆)

ゆるキャラの運動会、見たかったなー

さて、大きなイベント時の味の素スタジアム直近の駐車場は1時間3000円某のべらぼうな料金になってしまうため、駐輪場らしきエリアに自転車で乗り付けるのがベスト。

天文台前の坂を帰りに上るのも今ではもう慣れっこになりました。

やって来ました味の素スタジアム。

スタジアム内をちょろっと見て、

出店も全てスルーして向かうはアジパンダ広場。

どのイベントも、子供むけのものはここで開催されるのが常。

京王電鉄主催なので、てちゅオタのむちゅこが楽しめるものがありそう、というわけです。

普通の子供なら真っ先に乗るであろうリアルなミニSLをスルーして、むちゅこがかぶりついたのは、

止まっている京王バス~(爆)

動いていない、車内をウロウロし放題の止まっているバスが大好物のむちゅこ。

いつも乗っている小田急バスではないところも、むちゅこが萌えるポイントらしく。

ひとしきり車内をうろつき、運転席で帽子を被って記念撮影。

今までは運転席に座るのに並んで待つということをしなかったむちゅこでしたが、
少し成長したのかと。

相変わらず制服は着ませんでしたが。

乗車後はシールと風船を頂きました。

次は京王線と井の頭線の立体パネルへ。

ここでは駅長さんの帽子を被ってご満悦。

マスコンもついているのですが、多摩モノレールまつりでリアルなマスコンを弄ったむちゅこには萌えポイントではなかったかしら。

それでもこの立体パネル、ウチに欲しいなぁ。

次に向かうは、でっかい鉄道模型が運転できるコーナー。

街頭テレビよろしく子供がかぶりついております。

自作の模型の様ですが、でっかいのでなかなか迫力があります。

線路とモーメントさえ手に入れれば、紙で色々自作するというのもアリだなぁ。

1人2分の持ち時間、2名づつ交替で30分待ちなるも、むちゅこは良く耐えました。

幼稚園で待ったり我慢したりを少しずつ覚えているんだなー、と父は少し嬉しく思うのでした。

順番が来て、コントローラーを操作するも、自分が運転している事に気がつくのに結構時間が掛かりました(爆)

ストップ&ゴーを早めにさせて、自分が制御していることを気づかせるのがよろしいようで。

短い様で2分間は、本人を満足させるのに十分な時間だった様でした。

もう1回やるには行列が長くなり1時間待ちとあって退散。

スタンプラリーならぬシールラリーをやっているので、会場をそそくさと回ってシールをgetし福引に並びます。

むちゅこの好きな京王線のゆるキャラ「けい太くん」のシールなので、むちゅこも頑張って集められました。

むちゅこがガラガラ回すと・・・

おお、緑の玉だ。

伊藤園賞(いっとう、に掛けている?)のタオルセットはむちゅこには渋すぎですが、
カミさんには受けがよろしかった様で。

というわけで、今回の戦利品はこちらー。

駅伝とは全く縁がなかったですが、楽しむだけ楽しんで参りました。

この手の味スタのイベントはハズレがないので、またチェックしたいところです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/13(火) 07:42:25|
  2. 自転車で出かける
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オクラがなかなか枯れなくて

夏の間、ミニトマトと共に何本か収穫したものの、
大きくなりすぎて食用に向かないと種を採るように放置していたオクラ。

冬になってもなかなか枯れず、
そうこうしているうちに1房は一気に枯れて弾けてしまい、種は行方不明。

房が枯れるのを待っていましたが、葉っぱは丸坊主なのに、実だけはなかなか枯れません。

もう枯れてもいいからぁ、とか思っても、
実はみずみずしい緑をキープしています。

さすがは外来種、生命力が、半端じゃありません。

一房だけ枯れている兆候があったので、開いてみると、

ぎょえ~っ 粒が、でかっ

さすが外来種、種もおどろおどろしい姿。

一房でこの量、我が家では使いきれませんな。

まだ全く枯れていない房がたくさんありますが、これも全部種を採ったらなかなかの量になりそうです。

来年は芝の庭をやめてオクラ畑にしちゃおうかしら(爆) 

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/12(月) 07:46:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTBルック車 分解して剥いてみる

お下がりで頂いたMTBルック車26インチ。

このままでは誰も乗れないので、とにかくバラシにかかります。

ホイールとドライブトレインを残して一気に部品を外していきます。

外した部品はヤレたグリップ以外は今後何かに使う可能性があるのでキープ。

3年しか使っていない部品を捨てるには惜しいし、
むちゅこが乗る自転車、ご近所の自転車含め、どんなパーツの需要が出てくるかわからないので。

フレームに貼られているステッカーが無ければジュニアMTBっぽさが消えるのではと、剥がしにかかります。

べろーん。

マルキン号の時とは違ってステッカーの劣化が進んでないので、少しは剥がしやすいのですが、

一番劣化しているらしいトップチューブのステッカー、よりによってルック車表示のステッカーが剥がれないっ

俺は、俺は、ルック車なんだゾー!!(爆)
と主張しているのか、とか思っちゃう。

この部分の薄皮が残っちゃったので全てキレイに剥がすのは後日、と。

前ホイールのナットは15番レンチ対応でした。

組立工数の削減には15番で揃えるのが得策という事か、
はたまたクイックリリースのホイールに交換可能と言いたいのか。

まぁ、そもそも前輪の脱落防止がママチャリと同じ舌付き座金なので、まぁ前者という事でしょうな(^-^;)

RDはかなりアームが長いタイプ。

スプロケの径が大きいので、RDを良いものに換装しても合わない可能性が大なのと、
デフォルトの程度が宜しいという事もあり、これはそのまま使う事に。

というわけで日没サスペンドで作業を中断した姿がこちら。

う~ん、まだまだルック車な感じ。

これはどういう改造の方向づけをしたら良いのやら。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/09(金) 07:47:27|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神代植物公園でバラを見る

娘の使っていたベッド(カミさんのお下がり)がどうにも使えない状態になったので、
クルマで八王子の村内家具に行ってみよう(美術館・レストランも併設されているし)という事になったものの、
中央道は事故渋滞のため、府中のニトリに行先変更。

車なし生活の時にはニトリに行く事が一切なかったので、2年ぶりのニトリ訪問となりました。

置いてあるラインナップも随分変わり、値段の幅も、値ごろ感も、品揃えも大幅にアップした事に驚愕。

悩んだ挙げ句、もう布団でいいやとなっちゃいましたが(爆)

さて、昼食は以前自転車で訪問した深大寺の「多聞」に蕎麦を食いに行く事に。

深大寺エリアでは珍しく駐車場が無料なのと、野草天と中盛り以上のボリュームが身上の多聞、
すんなり駐車場に入れて、そこそこ待っただけで入店でき、蕎麦にありつけました。

食後は公園の駐車場に移動して、いつもの腹ごなしを兼ねた深大寺散策を決め込みますが、
神代植物公園の裏門のゲートを見たむちゅこが遊園地か動物園かと思い込み、どうしても入るとぐずるので、入場。

東京都在学の中学生まで無料なのは有り難く。

今はバラの季節なので、何かしら見るのも良かろうと。

秋のバラシーズン真っ只中、
人出もなかなかのものです。


心が洗われますなぁ

良く見てみると、品種名に何やら色々書いてあります。

「系統 HT」とあるのはバラの血統の様なもので、モダンローズの中のハイブリッド・ティー・ローズの系統を示しているのだそう。

バラって奥が深いのねーと思うと同時に、日本で作られた品種が多い事にも驚きます。

名札右上の絵の表示は、匂いを楽しむ品種、という事らしく、嗅いでみると様々なバリエーションの香りが楽しめます。

ブルー・パフュームの香り、気に入りました。

トイレの芳香剤と同じ匂いのバラもありましたが(爆)

つまりはバラの香りを模しているわけね。

温室前のベルが時報を鳴らし、

しばし聞き入った後で、温室に入ります。

中は以前と変わって、
新宿御苑の温室に似たテーマ別の展示スタイルになりました。

食虫植物とか(ハエトリグサは触り過ぎると枯れちゃうので触っちゃダメ)、

「奇想天外」とか

一度見ておきたいものが展示されていて、なかなかオススメです。

あっ狂い咲きのツツジ発見(写真ど真ん中)

菊もキレイ。

むちゅこの疲れがピークになってグズり始めたので、早々に退散しましたが、
冬なのになかなか見応えのある公園でありました。

また違う季節に、今度は自転車で来たいですね。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/08(木) 07:51:25|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おもちゃのお医者さんになるには遠く

お下がりで頂いた電車のおもちゃ。

発車ベルや踏切など、むちゅこが大好物のサウンドが鳴るものですが、
1両だけ壊れたものが。

最近実車をとんと見なくなった700系、車輪を支える部分がもげてしまっています。

瞬間接着剤でつけても、ちょっとでも荷重がかかればはがれてしまうので、
タイラップで本体にくくりつけてみました。

若干の摺動音はしますが、
十分使用に堪える様になりました。

こちらは音が鳴らなくなったポケモンジェット。

この手の音が出ない系は、アンパンマン号と同じで電池液漏れのパターンかしら。

あ~、やっぱり。

電池を取り除いて、
取れた垂直尾翼だけ接着しておきます。

我が家のピアノは、カミさんが使っていたのを完全レストアしたものですが、
その業者さん曰く「電子ピアノとサイレントユニットはどうにもならないんだよね~、廃棄か交換かしかできないし」

自転車もメカ物ゆえ何かと弄れますが、
電気系も弄れるとホントはもっと楽しいんでしょうね~。

まだまだド素人であることを痛感させられてしまうのでした。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
  1. 2016/12/07(水) 07:48:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイソーの種をまいてみる

駐輪場の舗装時に、敷いた砂の流出を防ぐのに使えるのではとダイソーで買った園芸用不織布。

結局使わずじまいで在庫していましたが、
ある時立ち寄ったダイソーでこんなものを発見。

2袋で108円の種です。

目の間が野生あふれる森の我が家、
たとえ蒔いて発芽しても、あっという間に虫にやられてしまうので、不織布で保護しながら栽培、というのはアリだな、と購入。

夏の間ミニトマトを育てたプランターが空いたので、不織布を下に敷いて、

トマトを植えた後に乾燥させていた土をふるって入れて、いざ種まき。

エリアを2つに分けて蒔きましたが、
量が普通の種より少ない事が判明。

それでも大型プランター1個分なら余るくらいの量なので、使い切りで丁度良いです。

不織布を巻いてカバーして作業完了。

10日後、

おお~芽が出た~

早速間引きして食しますが、

根と土を取り除くのが結構面倒(爆)

売っているものが水耕栽培なのも頷けます。

この不織布、水は通さない様なので、下に敷いたのは排水性を考えるとあまり良くなかったかも。

ただ上に被せた不織布によって防虫はできているので、そこはOK。

野菜の価格が高い折、これからどこまで食べられるのか、楽しみです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/06(火) 07:50:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回 医獣祭に行く

武蔵境にある日本獣医生命科学大学が日本医科大学と初めて合同開催する学祭「医獣祭」が開催されているというので、家族で行ってみることに。

日本獣医大の時代から、学祭で動物を見られるとチェックはしていたものの、
なぜかこの季節は子供の具合が悪くなり、今までずっと行かずじまいだったのでした。

自転車置場も学内外にあるので、
カミさんとむちゅこはふらっかーず、こたみはアオバ号、娘は習い事で夜に車で送迎するため徒歩で向かいます。

中に入ってみると、なかなかの人出。

ただ。他の学祭と違うのが、動物連れOKという事。

うわ~スピッツだらけでふわふわ~❤

我が家では金魚がお星さまになると娘が号泣するので懲りており、ペットは飼わない方針なのですが、
毛並みのよろしい珍しい犬がそこかしこをウロウロする光景のど真ん中に佇んでいるだけでも楽しいものです。

犬がオシッコしちゃうとすぐに吸収パッドを持った学生が集まってあっという間にお掃除、
学生が売り物の牛乳をひっくり返しちゃっても吸収パッドであっという間にお掃除(^-^)

犬を延々とステージに上げて紹介していくイベント(?)や犬の爪切りや(学生にとっての実習みたいなものか)、犬用の試供品の配付と、ここならではのイベントがめじろ押しです。

立入禁止と思ったら、

あっ、犬のですか。

猫の譲渡会もありましたが、
ケガや病気を持っている子をちゃんとした意志をもって飼う、という趣旨でして、
軽い気持ちで覗けるものではないと反省。

日々の研究の内容が先鋭的なものであることをうかがわせる展示が多く、
ツブシのきく文系学生だったこたみには、彼らの姿が眩しく映るのでした。

昼食は学祭の出店でとらず、駅前の丸亀製麺でガッツリと。

駅が近い大学は便利がいいですなぁ。

娘のクリスマスプレゼントは、動物のお医者さん全巻に決定。

来年も「犬の真ん中でワンと叫ぶ」予定です。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/05(月) 07:49:55|
  2. 自転車で出かける
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムーヴキャンバス ホイールキャップ交換でしくじる

今回購入したムーヴキャンバスで気になったところがホイールキャップ。

グレーの2トーンを選ぶと同色のグレーとシルバーの2トーンのホイールキャップが自動的についてくるのですが、


このクルマのキャラから云えば白の2トーンが欲しかった(涙)

というわけで14インチのホイールキャップをポチってみました。

箱がメイドインチャイナ感ありあり。

ジャーン

ワーバスっぽくするならコレでしょっ

裏にバネを装着して、

バネを爪に掛けていけばスタンバイOK(死語)

デフォルトのキャップを外すのにはウォシュレットのキットについていた板レンチをチョイスしますが、

鉄っチンホイールの黒塗装に傷をつけそうなので、貰ったウチワの柄を使います。

カバーのスポーク部分に手をかけて、割らないようにしながら、リムにウチワのプラ製の柄を差し込んで引き起こしていくと、
簡単に取れました。

ホイールキャップ交換にはウチワが最高っ(おバカ)

交換作業で手が汚れるので軍手着用はマストとの情報は承知しておりましたが、
買ったばかりなので大丈夫と素手で触ったら大変な事に。

ブレーキダストを舐めちゃあいけませんでした。

バルブの位置に穴を合わせて、カポッとはめて出来上がり。

・・・むうぅ、

スペアタイヤでつか?

想像していたイメージとちょっと違うかなー

折角買ったんだから、とも思ったのですが、
致命的な問題が。

バルブを通す穴が小さいので、
ホイールキャップをしたままではバルブのキャップが取れないっ(大爆)

なんじゃごりゃ~(松田優作風)

あえなく作業は中止となりました(涙)

ゆくゆくカミサンか私がデフォルトのホイールキャップをガリッとやった時に、穴を広げる加工をして付ける用に保管する事にしますトホホ~

ホイールキャップ買うときは、ホイールのインチ数だけでなく、バルブ穴の大きさも注意しなはれやーっ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/01(木) 07:51:42|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (99)
自転車で出かける (43)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (35)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (18)
クルマ (14)
未分類 (174)
自転車以外でおでかけ (152)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR