Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

京王百貨店 鉄道フェアに行く

会社のお盆休み最終日は、世が平日に突入しておりました。

天気も冴えませんが、何もしないで終えてしまうのもなんだかなーと。

カミさんが新宿の京王百貨店で鉄道フェアをやっているとの情報を持ってきたので、
行ってみようかと。

カミさんと娘も新宿には行きますが、
新しい長靴を買うためなので、別行動となります。

鉄道フェアは最終日かつ平日という事で、かなり落ち着いた雰囲気。

Nゲージの運転体験も並べばできるレベルなのですが、
むちゅこにはまだまだ早いので、見物だけにとどめます。

規模的には松屋銀座の方が圧倒的に大きいですが、
子連れでユルい雰囲気なコレもアリかなと。

さすが京王のイベント、
プラレールの井の頭線は全色揃っています。

ブルトレのヘッドマークも売られてました。

集め出すと身上潰しちゃうので、拝むだけですが。

ここでもミニジオラマが売り出し中。

少しでも愛好者の裾野を広げたいという事なのでしょう、専用の短いサイズの電車も売られてました。

今回収穫だったのは、調布にある電通大の鉄研の出展でした。

Nゲージのジオラマも迫力あるもので、
大学対抗のコンテストでも上位を獲得する実力の様です。

貸切列車に使うオリジナルのヘッドマークが伝統を感じさせます。


むちゅこはプラレールのモノレールに釘付け。

自作の調布駅地下ホームのホームドアにはシビレました。

今年の学祭は11月20〜22日との事。
楽しみだな〜。

昼食の時間になったので、退散しますが、
実はカミさんと娘にある場所で並んで貰っていたのでした。

それは・・・

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/31(月) 07:47:16|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西武園で芋洗いプールと花火を楽しむには

千葉の実家への帰省から戻り、
手持ち無沙汰なので、休みらしくプールでも行こうという事で、
西武園のプール&花火見物に出掛ける事に。

朝から夜まで滞在する元気がないので、昼飯を食べてから出発です。

予めセブンイレブンで『入場券+プール+乗り物フリーチケット』を購入し、
中央線で国分寺に行き、西武線に乗り換えれば、1時間も経たずに現地到着。

プールは超芋洗い状態で、プールに至る通路という通路が全てレジャーシート&サンシェードで覆いつくされていました。

着替える場所の確保もままなりませんが、
ツツジの植え込みの前の幅20cmくらいのスペースを陣取り、着替えを敢行。

むちゅこはビビって波のプールには近づかないので、サンリオとタイアップして作られた水遊び場へカミさんと移動、
自分と娘は波のプールに浸かる事に。

スライダーに並ぶ行列は、波のプールの岸を取り囲むまでに長くなっており、
並ぶ気力も起きません。

波のプールの最深部で波を待ちますが、
高い波が来るわけでもなく、
人の波にもまれるばかり。

それでもプールには結構浸かる事ができたので、カミさん・むちゅこと合流し、遊園地に向かいます。

しかしこちらも長蛇の列で、アトラクションは2〜3個乗れればいいところ。

むちゅこは行列に頑張って並んだおかげで汽車には乗れました。

テンション上がって手を振りまくるむちゅこ。

しかし、花火の開始時刻が迫ると、幼児向けのアトラクションから順次営業終了していきます。

むちゅこにすれば、まだ乗り物が動いているのに乗れない、というのが納得できず、なだめるのに一苦労。

午後から西武園でプールに入り花火も見るなら『入場券+プール+乗り物券2枚』というセットが最もクレバーな選択だという事が判明。

日もだんだん暮れてきて


花火見物の場所取りは、空いていて花火がギリギリ見えるだろうと思われる所をキープしましたが、
実際に打ち上がってみると、全く見えない事が判明。

見えないから空いていたわけね。

花火が始まれば通路は全て座る場所に早変わり。

花火の開始とともに通路のど真ん中になだれ込み、座り込んでベストな位置をキープするのが一番とわかりました。

ここの花火は打ち上げ場所が近いので、
光と音のタイムラグがないド迫力の花火を堪能。


これでフィナーレかと立った途端にダメ押しのフィナーレ。

園内の照明が点くまでは花火は終わらないのね。

帰りのレオライナー&西武線は待ちが長く混雑も相当でしたが、なんとか帰宅。

我が家にとって西武園はクルマで行くものだったので、かなり新鮮な感覚ではありました。

次は新聞販売店の招待券ゲットして来たいなー(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/28(金) 07:39:22|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山万ユーカリが丘線に乗る

お盆休みに千葉・佐倉の実家に1泊2日で戻り、国立歴史民俗博物館に行きましたが、
久々に強烈な頭痛に襲われブログ記事どころではなく(>_<)

帰りにお土産を買いにいくため、
クルマでの帰省なら絶対寄らないユーカリが丘へタクシーで向かいます。

(画像はネットより拝借)
実家の最寄は京成臼井駅ですが、
なぜユーカリが丘か。

それは山万ユーカリが丘線があるから(爆)

ユーカリが丘地区の宅地・マンション開発を一手に行っている山万は、普通のディベロッパーとは一味違い、
大規模に宅地開発をして短期でさばくと、
将来住人が高齢化して限界集落となってしまうので、
長期展望のもと徐々に開発・販売、中古住宅の転売を行い、
常に若い世代が流入し街が若返る様にする施策をとっています。

それゆえに都心へのアクセスがイマイチにも関わらず、ユーカリが丘だけは郊外不動産価格の下落の波をまともに受けないでいるといいます。

メインのショッピングセンターであるSATYの入っている建物は築20年以上経っており、バブル弾けた感がありますが、
今度イオンモールができるそうですから、また魅力的な街になりそうです。

タクシーの運ちゃんも二代目もヤリ手だからなぁ、と感心していました。

実は三鷹に家を買うまでは、
子供が仕上がるまで三鷹で借家住まい→リタイヤ後にユーカリが丘に永住、というプランも考えていたのでした。

さてユーカリが丘駅に着き、レールだけ見るなりモノレールと認識し『モノレール乗る』とはじまったむちゅこ。

お土産購入はカミさんと娘にお願いし、
むちゅこを連れ、山万が運行する新交通システム、ユーカリが丘線に乗ります。

全線200円は短い距離ゆえ交通機関として考えると割高ですが、
遊園地の乗り物と考えると乗りごたえがありお得に感じるから不思議。

設備投資も路線維持のため最低限といった感じで、Suicaなんて先進的なものは使えません(爆)

むちゅことホームに上がり、しばし待つと可愛い車両がやってきました。

無人ではなく有人運転とは驚きました。

人件費を考えると大赤字だろうなー

車内に入ると、一昔前のレトロな感じ。

小窓が開けられ、エアコンなしというのにもびっくり。

20分おきの出発、というのもノンビリしたものです。

空いた車内でむちゅこを外向きに座らせ、車窓を楽しみます。

涙形の循環路線の外側には一区画が広ーい住宅地、内側は田んぼが広がっていました。

採算はともかく、社長が作りたくて作ったんだろうなー感のある路線。

儲からんでしょうが、ずっと存続させてほしいですねー。

十数分の短い旅でしたが、これは結構楽しめました。

発駅であるユーカリが丘駅に戻り、
自動改札で発駅=着駅ゆえキンコン鳴るかと思いきや、何事もなく出場。

乗るだけっていう人は結構多いのかも。

近くにお寄りの際は、遊具として乗ってみる事をオススメします(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/27(木) 07:36:14|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋根付き自転車にシェードをつける(後編)

屋根付き自転車にシェードを貼り付ける作業には、カミさんがむちゅこを外に連れ出している僅かな時間を見計らって着手します。

合皮シートをむちゅこに『貸っしってっ』とか言われたら収拾がつかなくなるので、
超短時間決戦で。

庭に屋根付き自転車を入れて、屋根を外しにかかります。

前後の柱のイレクタージョイントを緩めるだけで、屋根部は簡単に取り外せます。

庭の水道で屋根を念入りに洗って、

貼り付ける合皮シートのサイズを決定します。

長すぎると前方視界に影響し、
短すぎると日除けにならないので難しいところ。

コロポックルさんの屋根みたいに幅も全長も大きければ多少小さくなっても気にならないのでしょうが・・・

合皮シートをカットして、

時間がないので、
裏紙を剥がして一気に貼り付け、と思ったら、

うぎゃーっ!

扇風機の風に煽られて、合皮シートの糊面同士がド派手にくっつきました。

クルマのスモークガラスシートの貼り付け時には、裏紙を徐々に剥がしながら貼り付け作業するのが鉄則ですが、
大した面積でないので、イケると踏んだのが間違いでした。

幸いこの合皮シートは何度もやり直しが利くので、剥がせば再使用はできるのですが、
手間取るとむちゅこが帰って来てリカバリーは絶望的になります。

急げーっ

焦って剥がせばくっつき、剥がせばくっつきを繰り返し、汗だくでくっついた所を全て剥がし終えます。

なんとかシートを貼り付け、

端面をビニールテープでトリミングし、
屋根を元に戻します。

上から見た図がこちら。

ビニールテープが幅広なので手作り感が緩和されているかなーと。

ビニールテープ、高かったですが(涙)

乗ってみた感じは、
45cm角のシェードでも、あるのと無いのでは大違い。

日除け効果もさる事ながら、
天井が暗くなり適度な閉塞感ができたため、気分が落ち着きます。

まるでクルマに乗っているみたい(爆)

屋根付き自転車号もほぼ最終形態に近づいてきましたが、
実はまだネタがあるのでした。

それはまたのお楽しみに(=゚ω゚)ノ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/26(水) 07:51:46|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋根付き自転車にシェードをつける(前編)

屋根付き自転車の屋根材は厚手の透明塩ビシートのため、太陽光を全て通します。

早朝と夜の通勤に使う分には不都合ないのですが、
休日に乗る時間帯は昼間がメイン。

夏の日差しを少しでも避けるのにシェードがほしいと、前から思ってはいました。

布製のカバーをかけるとか、色々構想はしていましたが、
いつもサドル張替に使っているバイク用の糊付き合皮シートが、見た目オープンカーの幌の素材に近くてカッコ良いだろうと、
京浜東北線が止まった日にホームセンターで買っておいたものを使います。

とはいえ、いきなり塩ビシートに貼り付けて、相性が悪かったりするとマズイので、まずは実験から。

塩ビシートと合皮シートの端材を準備して、

表はダメでも裏はOK、という事もあるでしょうから、塩ビシートの表裏両方に貼り付けて相性を確認します。

その結果は・・・

表裏とも問題なく貼れました。

粘着力は結構ありますが、
剥がそうと思えば剥がせる程度。

耐久性・耐候性を考慮すると端面はテープを貼って密着させる必要がありそうです。

手持ちのビニールテープでは色が合わないので、Jマート三鷹店へ。

普通の狭い幅のビニールテープは100円しないのでリーズナブルなのですが、
手作り感が出てしまうので、幅広のものを狙います。

幅広のビニールテープはデフォルトの3倍程度の幅なのですが、値段は4倍なので、かなり割高。

おっ、超強力なテープ(右)発見。

粘着力も強度も防水もバッチリで、値段も幅広ビニールテープ程度なので悩みますが、
強力すぎると補修・やり直しが利かないので不採用とします。

材料は揃ったので、あとは貼り付けだけなのですが、
これがまた難航するのでした。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/25(火) 07:50:30|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

酷暑では 銀ブラするのも 命懸け②MUJI & Loft & 交通会館 などなど

松屋銀座で鉄道模型ショウを見終えると、
急ぎ伊東屋に向かい、静かで涼しい店舗の中でカミさんと娘を探します。

カンブリア宮殿で紹介されていた文具専門店・伊東屋には一度行ってみたかったのですが、
店舗内の移動は、上りがエスカレーター、下りはエレベーターのみなので、
バギーでイタズラむちゅこ連れにてゆっくり見るのは無理。

それでもカミさん達と合流するまで、さら〜っと全階を見て回りました。

文具に凝り出したらこれはこれで楽しいんだろうなぁ。

こちとらフリクションボールペンの替芯の大人買いしかできませんが。

昼前になったので、ランチの場所を探しますが、
暑さが半端ないため、手近にあったランチバイキングをやっている店に駆け込みます。

BALI-HAI銀座は交通会館そばの高架下、
銀座インズ2の2階にあるエスニック料理店でした。

小さいむちゅこ連れである事を告げると、
子供連れエリア的なところに通されます。

料理が待てないむちゅこ連れにはバイキングが一番合理的。

むちゅこが腹一杯になって飽きるまでが勝負です。

美味かったのはエビせんと、
『ガバオ』という挽肉を醤油ベースの濃い味で炒め煮したおかずでした。

ガバオはライスに乗せると何杯でも食えちゃうくらい美味いっ

最近元気のない牛丼屋で出したら売れるんじゃないかなー。

材料コストも安上がりだしね。

むちゅこが1時間経たずに飽きたので、退散しましたが、
かなり満腹になりました。

10歳以上¥1,680は高架下とはいえ銀座としてはスパ高いですゾ。
ちなみに2歳のむちゅこは無料。

このまま帰るのもなんなので、
日差しを避け隣の交通会館経由で有楽町のMUJI & Loftに向かいます。

娘は無類のMUJI好きで、
有楽町店も結構な回数を訪問しています。

いつも別段何かを買うわけでもなく、ウロウロウロウロするだけなのですが、
今回は伊東屋で試し書きしたペンとMUJIのペンとの違いを力説していました。

むちゅこのバギーを押してウロウロしていると、程なくむちゅこはお昼寝タイム。

起きるまで、店内でカタログを見る事ができる椅子でのんびりします。

小一時間の昼寝の後、起きたむちゅこを店内のフリースペースに連れて行きます。


『あそびとまなびの種展』と銘打ち、
8月30日まで開催されているイベントをやっていました。

入場無料でスタッフも誰もいないスペースで落書きしたり切り貼りしたりが自由にできる様になっています。

むちゅこは家の中では落書きできない(壁やら家具に落書きされたくないためやむなく)ので、多少は溜飲が下がったかも。

交通会館に戻り、昼飯をバカみたいに食べたのに、水分補給と称して北海道のアンテナショップでソフトクリームを食べる事にしました。

交通会館はアンテナショップが多数入居しているビルとして有名ですが、
北海道のショップが規模・人出ともに圧倒的でした。

ソフトクリームも行列はできていますが、
行列の途中で券売機でチケットを買うシステムゆえ、行列の長さの割に早くありつけるので、是非並んでみては。

味もさる事ながらボリュームもなかなか大したものですゾ。

ヒートアイランドで灼熱の銀座ですが、
日陰を選んでコンパクトに移動して遊ぶのはアリかもしれませんね。

それってあんまりブラブラしてないって事ですがギャフン

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/24(月) 07:48:06|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酷暑では 銀ブラするのも 命懸け①鉄道模型ショウ2015

少し前に新聞販売店から頂いたチケットを使って、松屋銀座(牛丼屋ではない(爆))で行われた『鉄道模型ショウ2015』に行くことにしました。

自転車ブログを書いているんだから
駅までは自転車でしょ、といいたいところですが、
あまりに暑すぎて、
特に疲れて帰って来る時、
むちゅこの昼寝時間(一番暑い時間帯)に重なると、自転車で帰着するのはほぼ不可能になるので、
本数には事欠かないバスを使う事にします。

本当はついでにサイクリー銀座店に売り出されていたDEOREのクランクセットを見に行こうと思っていたのですが、
あえなく売却済となってしまったので訪問を断念。

サイクリーは店舗間の在庫の転庫費が高いので、実際に見に行かないと購入の決心がつかない自分にとっては敷居が高いのがネック。

恒常的に店舗間での輸送があれば、個別に転庫費を客が負担しないで済むので、もっとお客が増えると思うのですが・・

結構関西・埼玉の店舗にイイパーツが集まっているんだけどなー

さて、有楽町駅を出ると、
カミさんと娘の組は文具専門店・伊東屋へ、
むちゅこと自分の組は松屋銀座の催事場へ向かいます。

ビルの影を選んで数分歩くだけでも汗だく。

むちゅこはバギーに乗っており、路面の熱をまともに食らっているので、
早く屋内に退避しなくては。

無事到着し催事場に行くと、
開店早々のはずなのに、会場は大盛況。

むちゅこは会場手前に設けられた物販エリアでHOゲージに釘付け。

EL1台7万円 触るな〜

むちゅこを物販エリアから引っぺがし、チケットに入場印を押してもらい、トレカっぽいカードを頂き入場します。

物凄い混雑なので、
取り敢えず手前のミニジオラマから見学。

普通のジオラマがガーデニングなら、
これは盆栽の美学なのでしょう。

我が家はお下がりのプラレールとお下がりの木製トーマスが限界ですが。

メインのNゲージのジオラマは、フェンスで適度な距離が取られている上、小さい子供が眺められる様にところどころに踏み台が設置されており、大人がダッコしなくてもOKなのがダッコ星人のむちゅこを持つ身には有難く。


アクリル板で遮り、かぶりつきで見られる構造だと、子供がアクリル板自体をバンバン叩いたり寄りかからない様に気遣いしてしまいますが、
そういうリスクを上手くコントロールしてくれているなぁという印象です。

むちゅこもグルグル巡ってくる貨物列車やしまかぜやスペーシアを飽きずに眺めていました。

HOゲージの車両展示や

路面電車オンリーのブースを見て

みっちり1時間以上を過ごしました。

もっと早く退散するかもと思っていましたが、
多少子供の好きにさせてもトラブルにならない会場の造りが功を奏したかと。

てちゅオタの幼児にはオススメなイベントですゾ。

物販も充実していましたが、混雑が凄いのと、モノを増やしたくないので、スルーして退散。

むちゅこも『もっと見る』とも何とも云わなかったので満足したのでしょう。

戦利品はこちら。

カードとウチワとチラシです。

帰りの電車の中でのむちゅこの退屈しのぎには十分かと。

さーてカミさん・娘と合流しますか。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/21(金) 07:47:25|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『急病人』という名の酔っ払いって

最近朝の通勤でよく目にするのが、電車内で寝込む酔客。

ロングシートを占領して横になって爆睡しています。

先週火曜の京浜東北線の車内でも、

ちょっとカタギとは違いそうなおばはんが荷物とミュールを散乱させて爆睡。

まぁ車内でゲ○でもされなければいいかと思っていたら、程なく停車した駅で電車が運転見合わせ。

駅員がかけつけ、荷物を集め、
そのおばはんに降りて駅の救護所で休むように促すも全くらちがあかず、駅員は結局シートにおばはんを座らせて電車を再出発させました。

そして車内に流れたアナウンスは、
『急病人の方を救護していたので・・・』

ただの酔っ払いやんけ!

電車はわずか3〜4分の遅れで、
早い盆休みに入った会社もあってか混雑などの影響は軽微だったのですが、
平常時の混雑中で、もっと電車が遅れる様なら駅員もろとも電車から叩き出してやるところでした。

以前行ったあらかわ遊園の帰りに都電の中でウン○したおじいちゃんがいて、電停で電車が立ち往生、というのがありましたが、
乗員・職員の方が結構毅然と対応していたのが印象的でした。

もっと印象的だったのは車内に充満した臭いでしたが(爆)

画像は都電HPより拝借
なお画像とウン○とは関係ございません(爆)

以後都電で出掛ける事は我が家ではタブーに。

痴漢・スリはともかく、
車内で酒飲んでビチョビチョにこぼしまくったりする様な輩や、自分を制御できない酔客はとっとと降車させるなどドライに、毅然と対応してほしいものです。

まぁ包丁振り回す乗客がいる様な京浜東北線ですから(爆)

以来、車内アナウンスで『急病人』と聞いたら『酔っ払い』と理解する様になっちゃった残念な出来事のお話でした。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/20(木) 07:36:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芝刈り機を買えない我が家の代替策

庭に芝が定着したので
どんどん伸びる芝を毎週コンスタントに刈らなくてはなりません。

放置しておくと、
伸び過ぎた芝の軸を刈る事になり、途端に芝が弱ってしまうという面倒な事になります。

今は芝用ハサミで汗だくになりながらチョキチョキ刈っていますが、芝の切りカス(サッチ)の回収を含めると、夏場はかなり大変な作業です。

本当は芝を刈ってサッチの回収もできる芝刈り機が欲しいところで、
今は電動・手動とも数千〜1万円ちょっとの結構リーズナブルな価格で入手可能なのですが、
我が家にはそれを許さない問題が。

『芝刈り機なんぞ置いておいたら、絶対むちゅこがいじって大怪我するでしょ』問題。

でも少なくともサッチの回収は必須だし、どうしよう、と悩んだ挙句にたどり着いた結論が『ガーデンスイーパー』でした。
こんなの↓

見た目はまんま芝刈り機ですが、
刈刃の代わりに回るのはブラシ。

ハサミやバリカン、刈払機で刈った芝のサッチや落ち葉などを効率的に集めるためのものです。

ブラシなら万が一むちゅこが手を突っ込んでも大怪我になる事はないと。

ただ通販でも売っているのは種類も少なく値段も量販タイプの芝刈り機より倍近くお高め。

なかなか踏ん切りがつかないところにヒットしたのが、
英国からの輸入品、1台限り、約6千円。安〜い♡

失敗しても悔しくない金額面なので、早速ポチって入手しました。

梱包箱に緩衝材として入っていた黄ばんだタブロイドの日付は2002年(爆)

10年以上のデッドストックゆえの価格だったわけねー

色んなホームセンターの現品票がついているところを見ると、
売れずに店を転々としたモノみたい。

それでも錆が出ているわけでもないので、使えるっちゃあ使えるかと。

早速組み立て始めますが、
組み立ての説明書はたったこれだけ。

ボルトナットの締結部分だけクローズアップされているだけで、
なぜか組み上がりの全体像が描かれてないため、作業は難航します。

更にサッチ受けの袋を装着するための太い針金が2本要るところ、1本が欠品らしい事が判明。

しかし欠品だーっとショップに騒いだところで超々デッドストックのパーツが今更入手できるわけでもないので、
無理やり袋をハンドルバーに通して使う事にしました。

いつかホームセンターで類似の針金を買う事にしましょう。

組み上がったのでむちゅこに使わせてみましたが、

どうやらハンドルバーの向きが違うっぽいので再度バラしてイチから組み立て直しorz

そんでもって、あー、やっと完成。
冷や汗だく&汗だくで作業したので、もうヘロヘロ。

肝心の性能は、まあまあ、といったところ。

チョコマカと前後に動かさず、
だーーっと長く押して行くとイイ感じでサッチが取れます。

しかしこんなにデカくなくてもよかったか〜

秋に目の前の森からの落ち葉が凄い事になるはずなので、その際も使える事を期待して、
これでしばらく運用し、ハサミをバリカンに替えて省力化するかはペンディングにする事にします。

果たしてどこまで使えるのやら・・

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/19(水) 10:58:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2階の灼熱地獄から逃れるには

5日間の盆休み、あっと言う間に過ぎてしまいました。

やり残したまま休みに突入して気が気でなかった仕事も、拙ブログも今日から再開です。

さて家を注文住宅で建てると意気込んでいた時に色々勉強した中で、
『天窓と吹き抜けは光熱費がかさむのでNG』と聞いていたので、
北側の屋根に採光のためにつける場合を除いて天窓は絶対につけない、と決めていました。

結局中古の建売に落ち着いちゃったわけですが、
契約が決まってから改めて家の中を見ると、階段を上がったところに、西日がバッチリ入る天窓が。

『こんなところに天窓あったっけ?』
『最初から天窓あったっけ?(爆)』

ええ、最初からあったんでしょう、
この家買う時にどれだけテンパってたんだか。

夏になると2Fの暑さがなかなか壮絶になり、
屋根が焼けて天井裏に熱がこもっているからかなーとか思っていた集合住宅出身の自分に対し、
そんな訳ぁなかろうと考える一軒家出身のカミさんが目をつけたのが問題の天窓。

カミさんに頼まれ休日に天窓のシェードを作る予定でいましたが、
それすら待てなかったらしく、
カミさんが自作したのがこれ。

以前作った長窓用の遮光カーテンの端切れ、さすがにもう捨てているかと思いきや、天窓用に切り出して100均の突っ張り棒2本を通す様に縫って装着したものです。

以前作った北側の長窓のカーテンも、
階段横で西日がバンバン差す2枚の窓に移動。

夜は北側の窓全開で風を通すため、夏に厚手のカーテンは出番が無く、
これと全く同サイズの窓だったのは幸いでした。

さて、その効果は・・・

うぉっ、全然違うっ!

階段に上がる手前から無茶苦茶モワッとしていた熱気が全く感じられません。

凄い効果だ。

ご近所ではオーダーで開閉機構のついているものや、屋根の上から被せるシェードを頼もうとしたが、バカ高くて諦めたとの事ですが、
これなら数百円でOK。

使わない遮光カーテンのお古があればベストですが、
使う布地の面積は知れているので、買ったとしても大した事はないでしょう。

枚数が要るなら安い遮光カーテンを買ってバラすのも手かも。

熱せられた空気の量を少しでも減らし、遮熱効果を最大にしようと、天窓にシェードを近づけたりしてみましたが、その効果はあまり大きくなく、
位置はともかく遮光のシェードがあるだけで効果は絶大という事がわかりました。

冬は突っ張り棒を取り外せばいいだけなのでお手軽。

天窓を作っちゃって失敗、というご家庭に、これはオススメですゾ。

部屋の窓もグリーンカーテンはもう間に合わないし、
最近ホームセンターでリーズナブルに売り出されているクシュクシュした樹脂製ヨシズは(こんなの↓)

ベランダが狭くて設置すると身動きとれなかったり、モノトーンでずっと付けているのは圧迫感があったり、安っぽくてイヤという方には、
陽が差すところの窓を開けておいて熱気を逃がしながら、厚手のカーテンを閉めておくだけで結構効果があります。

これでエアコンを一日中効かせなくても夏をなんとかしのげそうですが、
今年の暑さは半端なし、
やせ我慢は絶対禁物ですゾ。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/18(火) 07:36:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日から盆休み・・ソラマメに父を想う

明日から会社は5日間の盆休みに入ります。

とはいえ、仕事がたて込んでいる部門やポジションの方は出勤されるのですが・・

申し訳ないと思いつつ、仕事が引けて、ライン管理職でないのをいい事に、しっかと休ませて頂きます。

というわけで、通勤電車に乗らない5日間は当ブログの更新がありませんのでご容赦を。

さて、実家の母から時々送ってくれる小包の中に、
7年前から入る事のなかったものが今回入っていました。

それはソラマメ。

7年前に74歳で父が亡くなるまでは、家庭菜園で大量に採れたソラマメが毎年送られて来るのが楽しみでした。

ソラマメで日々ずんだもちを作れるくらい採れたらしく、ミニトマトも毎日バケツ1杯ずつ採れていたくらいですから、
定年後に市民講座で農業を勉強していた父の研究熱心さが伺われたものです。

父が残していった野菜の種は、今年は蒔きそこねましたが、来年はモロヘイヤやオクラ、トウモロコシあたりからチャレンジしてみようかと思います。

もちろん種の期限はとっくに切れていますが、万が一でも芽が出てくれたら、と。

母に電話すると、『ソラマメというと何だか感傷的になってしまうけれど、もう7回忌だから、そろそろいいかなぁと思って買ってみた』と笑っていました。

ソラマメは娘にサヤから出してもらいました。

むちゅこは一緒に入っていたマクワウリを転がして遊びます。

割るなよ〜

サッと茹でて

あっ、塩入れるの忘れた

ともあれ茹で上がったので、お茶とともに頂きます。

ん〜、父が作った採りたてにはかなわんなー
というより塩気がほしかった(爆)

子供らには大人の味だったようで。


子供を首都圏の学校に、転校はさせずに、とのモットーから、胃ガンで全摘した身体を押して14年間の単身生活を続けた父を想うと、
横浜に長距離通勤なんて、まだ楽なもんだと自分を律する気持ちになります。

この歳になり、このポジションになって、初めて父の気持ちが理解できた様な気もします。

あぁ、あの時は辛かったんだ、と。

父にむちゅこの顔と、一城の主(≒ローン持ち)となった姿を見せられていたら、少しは親孝行になったろうと思いますが、
せめてこの盆休みに子供らの顔を見せに実家に戻るとしましょう。

独り父を想い感傷的になりながら、完食。

んでもって合掌。

では盆明けに。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/12(水) 07:46:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有明エリアにお出掛け②有明TFTビル(大塚家具)

主目的地の東京都水の科学館を出て、昼飯を食べられる所へ移動にかかりますが、
お台場と違って、どちらに行っても食べる所があるわけではない有明。

ビックサイトまで行っても食べられるものは知れているし、国際展示場前駅方向に戻っても期待薄。

というわけで一縷の望みでIDC大塚家具があるTFTビルに向かいます。

途中にはスプライトの長〜いスライダーがありました。

CMでは平坦でもよく滑るもんだなと思っていましたが、長い橋の緩い傾斜を使っていたとは。

水着持ってないのと結構な行列だったので今回はパス。

暑すぎて長〜い時間掛かったように思える数分間を歩いて、
会社のoff-JT研修会場で使った事もあるTFT=東京ファッションタウンビルに到着。

オフィス・会議利用がメインで、ショッピングモール的な買物・食事は期待しませんでしたが、
サラリーマンが普段遣いする庶民派の飲食店がそこそこ入っていたので、別な意味でファミリー向けといえます。

はなまるうどん・すき家・サブウェイ・モスそれぞれで購入し、ガラス張りのホールに置かれ自由に使えるテーブルを陣取ってランチができるのはリーズナブルに観光気分を味わえるので有難く。


時間が来ると音楽が鳴り、ホールの天井から水が落ちてくる趣向も。

ちなみに水の落ちてくる下は立入禁止。

暑いので水をかぶりたい気持ちはありますが、結構な高さから落ちてくるので、おそらく凄い衝撃(というかケガしちゃう)なのでしょう。

昼食後は入店スタイルが店員随行なしでもOKになった大塚家具へ。

家を購入した時についていたカーテンが全て大塚のものだったのですが、娘の部屋のカーテンは結構シブめだったので、替えてやろうというのが既定路線だったのですが、なかなか決まらないので、大塚家具なら何かヒントになるものがあるだろうと。

子供を預かってくれるというので、むちゅこをお願いして、
カーテンの物色にかかりますが、
種類が多すぎて途方に暮れてしまうので、店員さんに相談する事にしました。

薄カーテンを内側に持ってきて柄を際立たせるなど、素人には思いつかないテクニックや、色や柄の好みをヒアリングして絞り込んでいく手法には舌を巻きましたが、
肝心の娘の好みとニーズが定まってないので、
むちゅこを預けて大丈夫な時間のリミットをもって一旦退散する事に。

選択肢が無茶苦茶多いので、
来店する際には、部屋の写真(屋外も写っているもの)を持っていき、
どんな部屋にしたいのか(ぐっすり眠りたいのか、シャッキリ勉強できる環境にしたいのかなど)ニーズを固めていかないと、果てしなく迷い続ける事になります(爆)

ともあれ、最初からお願いするかどうかは別として、何か選ぶ時には店員さんに積極的に相談する方がいいかもしれません。

結果今の『自由に出入りOK、アテンドもあり』のスタイルはいいなぁと。

大塚で買った我が家のダイニングテーブルのリフォームも受け付け可との事なので、次に来た時に申し込み事にします。

ちょっと今日はヘトヘトなので・・

預かって頂いたむちゅこは、
おそらく公立保育園の優秀な保母さんのOGを引き抜いたであろう肝っ玉母さん風シッターの方が相手をしてくれたので、かなり楽しかった様子。

わずかな時間でむちゅこの性格などを的確に把握されていたのには驚きました。

帰りは目の前のゆりかもめの駅から新橋・東京経由で。

途中東京の駅ナカでアイスやら肉マンやら補給。

武蔵境からは、激暑の中自転車で家路につきますが、
これからはバスじゃないと辛いわ〜

12年振りに行った大塚家具でしたが、
ニトリやIKEAもいいけど、長く使うものならモノがいい大塚家具はやっぱりイイなと改めて思うのでした。

でも来店の前には足を鍛えていきませう(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/11(火) 07:45:14|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有明エリアにお出掛け①東京都水の科学館

休日におでかけ、といっても
熱中症のリスクがつきまとう酷暑。

屋内で遊べる場所を、という事で選んだのが、朝日小学生新聞で紹介されていて、かねてより娘が行きたがっていた『東京都水の科学館』に行く事にしました。

自転車で武蔵境駅まで行き、境南第二駐輪場に停めて駅に向かいます。

この駐輪場、
以前あった月極駐輪場の跡地にマンションと共に建ったもので、
武蔵野プレイスや買物の際に2時間まで無料というのは有難いのですが、
12時間毎に課金という長距離通勤者にはありがたくないシステムと、
この↓駐輪のさせ方のために敬遠しております。

ぐんにゃりとリムを曲げてくれ〜い、
と言わんばかりにリムだけで直立をさせとるぅ。

詰め詰めで沢山停められりゃいいんでしょ
出し入れする時平行移動できて便利でしょ

リムの強度なんて知った事か、というか知らんのでしょうな。

こういう駐輪場にも対応させようとするから、メーカーもチャリを余計に頑丈にしちゃって、自転車を鈍重なつまらんものにしてしまうのでしょう。

愚痴はさておき、
中央線で新宿に出て、埼京線で大崎へ行き、りんかい線で国際展示場前駅に降りたちます。

冗談にもならない強烈な日差しを避けながら徒歩10分と長めの距離を歩くと、
やって来ました『東京都水の科学館』。

ちなみに入場無料です。

エントランスホールはこんな感じで水が流れています。

滝もあって涼し〜い

1Fでは長時間遊べる感じではないですが、
本格的な水鉄砲は結構イイ感じ。

子供らもソコソコ遊んでいます。


2Fでは水道の敷設の大変さや災害時に備えた水道局の施策、水に関する理解を深めるコーナーが並んでいます。

むちゅこがはまったのはコレ

肉マンのモデルでーす

3Fにはミニシアターがあって1F受付で整理券を貰えば観ることができますが、
結構な迫力にビビリのむちゅこ大号泣。

水源地の森林について知る事ができる展示ではクイズコーナーがあって、成績優秀だと写真を撮ってくれるなど、日本科学未来館ばりのイマドキな展示方法で子供らも楽しめました。

娘と二人でポンプ室の見学ツアー(これも整理券方式)に参加しましたが、
これも工夫されていて楽しめました。

ネタバレになるのと撮影NGにて画像はありませんが、
こんなところでプロジェクトマッピングが効果的に使われるとは思いませんでしたし、なかなかベタなお笑いも交えており、来館の折は是非参加される事をお勧めします。

午前中をみっちり涼しく過ごし、昼をどこかで摂る時間となりましたが、
館内や隣接地には食事ができる店などは無いので、移動する事にしました。

涼しい季節ならゆっくり散歩しながら店探しもアリですが、
暑すぎて、隣の区画に移動するのも命がけな気分。

さてどっちに向かおうかっ

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/10(月) 07:46:29|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

扇風機を爆買い(2台(爆)) その選び方とは?

エアコン苦手なカミさんの方針で、エアコンが3台ありながら就寝時は使わないで過ごす我が家。

社宅在住時は南北の窓を開けて風を通せば良かったのですが、
木造2階建では屋根の熱がこもり、3つの部屋がいずれも微妙に風通しの悪いレイアウトでもあり、
既存の扇風機1台ではとてもこの夏をしのげません。

目の前の森の冷気を扇風機で取り込みさえすれば、そこそこ快適に寝られるので、
急ぎ扇風機を購入する事にしました。

ンなもん通販で翌日来る様に手配すりゃええやんけ、というご意見もありますが、
扇風機は実物を見ておいた方が良い、という理由が。

我が家の13年の歴史の中で、運用された扇風機は3台。

そのうち2台は明らかにチョイスミスでした。

1台はドンキで適当に買ったブランド不詳の安物でしたが、
使っているうち首振り時に『ギギギギ・・』と奇怪な音をたてる様に。

我慢できずに廃品回収業者に出してしまいましたが、
やっぱり安物はダメだなーと。

その教訓から購入した1台はソコソコ値段がよろしい日立製。

バルミューダがヒットして、各社がデザインを真似たいわゆる『にせミューダ』ですが、
バルミューダよろしく超微風が使え、これは就寝時にも使えると導入しましたものの、そこにはでっかい落とし穴が。

LEDのインジケータが明る過ぎるのです。

真っ暗にしなければ寝付きが無茶苦茶遅〜くなる子供達の寝る部屋に使うには、ビカビカ光るインジケータを隠すしかないのですが、その位置は柱のど真ん中(爆)

メーカーもんで高けりゃいいってもんでもないのねーっ

やむなくインジケータをでっかいバスタオルや座布団で隠すという余りオススメできない方法で運用しているのでありました。

というわけで、
実物をちゃんと見て、我が家の運用に合ったものを買おうというわけですが、
平日夜に遠距離通勤から帰り、自宅近辺で家電が買える所といえばジョーシンアウトレット三鷹店。

屋根付き自転車で閉店30分前の20:30に乗りつけます。

扇風機・エアコンが無いとやってられない季節、
置いてある機種はアウトレットといえどよりどりみどりの状態、
のはずが、実際見ていくとそうでもない事が判明。

メーカー物で高いものはLEDビカビカ、リモコン付き、果てはプラズマクラスター付きと余計なものばかりついてきます。

シンプルでLEDが小さいものは、値段が安いものの、指定される使用年数がメーカー物の10年に対し、6年しかありません。

実際には自己責任でもっと使われるのでしょうが、
メーカー物の半分くらいしか使えませんではねぇ・・

またギギギギと首振りされてもいやなので、これはパス。

なんとサーキュレーターもLEDビカビカ、首振り機能付きが主流になってました。

そしてLEDなしのモデルは使用年数がなんと4年。

短ーっ!

LEDが明るくないものを選べば使用年数が短く、
使用年数を長いものを選べばLEDビカビカの二律相反。

うお〜っどないすりゃええねんー

とはいえ買わないわけにはいかないので、
閉店ギリギリまで悩んだ結果、選んだのがこちら。

粉飾決算で大変なT社の『うそミューダ』と、冗談半分でLEDなし首振りあり使用年数4年の山善製サーキュレータです。

いずれも超微風が出せ、ビカビカしてないので夜通し使えると。

サーキュレータは使えなかったとしても諦められる金額だったのと、
屋根付き自転車で普通の扇風機2台積みは厳しかったのでやむなく。

さて、つかってみての感想は・・・

T芝『えせミューダ』はなかなかの使い心地ですが、
風呂上がりにグオーってな感じに風量最大で当てたい時のパワー不足が気になるかなーと。

微弱の風の具合ばかりチェックしていたのは失敗でした。

自重軽い&消費電力小さい=パワー小さい なのね。

サーキュレータは強風時の音がやかましいのと、LEDなしにこだわったためタイマーなしにしてしまったのが失敗だったかと。

朝まで熱帯夜ならアリですが、
明け方に冷気が強くなろうものなら微風でも身体が冷え切ってしまいます。

自分の詰めの甘さに反省囧rz

それでも扇風機が3台揃ったので、
今年はこれで夏をしのぎますかぁ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/07(金) 07:42:34|
  2. 夜のサイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京浜東北線止まるわ 横浜花火大会混むわ よう帰らん(後編)

花火大会が終わらないうちに横浜駅に歩いてたどり着けばいいものを、
途中で入ったホームセンターにうつつをぬかし、花火大会帰りのギャラリーに巻き込まれた私。

交差点で交通整理・誘導をする警察官には既に京浜東北線不通の情報は入っており、
しきりに『桜木町駅には行くな』とアナウンスしています。

幸い行列は立ち往生する事もなく、
可愛く着飾ったお姉ちゃんらに囲まれながらゆっくり進むのはなかなか悪くないなと思う私は立派なオジサンでぇす(´∀`; )

横浜駅を向かう地下道は網目の様に張り巡らされているおかげで、
人混みがばらけて混雑はかなり緩和。

それでも駅直前に入るあたりから混雑がキツくなっていきます。

自分が横浜駅に着いた時にはまだ構内への入場規制が掛かっていませんでしたが、
上野東京ラインのホームに上がると、その異様さに気がつきます。

いつもは乗り場1本で運用されている上野東京ラインの上りホームの両側に電車が止まっており、
そのうち1本は列車の全長の半分以上ホームから出発した状態で立ち往生。

湘南新宿ライン・横須賀線のホームでも列車が止まっており、車内に客はまばら。

止まっているグリーン車に結構空きがあった様で、
座って待つべくホーム上のグリーン券売機に行列ができていました。

こんな事はいつもは見られません。

グリーン車で待つのもオツかなと一瞬思いましたが、
周囲の異様な状態から、とばっちりを受けたJR路線も早期の運転再開はない、と踏んで、振替輸送を使う事にします。

京急に乗ろうと思いましたが、
先に見えた東横線へ向かう道が思いのほか混雑していなかったので、『横浜港の花火大会ゆえ、見物客は東京湾沿岸部在住者が中心で、多摩川・相模川の花火を見る機会のある内陸部在住の観客は比較的少ない』と読み、渋谷に向かう事にします。

後で見たニュースでは運転再開は22時半、京急品川駅では大混乱でしたので、
グリーン券を買っていたら運転再開まで2時間も待たされ、京急に乗っていたら品川で巻き添えを食ったところでした。

花火大会帰りの客でごった返してはいましたが、東横線の通勤特急に乗車し、

20分遅れで渋谷に到着だったの上出来でした。

渋谷ではダイヤが乱れているであろう埼京線をパスして山手線に乗車。

新宿では、これまた中央線がとばっちりでダイヤ乱れにて、時間調整でかなり待たされましたが、
なんとか22時半には家につく事ができました。

ニュースを見て当分ダンナが帰って来ないと踏んでいたカミさんには驚かれましたが。

今回のアクシデントで教訓となったのは、
すぐに復旧するかどうかは置いておいて、
振替輸送があるなら躊躇せず、すぐに乗りかえろ、という事。

また、花火大会での混雑という特殊な状況下で、群衆のマジョリティは何処に向かうのかを読んで、裏をかくことの大事さを痛感した次第。

そしてホームセンターに立ち寄るのもええ加減にしておけっ、という事でしたギャフン

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/06(木) 07:57:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京浜東北線止まるわ 横浜花火大会混むわ よう帰らん(前編)

仕事が引けたので残業もソコソコに会社を後にした8月4日18:30。

新杉田から京浜東北・根岸線で横浜に向かうも、関内の手前で車内の照明が消えました。

まるで取手や下関の死電区間を通過したみたい。

しかし照明は戻る事なく関内駅に惰性で滑り込みます。

お姉ちゃんたちは『停電で電車のブレーキ効くの?』といった様な不安な顔をしますが、無事到着。

関内では機器の点検が行われ、コンディションが回復したらしく、桜木町まで走るも、ここで運転見合わせとなりました。

原因が架線の断線であった事は、帰ってからニュースで知る事になります。

車内で缶詰にならないだけマシでしたわ。

外ではバンバン音がしているので、
落雷による停電かと思いましたが、
音は横浜港での花火大会によるものだったのでした。

少し車内で粘り、復旧を待ちましたが、
見通しが全く立たないとの事、
花火大会での混雑もあり、横浜市営地下鉄での振替輸送を使うのには出遅れたため、
歩いて横浜駅を目指します。

横浜駅まで歩けば湘南新宿ラインも上野東京ラインも横須賀線もあるので、どれかしらに乗れるだろう、と。

いつもならY’sロード横浜店に寄るところですが、
折角の花火なので、
チラ見していく事に。

おお、結構見える。

会場から少し離れていても、ビルの合間から見える場所には結構なギャラリーが陣取っています。

とはいえ花火大会が終わってしまったら見物客が駅に押し寄せるのは必至。

京浜東北線が使えないとなると駅も混乱するでしょう。

ギャラリーより先に横浜駅に着かなくては、と思った矢先に目の前に現れたのは、
セキチュー横浜みなとみらい店。

普段ホームセンターに行きたくても行けない自分、未開拓のこの店に吸い寄せられていきます。

店内はなかなかの品揃え。

芝生のエアレーションができるサンダル!
欲しいっ!

2Fにはキャンプ用品も自転車もかなり揃えています。

当サイトでお馴染みの塩ビシートもよりどりみどり。

ペタペタつかない加工がされた塩ビシートがたくさ〜ん♡
こんな所に売ってたのね。

ママチャリ関連のパーツもラゾーナ川崎のユニディをはるかに凌駕します。

これで駅から近かったらな〜(吐息)

少し買い物して店を出ると、ちょっと様子が変。

もしかして花火大会終わってまつか〜?!

どうなる?俺

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/05(水) 07:38:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三鷹に超常現象起きる?

三鷹市内なのに目の前は深ーい森
自称『リゾート三鷹るい沢』の我が家。

この暑い中でリゾートといえばプールでしょ、というわけで、キャンプ用のシェードと椅子とプールを庭に出す事に。

元より庭に芝生を植えたのも、
芝生の上にプールを置いて、むちゅこを遊ばせるのが目的だったので、
念願の庭プールというわけです。

膨らますタイプではないので撤収が楽なこのプール、社宅時代からのもので、
当時は社宅のゴミ集積所の清掃用水道から水を引いて、その横でプール遊びをするという傍目には悲しい運用をしていました。(遊んでいる子供らは大盛り上がりで、社宅の社交場と化していましたが)

シェードを建てて、プールと椅子を置いて、水を浅〜く入れて完成。

むちゅこも最初はおっかなびっくりでしたが、すぐに慣れました。

陽射しの向きが変わればサイドのシェードの向きを変えて、日焼けを防げますが、
シェードの中で立っていると、こもる熱気にやられてしまうので、
大人もプールに一緒に入ってしまうのが一番です。

人目を気にせずプールに入れるので、大の男がパンツ一丁でも無問題。

『これは海パン』と言い張れば、海パンと化します(大爆)。

むちゅこが引き上げた後も父だけゴロ寝して浸かっている図はなかなか異様です(爆)

芝生の養生のため、必ず水を抜いて撤収しますが、
その跡には、

おお、ミステリーサークル出現っ
日テレ呼べ呼べ(大爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/04(火) 07:37:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する⑨

『屋外保管用子乗せ座席カバー製作プロジェクト』は、
現状限りなく『デフォルトの風防&座席モディファイ』となりましたが、

『簡易に使え、簡易に畳めるカバー』というコンセプトはなかなか実現しにくいものでして。

一番のネックはカバーの材料として考えていた屋根付き自転車の初代前掛けの材料の余りである薄手の塩ビシートの使いにくさ。

折り畳むとシート同士がピタピタくっつくので、これを毎回ペリペリ剥がして展開するのがかなり面倒。

かといって厚手のシートではそもそも折り畳みし辛く重い、と。

風防とカバーを一体化させる事も考えましたが、かさばって走行に影響しそうだし、
巷で売っているタイプをコピーするにも手持ちの材料では足りず、追加購入するくらいなら既製品を買った方がいいと。

そんな中、
『ピンポーン』
と宅配便が持ってきたのは、
カミさんが手配してくれた敷布団の打ち直し品。

安物に買い替えるより値は張りますが、
元々良い布団だったので打ち直しがベストとの事ですが、
これが入っていた布団圧縮袋に着目。

空気が漏れない様に厚手で、しかも畳んでもペタペタくっつきません。

これなら日々畳んで展開する時のストレスは無いはず。

早速色々な向きで子乗せ座席に被せてみます。

雨が座席に入らない向きはこんな感じかな?

目星をつけて余りをカット。

端面をビニールテープで包んで、

袋の継ぎ目もビニールテープを貼って、
補強&畳んだ時の折り目にします。

このままでは手作り感満載で、ビニールテープがいつ剥がれてもおかしくないので、
カミさんに上からミシンで縫ってもらいました。

ビニールを縫う場合、ミシンの布送り機構が滑って全く前に進まないので、手で強制的に引っ張って布送りする必要があります。

上糸と下糸のテンションも布を縫う時とは違う様で、糸が絡まらない様にするのに一苦労。

まぁミシンでビニールを縫うなんて想定されていないので仕方ないのですが・・

縫い終わって畳んだ姿がこちら。

こんなものを自作しているなんて誰も気付きゃしないでしょうね。

ふらっかーずに装着した姿がこちら。

う〜ん、見た目はイマイチしっくり来ませんが、
雨除けの機能はバッチリ満たしているのでこれでOKとしちゃいましょう。

コンパクトに畳めるので、保管時だけでなく急な雨の際にー被せてむちゅこを濡らさずに帰着する事も可能です。

万が一無くなったり破れたりしても、原価ほぼゼロなので悔しくはないですが(爆)、
装着早々強風で飛ばされそうになったので、ゴム&フックか何かで対処しようと思います。

一応完結、ということで〜

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/03(月) 07:47:41|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (92)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (160)
自転車以外でおでかけ (142)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR