Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する⑧

座席のモディファイが終わったので、
本題のカバー作りに戻ります。

とはいえ、まだデフォルトの風防のリモデルさえ終わっていない状態、
スカスカになっている風防足元部分の製作をしなくては。

ここは完全な現物合わせの世界。

新型シエンタの広告で型紙を作ります。

今度のシエンタ、いいなあ。

先代は全く食指が伸びなかったが、
新型のアグレッシブなデザインはなかなかカッコ良く、
『シトロエンだよー』って言われたら買っちゃうかも(爆)

ジョキジョキ切った型紙は半分だけ。

これで左右対称に下書し、塩ビシートを切り出せばOKなのですが、
風防の正面部を切り出した際の端材を有効利用するため、左右別々に2枚を切り出しました。

これにはもう一つの理由が。

屋外保管ゆえ、カバーは雨除けとして常に着けた状態となりますが、
だからといって暑い中カバー全閉で走るのは、熱がこもり不快であろうと。

そこで2分割し、ホックで必要に応じ開閉させれば風も通るというわけです。

左右両端の接合部はタイラップで固定するためハトメを打ち、
2枚のシートの接合部のうち、両端のハトメとタイラップでテンションが掛かる直線上にリベットを打って一体化させ、
残りは走行時が空気の通り道・保管時のみカバーとなる様にホックを打ちました。

ふらっかーずに装着した姿がこちら。

既製品と変わらない様ですが、
塩ビシートの厚みが違うのと、

こーんな感じに開けて空気の通り道を作る事ができるのがミソ。

これでデフォルトの風防のリモデルは完了しました。

あとは肝心の上を覆うカバーですが、
これがなかなかの難題・・。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/31(金) 07:51:34|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する⑦

ふらっかーずの座席の改善という横道にそれた前乗せカバー自作プロジェクト。

使い勝手でもう一つ気になる部分がありました。

こどもを座らせてからベルトを装着するため引っ張り出す作業の妨げになるのが、シートのサイドクッション。

このクッションはプラ製の座席だけでは硬くて痛かろうと、座席内側に張られているものですが、
そのサイド部の固定がなんとも貧弱。

薄い塩ビ製のリングにベルクロを貼って、ベルクロを介してクッションを固定するのですが、

このベルクロがペリペリ剥がれて付け直しが面倒な上、
しまいにはベルクロ自体が剥がれて無くなったり、薄手のリングが切れたり無くなったりしてしまい、こーんな感じに。

これでは子供を乗せる時に倒れたクッションをいちいち直さなくてはなりません。

シートベルトも取り出しにくいのでストレスに。

というわけで、クッションに穴をあけて、ハトメを装着。

表皮が結構しっかりしているので、ハトメもバッチリ固定されました。

この部分から破れる事もないでしょう。

あとはタイラップでハンドルに固定して出来上がり。

こうしても操舵には全く影響なく、
クッションがパチンコのチューリップの様に上に開いた状態のまま固定されているので、むちゅこをスムーズに乗せられます。

ハトメを使っているので、
あたかもデフォルトでそうなっていたかの様なのもgood。

元々は取り外しできる様にというメーカーの配慮だったのでしょうが、ポロポロ取れるよりはシッカリ固定してくれた方がいいなぁ。

ハトメとホックは108円と大した値段ではありませんが、こういったモディファイは効果抜群なのでオススメです。

さぁ、そろそろカバー製作に戻りましょうか・・・

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/30(木) 07:41:53|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝!来訪者1万人突破

昨年5月からブログを開設し、
毎日平均30人くらいの来訪を頂いております拙ブログ、
おかげさまで来訪者1万人を突破いたしましたー
*\(^o^)/*

超ニッチな拙ブログを毎度チェックして頂いております皆様に改めて感謝申し上げます。

ブログ村の『変わり種自転車』カテゴリではずっと1位を頂いておりますが、このカテゴリ自体エントリー数が超少ない小山の大将(大爆)

WildcatとMobikyの記事アップが停滞しているのが反省しきりです。

むちゅこの手が離れてきたらそっち方面でやりたい事が沢山あるのですが、
今はむちゅこに昼夜問わず振り回される毎日。

結果としてネタが妙に絡みにくいものばかりなので(爆)、
コメントもし難いところもあるでしょうが、
イジって頂けると励みになりますので是非。

Wildcat俺持ってる系
屋根付き自転車を見かけたぞ系
Mobikyの件はどないなった系
サイフを拾ったがアンタのか系(爆)

お待ちしておりまーす( ^ω^ )

さあ、次は10万人突破だっ

一体それっていつよ〜(大爆)


🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/29(水) 07:33:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する⑥

風防はできたものの、そこから先をどうするか、なかなか構想がまとまらないため、
少し脇道にそれて子乗せ前座席の使い勝手の改善から着手する事にしました。

そうしているうちにいい考えも出て来るだろうと。

まずはシートベルトから。

子乗せのシートベルトは、子供を乗せてからタイトな座席と身体の間に挟まっているクタクタのベルトを引っ張り出して装着するため、なかなか面倒な作業です。

メーカーではこれに対してベルトを巻くカバーを被せ、なんとかクッタリしない様にしていますが、
材質が薄い塩ビシートとウレタンなので、使っているうちにベルトと同じくらいクッタリして役に立たなくなります。

丸い頭みたいな所がクッタリすると途端に使いづらーく。

というわけで、屋根付き自転車の後カゴカバーに使った塩ビシートの端材が登場。

ボールペンで型取りし、カットして、アメリカンホックを付けて完成。

バックルとの一体性を持たせるため、
バックルの裏に塩ビ用強力両面テープを使い、

貼り合わせて装着完了。

クッタリ感は皆無ですが、コチコチでもないので装着感は悪くないはず。

更にショルダーベルトのカバーも端材で自作。

打ち具の代用に使っているステーキの鉄板とプラハンが結構シュール(爆)

こちらもクッタリ感がなくなって、ベルトの装着が楽になりましたー。

最初からメーカーがこういう丈夫な材質で作ってくれるといいのですが・・

ジミーな改造ですが、効果はてきめん、オススメですゾ。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/28(火) 07:36:20|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する⑤

前乗せ風防用の塩ビシートを切り出すと、
正面とひさしの部材をリベットで固定し、
ハトメとアメリカンホックを取り付けてからフレームに装着していきます。

本当はリベット打ちの敷き金とカナヅチがあればいいのですが、
ステーキ用の鉄板とプラハンで代用しているので作業性は悪すぎ(爆)

それでも全ての金具を付けて、風防上部は無事リノベーションされました。

カミさんは重くなったとボヤキますが、
ビリビリ破けない最低限の厚さにしているし、自転車に装着したら重さの違いなんて分かりゃしないので聞き流します。

拘束治具(=麻ひも(爆))を外して自転車に装着。

おお、自画自賛。

多めに打たれたリベットと、ちょっと厚い塩ビシートのおかげで、
少しだけ重厚な感じですが、
まず手作りとは分からない出来です。

この後は風防の前掛け部分と肝心の雨除けカバーの製作ですが、
ここからどう作るかがイメージしにくく、なかなか着手できません。

ひさしのフレームにホック留めのカバーを作ろうかとか、フレームを追加してワンタッチで開閉できるようにしようかとか、
構想は浮かびますが実行には至らず。

カミさんが毎日使うものなので、使い勝手で変な妥協をしたり、ギミックに溺れて使い物にならないのもNGなので。

う〜ん悩みますな。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/27(月) 07:37:35|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する④

型取りした途端に根本的な段取りミスが判明したカバー自作プロジェクト(爆)

それに気がついたのは、型紙を切り出してから、フレームを前乗せ座席に付けてイメージ作りをしようとした時でした。

フレームを取り付ける時にはフレームを内側に曲げてから取り付けなくてはならない
→切り出した型紙ではオーバーサイズになる
という事に気がついてしまったのです。

フレームを取り付ける幅に紐で固定して、切り出した型紙に当てると・・・

あー、やっちまいました。

下の方がブカブカです。

というわけで型紙を修正。

ひさしの部分は幸いそのまま使える事がわかりました。

ひさしの部分には取付用のマチが無いので、
マチだけ切り出して

貼り付けます。

この型紙を元に、塩ビシートに下書し、

切り出し&ホック・ハトメの下穴開け完了。

う〜ん、まだ先は長い。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/24(金) 07:48:52|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する③

使い古しの風防の骨格をベースに前かごカバーを作成するのですが、
この風防が曲線主体のフレームゆえ、製作には現物合わせが必要です。

というわけで、まずは型紙とりから。

広告を貼り合わせたものにフレームを乗せて、型取りをします。

前面部は平面なのでテーブルの上で型取りすればいいのですが、
ひさしの部分は曲面になるので、それができません。

養生テープで紙をフレームに貼り付けて、

立体的に現物合わせができている事を確認してから型取りし、カットします。

切り出してみると微妙に左右非対称になっており、型紙方式で現物合わせしないと失敗するところでした・・・

が、切り出したところで何かいや〜な予感が。

ええ〜っ いきなり手戻りですかーっ?

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/23(木) 07:50:06|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後ろカゴカバーをなんとかする計画 完結編

待ちに待った休日到来、
カゴカバーができたら既に梅雨明け、では目も当てられないので、
最後の作業にかかります。

まずは接合力の弱いバネホックをニッパーで全て除去。

バネホックを除去すると下穴だけが残るので、そこにリベットを打ってやり直すわけです。

一部アメリカンホックを使っていた部分がありますが、これを外すと痕が目立つのと、バネホックより接合力が多少あるので、そのままにします。

箱型になった隅のリベットを打つのは結構面倒。

今思えばD2に置いていなかったジャンパーホックを使ってさえいればこんな事にならなかったのに、と言っても始まりません。

四苦八苦してできたのがこちら。

見た目は全く変わりませんが、接合強度はバッチリ上がっています。

装着してみるとこんな感じ。


ヒンジ部を上に上げたので、引きつれ感が出ちゃいましたが、使用上の支障はなさそう。

当初バギーを運ぶ前提でヒンジ部を脱着可能としましたが、
バギーを運ぶ機会もかなり少なくなっているので、ハトメ&タイラップで固定し、普段使いで外れない方を優先させちゃいました。

開閉もラクラク。

通勤カバンもスムーズに出し入れできます。

もう開け閉めが煩わしいジッパーには戻れませんな。

紆余曲折がかなりありましたが、これで後ろカゴカバーは完成。

いや〜長かった。
ってもう梅雨明けですか?ギャフン

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/22(水) 07:37:51|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イヤホンを買い替える

毎日の通勤で欠かせないタブレット端末ですが、
これに使うイヤホンが久々に壊れました。

通勤中にYoutube見たり、
新杉田駅手前で目覚まし鳴る様にしていたり、
はたまた電車内でのトラブルに巻き込まれない様に馬事雑言が聞こえぬふりをしたりするのに必須なのですが、
使い勝手と価格で満足できる品に出会う確率が無茶苦茶低かったのです。

ピンジャックの形状がストレートだとすぐにコードが割れて使い物にならないし、
カナル型でないと耳からポロリと外れて面倒だし、
100均やカ○ンズの安物は昭和40年代のかっ!ってくらい音質は最低で、
ピンジャックの強度も数ヶ月もてば御の字というくらい耐久性も皆無。

そんな中で今まで使ってきたmaxellのイヤホンは値段、コードの耐久性、音質がまあまあで良かったのですが。

粗といえば本体カバーが外れやすくなり、接着剤でリペアしたくらいでしょうか。

しかしとうとう、コード内の断線なのか、音が片方聞こえなくなったので、買い替えする事に。

このイヤホンという代物は、
値段が倍高ければ耐久性が倍かといえば、そうでないのが困ったもの。

でっかいヘッドホンと違って試聴もできないし、ハズレを引く可能性が高い代物です。

ともかく買わないわけにはいかないので、
楽天で探して見つけたのがこれ↓

同じマクセルつながりで、2本セットで700円しないというバルク品。

外箱なしで小袋に入って郵送、との事、
中身がちゃんとしていればOKという事で。

最悪ダメなモノでも700円しなければ諦めもつくというものです。

んでもって送られて来たのがこれ↓

ホントにビニールだけに入って来ました。

コードをほどいてみると、何故値段が安いのかがすぐに判明。

・・・コードが、硬い。

いまどきのイヤホンのコードは曲げ癖がつかない柔らかいのが普通ですが、
これはパソコンのアダプタに使われている線と同じ材質の被覆なので、曲げ癖がバッチリついちゃいます。

なので、よく絡まる絡まる。

とはいえ自分はイヤホンをタブレット本体に巻いて持ち運ぶので、まあ支障はないかなと。

音はまあ悪くないし、コードも丈夫そうなので、しばらく使えそうです。

割り切って使えば、2個入りだしお得な買い物です。

ところでイヤホンって左右を間違えずに着けるのに、
小さいL・Rの文字をいちいち確認するのは面倒。

イヤホンを買っては捨てを繰り返している自分は、こんな裏ワザを使っています。↓

左が白で、右が黒(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/21(火) 07:37:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する②

雨で前乗せ席が濡れない様にしてほしいとのカミさんのリクエストで、カバーを自作する事になりましたが、
使い勝手の良いものを作るのは結構難しそうです。

屋外保管のため、常時装着はしていたいが、
晴れている時、特に夏の暑い時にカバーで包まれた状態のままむちゅこを乗せるのは熱中症のリスクがつきまとうので避けたいところ。

塩ビシートだけでこんなのを作ると、

クッタクタなものが出来ちゃうのは屋根付き自転車の後ろカゴカバーで思い知らされていますし。

というわけで一部骨組みあり、一部取り外しというのが落とし所かと。

幸い我が家にはふらっかーず購入時に導入した風防のボロがあるので、

こいつのリニューアルを兼ねて作ってみる事にしました。

今回使う塩ビシートは、アシスト無し自転車につけるので、より軽く、ベースの骨組みありなのでより薄く、を追求します。

結果後ろカゴカバーの2mm厚より極力薄く、かといって風防のデフォルトの厚さみたいにビリビリ破けない0.75mmとする事に。

ケーヨーD2小金井店でメーター売りで一番安くて満足する強度のものを選んだだけではありますが、メーター1,000円未満だとかなり得した感じです。

同時にリベットを購入しましたが、こちらは足が長すぎた様で、デッドストックにしちゃうところ、

100円ソコソコでももったいないので、
ニッパーで足を切って端面整形し、打ち付けた時に足が曲がりやすくする筋をつけて使う事にしました。

あとは在庫となっていた屋根付き自転車の初代前掛けに使った薄い塩ビシートとホックを準備します。

今回新規に買った材料代はリベット打ち具込で1,500円くらい。

今回は四角の形状じゃないのと、使い勝手を追求しなくてはならないので、作業は難航しそうです。

それでも安物自転車カバーが完全にビリビリになる前になんとかせねば。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/17(金) 07:48:29|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇都宮の商談会に行ってみた

新しいベンダーさん探しを仕事としているこたみですが、今年は未探索の北関東を攻略しようと、
宇都宮市で行われる栃木県の商談会にお邪魔する事に。

東京や横浜開催以外で交通費自腹での参加は初めてにて、参加するからには是が非でも良いベンダーさんを探さなくては。

商談会場は駅から徒歩圏内というのが普通なのですが、
県内や近隣県からの発注=クルマでの来場を想定したのか、宇都宮駅からの徒歩でのアクセスは絶望的な場所での開催。

バスはソコソコ通っている様なのでめげずにエントリーします。

三鷹から宇都宮まで120kmばかり、新幹線で行きたいところですが、
湘南新宿ラインで行けば毎日の通勤時間と変わらぬ所要時間で着いてしまうので、敢えなく自粛。

というわけで着きました宇都宮駅。
ディーゼルカーが何気にとまっているのがてちゅオタの父としては嬉しいですねー

さて、いつもの通勤と同じ時刻に家を出たので、商談会開始時刻まで余裕ができてしまいました。

調べてみると、宇都宮ブリッツェンを擁する自転車の街だけあって(?)
レンタサイクルがある事が判明。

指定する市営駐輪場なら発地以外でも乗り捨て可能、一日100円の格安料金なので、借りる事に。

雨に降られるか降られないかの微妙な天気の中、出発します。

放置自転車を再生したレンタサイクルは、ペダルのベアリングがイカレ気味ですが、シングルギアのダイレクト感が久々で新鮮。

大谷石の見られる所まで、と思いましたが、距離と猶予時間の関係で断念、
市内をウロウロだけします。

宇都宮の『宮』の語源となる宇都宮二荒山神社も見られたのは自転車ならではの事で。

宇都宮ってロードが盛んというイメージでしたが、元々競輪があるわけなのね。

でもさすがは自転車の街、自転車レーンが整備されていて羨ましい〜

川の水もキレイ。

遊び釣りなんかいくらでもできるんだろうな〜。
ザリガニ1匹とるだけで大移動しなけりゃならない三鷹とは大違いで羨ましい限り。

川沿いをサイクリングというのもいいなぁ。

なんだか雲行きが怪しくなってきたので、商談会場に。

会場であるホテル東日本宇都宮はJR・東武の両駅からビミョーに離れているホテル。

結婚式・披露宴がメインの業態の様で内部はなかなか豪華絢爛です。

商談会は企業と企業のマッチング、という意味ではアリですが、
『ビジネスライクで味気ない場所でいいからぁ〜駅に近い所でぇ』と思うのは、
レンタサイクルで商談会に来ちゃう私だけでしょうか(爆)

商談会は14社と面談。

1社20分間の面談時間内で、業者さんの得意分野と我が社の発注案件がマッチするかの見当をつけていきます。

そもそも取引する気があるか、受発注の段階で不具合が発生した場合に対応頂けるヤル気と資質があるかも見極めるので、結構集中力が必要です。

15分間では見極めするには短すぎ、25分間では話が間延びし長すぎるわけで、今回は見極めしやすい商談会ではありました。

見極めしやすかった、という事はダメだった業者さんもいるわけで、
発注できるアイテムや条件が合わなかったり、ここには任せられないと確信してしまうKYな二世役員の来られた残念な会社があったりと、
取引開始のスタートラインに立てそうな会社さんは1〜2社といったところ。

価格コンペを経て発注できるアイテムがなけなしだったりするのは申し訳ないし、
営業の方が技術面の知識が無く意思疎通ができなかったり、不良品を納入して居直る様なダメな会社(これが実際にあるので困る)をふるい落とさなくてはならないので、
止むを得ないのですが。

いつも商談会が終わると、ドッと疲れが来ます。

帰りは東武宇都宮駅前でレンタサイクルを返し、栃木駅からてちゅオタの父らしくスペーシアに乗ろうとしましたが、

あいにくこの時間帯の臨時便が運休の日で、区間急行で時間だけかけて帰って来ましたギャフン

自腹でやまびこでも乗ればよかった〜(涙)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/16(木) 08:36:15|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっかーずの前乗せ用カバーを自作する①

引っ越してから自転車が屋外保管になってしまいましたが、自分の乗る自転車以外にも影響がでています。

むちゅこを乗せるふらっかーずの前座席ですが、

雨が降った後に座らせると、いくら座席を拭いてもクッションとシェルの間に残った水滴が、むちゅこのズボンを濡らしてしまいます。

濡れても乾くじゃん、男の子だし大して困らないのではと思いきや、
リトミックなどのイベント参加の際に、オシッコが漏れていると周囲のママさんに間違われてしまうのだそう。

その度にいちいち説明するのも面倒だし、そもそも周りの心証も悪くなるので、
カミさんが100均で自転車カバーを購入したものの、

炭カル入りゴミ袋並みの薄さ&強度のため一発で穴があく始末。

こんな粗悪品売らんでくれぇ〜い

本当は、こんな感じのカバーがあればいいのでしょうが、

値段が高い上、閉塞感からむちゅこが乗らないと言い出したら目も当てられないので、購入に踏み切れないとの事。

ユニディでも売ってましたが、

う〜ん、確かに高い。

というわけで、カミさんの相談によりまたまた新プロジェクトが立ち上がってしまいました(爆)

次回、自転車ビフォー・アフター(爆)
塩ビシートの魔術師(自称)が使うのは何?
お楽しみにっ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/15(水) 07:36:42|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白元エアドーム を買ってみた

目の前が森の我が家、
GW後は蚊の猛攻により虫除けを塗っても刺されずに済むのは至難の業。

しかしこれから芝刈りや庭仕事、プール遊びや花火をしたいのでなんとかならないかと検討をしておりました。

アウトドア用の虫除けキャンドルやペット用の虫除けも検討しましたが、
網戸の虫除けの効果なしと問題になったばかりの業界なので、
マユツバした上で最終的に選択したのがこれ。

白元『エアードーム』でーす

30秒ごとに薬液を少量ずつ噴射し、
蚊が来ないエリアを作動後10〜30分から形成する、というもの。

購入者のレビューも効果あり・効果なしでパックリ割れておりますが、
森に遮られ庭の風が強くない我が家なら使えない事もなかろう、
ダメでも3千円くらいなら諦められるかと。

楽天でポチって到着したのがこれ。


早速電池とボトルをセットして使ってみます。

スイッチを入れて10分くらい庭に放置し、

いつもはつける虫除けを塗らず、芝刈り作業に入ります。

・・・いつもは雲霞のごとくまとわりついてくる蚊が少ないかなぁ、という感じ。

ただ風があると途端に効果が落ちます。
当たり前といえばそうですが。

微風といえど風向きがコロコロ変わるので、別途蚊取り線香を用意して2方向で対応するか、塗る虫除けとの併用は必要かと。

蚊取り線香2つでいいじゃん、ってな突っ込みは御免という事で。

薬液はパイロットランプが点滅すると・・

シュボッてな感じで噴射。

1ボトルで30時間分との事、
予備含め2ボトルでひと夏は十分かも。

どんなシチュエーションでも使えるわけではなさそうですが、
これから使えるパターンを探っていこうかと思います。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/14(火) 07:50:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後ろカゴカバーをなんとかする計画 やり直し編②

ホックの接合力が圧倒的に弱いため、接合のやり直しとなった後ろカゴカバー。

購入し使っていたバネホックは大きいサイズでも接合力が弱く、


比較的接合力が強いと思われるジャンパーホックは、打ち具を新調しなくてはならず、


ハトメ打ち具に付属されていたアメリカンホックも接合力がイマイチ。

というわけで、別のプロジェクトで購入した打ち具が使え、接合力に勝るリベット締めにする事に。

休日に家族で訪問し、川崎のユニディよりラインナップが多く、使える事がわかった新宿南口の東急ハンズに行き、リベットを調達します。

東急ハンズ、自転車のコーナーもありますが、パーツ・工具はユニディに比べスポーツ車寄りのラインナップ。

ママチャリ用には今後もユニディを使う事になりそうです。

新宿の夜景を見ながら新宿駅に戻り、帰路につきます。

リベット締めの作業はスプリングホックより強く打ち付けるため、
部屋を締め切っても家じゅうに音が響き、夜にはうるさくてできません。

早く作業したいのになかなかできないのは結構ストレスになるのでした。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/13(月) 07:51:07|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガーデンライトを買ってみた

平日家に帰って来ると、
庭を眺めながら夕飯を食い、
シャッターを自分で閉めて寝床に入るというのが日課なのですが、
庭の照明を毎日点けるのもエコじゃないので、
最近色々な所で売っている太陽電池で充電するガーデンライトを設置しようという事に。

調べてみると、100均で売っているものから高価格のものまでピンキリのようです。

また太陽電池でエコ、といいながら、
実は充電池の寿命が1年程度と短く、
安いものは充電池が回路直結なため、ライト全体が使い捨てになるという反エコなシロモノ。

色々悩みましたが、
ソコソコの価格で安物感がなく、デザインも嫌味の無い、充電池が交換できるタイプを買おうという事にし、
別用で訪問したケーヨーD2で2個1,300円弱のこれを購入。

1個5〜600円くらいならダメでも諦められるかなと。

箱の中身はこんな感じ。

本体をバラし、

充電池(単4形)を取り出します。
直結式じゃなくて良かった〜

エネループと同じ1.2V単4のニッケル水素電池である事を確認し、

エネループの充電池で満充電にします。

取扱説明書では太陽光で充電してから使用、とされており、
充電器で充電したり、エネループに替えたりするのはNGとされていますが、
梅雨の今の季節、確実に満充電にする方法として、ネットに載っていた情報を元に自己責任で行います。

充電器が発火! なーんて事もなく、
充電器のパイロットランプもつつがなく消灯し、満充電完了。

これなら充電池がダメになっても替えが利くゾ。

電池を戻して庭に設置します。

暗くなると自動点灯。

2本設置した庭はこんな感じ。

庭全体を照らすにはあと10本要るかしら(爆)

でも雨の日でもちゃんと充電はして夜灯っているみたいなので、100均のものよりはまぁマシかも。

この日以降、ぼ〜んや〜り明るい庭を眺めるのが日課となりましたとさ。
ちゃんちゃん

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/10(金) 07:51:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後ろカゴカバーをなんとかする計画 やり直し編①

完成した後ろカゴカバーを屋根付き自転車に装着したのがこちら。

かねてからの要求仕様のカバーの高さもキープされています。

ほとんど乗っかっているだけ、という感じもありますが、補強のプラシートをラッチ代りにはみ出させているので、ある程度固定はできるかと。


雨天時は少し深めに被せれば、雨水が溜まる事もない、というわけです。

がっ!

肝心の接合に使ったホックの留める力が弱く、ポロポロと外れてしまいます。

構造上カシメ工具が使えないので取り付けやすく見栄えの良いホックを選び、
接合力をキープするため大きめのものを使ったのですが・・・

ホックの取り付け時の力加減によってはバネが死んでしまい接合力に影響がでるので、取り付けには慎重を期したはずでしたが、
元々このホックの接合力は大した事がなかったみたい。

結構沢山買ったのに、これは使えないなー。

イレクターパイプと接合したヒンジ部分は走った振動だけでホックが取れる始末。

本体もカバーの開閉だけでポロポロと外れて分解してしまうので、完全にアウト。

だめだこりゃ。

というわけで接合をやり直しする事になりました。

トホホ〜。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/09(木) 08:25:22|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

後ろカゴカバーをなんとかする計画 カバー実製作編②

一旦完成としたものの、クタクタで実用に供せないため、
芯か何かを入れる事にした屋根付き自転車の後ろカゴカバー。

何か硬めの素材で補強をしたいところ。

アルミやプラのアングルも考えましたが、
行き着いたのが、100均の書類ケース。

開け閉めに便利な様に、デッドストックだった取っ手を取り付ける事にします。

書類ケース1個から前後2枚のパーツを切り出すのに最適な方向を検討し、

切り出します。


既に取り付けたホックを使って塩ビカバーの内側から取り付けるため、
折り目を複雑につけて、ホックの凸を通す穴を開けるのは面倒ですが、
これ以上ハトメやホックを使うと手作り感が出てしまうのと、コストがかかってしまうので。

取っ手と作った補強材を組み付けて完成です。


クッタリ感はかなり解消され、イイ感じです。

よーく見ると補強材が塩ビカバーを内側から巻き込む様に組み上げられているのが判ります。

折り曲げを多くする事で薄いプラシートでも強度を増す事ができるわけで。

さて、あとは装着だけなのですが・・・

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/08(水) 07:51:00|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後ろカゴカバーをなんとかする計画 カバー実製作編①

型紙が出来上がった屋根付き自転車の後ろカゴカバー。

いよいよ材料取りに入ります。
ここからは失敗できないので慎重に。

型紙の上に材料の塩ビシートを被せ、ペンで線をなぞっていきます。

服を作る時と違って、透明なので作業は結構楽チン。

カット作業もハサミで切れるので難しい事はありません。

屋根の柱と接合する部分はジョイントとの寸法合わせをして、

緩過ぎず固過ぎずのところでホック取付穴をあけます。

2mm厚の塩ビシートは簡単に破れはしませんが、
角や隅の部分の応力集中を防ぐためにRをつけてカットします。

折り曲げる部分はRがつけられないので、
ハトメ用の工具でパンチ穴を。

これで応力集中防止と折り曲げ易さの双方を狙います。

ホックをつけて、組み立てたのがこちら。

手がかかる部分カバー下端部には、クリアファイルの背表紙を付けてみました。

結構サマになりました。

右下の部品は接合用のイレクターパイプと、両面テープをつけたキャップ。

早速つけてみました・・・が、

う〜ん、開けづらく閉めにくい。

柱に接合する部分を上に持って行っても、手前側がカゴに深く被さってしまいます。

厚手といっても塩ビシート製カバーゆえ、これ単独で形を作ってもクタクタになってしまうのは仕方がないのですが、
せめて横方向だけでももっとシャンとさせなければ開け閉めが却って面倒に。

まだ手を入れなくてはならないですな。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/07(火) 07:38:07|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後ろカゴカバーをなんとかする計画 取付部品調達編

今回製作する後カゴカバーは、積載容量確保のため、
後カゴに直接つけるのではなく、
屋根を支える後ろのイレクターパイプの柱に取り付け、カゴからは半分浮かせる方法を採ります。

そのためイレクターの部品を追加する必要が出てきました。

当初の構想ではこのジョイントを使って柱に短いパイプを買ってつけるつもりでした。

この形状のジョイントで横棒と兼ねる事も考えましたが、

金額・重量ともにかさむので、敢えて2つの部品で作ろうというわけです。

というわけで向かったのは、いつものユニディ川崎店。

イレクター売場に行って手に取ると、
なんだか様子が変。

これって左右対称じゃないのねーっ

手作り感を緩和するには左右対称がマストと考える自分にとって、これを使うのに抵抗感が。

同じ機能で左右対称の樹脂製ジョイントもありますが、

これは接着剤でつけるタイプのため、
強度・耐久性で劣り、
割れた時のリカバリが面倒。

というわせで泣く泣く重くて高いコイツを採用。

あとはカバー接合用のホックと取付工具を購入して退散します。

先に柱に仮付けしましたが、こんな感じ。

エンド部分は在庫で持っていたイレクターパイプ用のキャップがしっくりきました。

ジョイントをボルト締めすればキャップだけでも固定されるのは嬉しい誤算でしたが、本組みの際には脱落防止のため両面テープをかませるつもりです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/06(月) 07:50:08|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップリケ貼り付け小ネタ

カーテン自作の仕込みのアイロン作業の途中で、
カミさんがむちゅこのズボンを2本持ってきました。

聞くと、アップリケの在庫があるので貼ってほしいとの事。

1本はむちゅこが少しだけ通っていたがすぐやめちゃった○AC体操教室(写真に出てまんがな)のユニフォームのズボン。

これにむちゅこの大好きなパトカーのアップリケをつけてほしいとな。

T○Cのマークにアップリケを合わせると・・・

な、なんとTA○(しつこいっ)のマークがパトカーのフェンダーミラーに!

さすがは昭和40年代生まれのカミさんに座布団1枚!

むちゅこはこれを履いてMAC体操教室に通います(爆)

続いてむちゅこお気に入り(履きやすいだけだが)のオシュコシュのズボン(お下がり)に穴があいたので、
ショベルカーのアップリケを貼ってほしいと。

こんな感じで?

穴掘ってるんだし(大爆)

はい、却下で〜す

というわけで作業完了。

娘の時はアップリケってなかなか使う機会がなく、
安全上アイロンの出番を少なくした事もあり、デッドストックになりがちでしたが、
むちゅこの場合、服の痛みが早いのでリペアのための出番が多くなりそうです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/03(金) 07:49:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

細窓のカーテンを自作してみる

最近建てられる住宅には縦長の窓が使われる事が多いですね。

(画像はファインコート杉並下井草から拝借)

泥棒が窓から入りにくいサイズという防犯上のメリットと、
狭小でも採光でき、
並べてつければデザイン上のアクセントにもなる、という事なのでしょう。

2Fで自分が寝る北側の部屋にも、この窓が2枚並んでいますが、
内側にカーテンレールがなく、
100均の突っ張り棒で社宅時代のレースカーテンを引っ掛けて誤魔化していました。

ホントに引っ掛けてあるだけなので、

むちゅこが引っ張ると落ちちゃう。

とりわけ日が長い今は、
レースカーテンだけでは明るくて朝早くに目が覚めてしまい、寝不足になってしまいます。

カミさんが通販で細窓用のロールアップカーテンでも買おうか、と言ってくれましたが、
聞けば5〜7千円/枚と結構なお値段。

ローン持ちなのに、大枚はたいて夜しか使わないものを買うのもなんだしなー。

そこで取り出したのは、社宅時代に使っていた遮光カーテン。

この家を購入した時には主要な窓に親子の仲の悪ぅ〜い家具屋の高級カーテン(もちろん中古)がいい状態でついていたので、使わずにおいてあったものです。

これをカットして

アイロンでマチを折ってマチ針で留めて、

カミさんに縫って貰う段取りをつけます。

遮光タイプ・レースタイプ各2枚に加え、
娘の部屋にも1枚細窓があって明るいとの事で遮光タイプを1枚、
リビングの細窓用にレースタイプを1枚、
合計6枚を仕込みました。

むちゅこを作業中の2Fに上げない様にして、カミさんに縫ってもらい、
突っ張り棒に通して装着したのがこちら。


おお、自我自賛以下省略。

買う事を思えば都合3万円くらいが浮いた勘定。

これは秋の旅行の軍資金の足しになりそうです。

夜も暗くてよく眠れる〜♡

でも仕事中の眠気が無くなったかといえばそうでもないのは何故〜(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/02(木) 17:25:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後ろカゴカバーをなんとかする計画 モックアップ兼型紙製作編

後カゴカバーの寸法形状は決まりましたが、
いきなり塩ビシートを切り出すのはちょっと不安なので、原寸大のモックアップを作る事に。

モデルを作った時に、基準線を色々引かなくてはならなかったので、型紙を作ってこれに基準線を引けば、塩ビシートに余計な線を引かなくてもいい=作業の効率がいい、というのもあります。

また屋根と違って駐輪場では不特定多数の手の届く場所に装着されるため、
イタズラや盗難により作り直しの必要が出てくるので、
再製作の事態に備える意味も。

用意するのは在庫で持っていた模造紙。

これに1/10スケールのモデルを10倍にして線を引いていきます。

基準線が煩雑なので、型紙作戦は合理的。

カットして、

ホチキスで仮組みして実車に合わせます。

カゴとの寸法の齟齬は無いので、これで製作継続を決定。

まだ先は長いゾーン

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/01(水) 12:21:52|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (64)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (241)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (144)
自転車以外でおでかけ (128)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR