Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

クルマ無し生活 初めてのお出かけ②東京駅周辺で鉄分たっぷりのランチができる場所は

クルマ無し生活 初のお出かけは、自転車と電車で都心へ。
でも中央線で東京駅に着く頃には昼前。

今入店しないと、どの店も行列に巻き込まれるのは必至なので、むちゅこに鉄分を摂らせる事ができる電車の見える店を目指します。

てちゅオタのむちゅこが満足できる、電車の見える飲食店、って東京駅の近辺は実は結構少ないので。

ネットに載っている情報では、丸の内OAZO 5F『The Orchid 丸の内店』(中華)・『和食えん』の2店舗と、交通会館の展望レストランあたりが東京駅周辺で電車の見える飲食店として有名ですが、
『和食えん』が多少子鉄に寛容な雰囲気なものの、
他は子鉄を連れては入店できても場違い、といった感じです。

特にうちのてちゅオタは電車を見て列車名を連呼する、一番周りの迷惑になるタイプなわけでして。

更にオーダーしたものがまだ待てない2ちゃいなので、自ずとランチはバイキングが主体となります(爆)

そこでカミさんが見つけて来たのは、KITTEの隣にあるTOKIAの3Fにある『野の葡萄 丸の内東京店』。

ここは一般のお客と子鉄連れの客席エリアがなんとな〜く分かれており、

↓ここが事実上の子鉄エリア

子鉄エリアは多少騒がしくしても全く浮く事がありません。

窓際でなくても新幹線は見えるし、
料理は取ってくれさえすれば、すぐにでも食べられるので、子供を待たせる事もありません。

開店すぐに入り、窓際の席を確保して在来線も良く見られる様にしてあげられればベスト。

子供が先に食べ終わったら、窓際で電車見物させれば、その間に親が食べ飲みするだけの間は持ちそうです。

料理は和の惣菜中心のメニューで、揚げ物やパスタもあるので、ヘルシーにもガッツリにも食べられます。

一番美味かったのは、太めの切り干し大根を柚子風味のドレッシングで和えたもの。

ランチビュッフェで必ずチェックするカレーは、家庭風なのにちょっぴりタイカレーっぽい不思議な味でした。

最近流行りの唐揚げは、小振りでジューシーさが弱めなのが残念。

味噌汁は凄い具沢山で美味。

野菜天はシイタケばかり食べてました。

むちゅこが朝ガッツリ食べたせいで、あまりおなかが空いてなく、食べるのに集中できなかったため、我々は若干慌ただしく食べて店を後にします。

ここは店外からでも電車が見られるので、多少待ち時間があってもいいかもしれません。

それにしても、鉄道が見られる事を売りにした店がもっと出て来てほしいものです。

出来れば子鉄歓迎なワシャワシャした雰囲気の。

さて昼も過ぎ、腹も一杯なので有明はおろか新橋にも行くのも億劫になってしまいました。

あと半日、どう過ごしますか。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/30(金) 06:38:53|
  2. 自転車で出かける
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマ無し生活 初めてのお出かけ① 武蔵野消防署 境出張所 庁舎公開

Touranを手放してから初めての休日。

自転車が家族のメインの移動手段になったとはいえ、
全員が遠乗りできるわけではなく、少し遠出となれば電車の出番となります。

天気が良ければ駅まで自転車3台で向かい、1日100円の駐輪場に停めてからむちゅこをバギーに乗せて改札へ、となります。

1kmちょっとの距離、バスで往復1,000円ちょいかけるなら、浮いたお金でオヤツでも買った方がいいかなと。

ただバギーが細く折り畳めるタイプとはいえ、ふらっかーずの後ろカゴにくくりつけるのは面倒で幅もとり危険なので、楽で安全に載せられる手段を考えないと。

東京駅で てちゅオタなむちゅこの鉄分補給、新橋パナソニックショールームで家の
水回り器材(特にトイレ!)の見学、更に有明・水の科学館と、
ほぼ一杯いっぱいのスケジュールを考えながら、出発時刻は10時前とグダグダ。

まあ、行き当たりばったりができるのがこういうお出かけの良いところ(?)

駅に向かう道すがら、新しく完成した武蔵野消防署 境出張所の一般公開が今日だった事に気がつきます。

ちょうど10時の公開開始時刻。

駐車場では消火器の体験コーナーが設けられていたので、娘にやらせてみようと、立ち寄る事にします。

んー今日は有明まで辿り着けんな。

消火器の体験は、消火液の代わりに水の入った訓練用のもので、的に向かって噴射するというもの。

使い方は今まで何回かやっているので、
『噴射時間が極端に短いので近づいてから噴射する事』『天井に火が回っていたら避難』といった程度はわかっているつもりでしたが、
『噴射すると粉で視界が極端に悪くなり、避難経路をロストする可能性があるので、出口(方向)の扉や壁に背中を付けてから噴射する事が大事』というのは初耳でした。

地下の部屋では電話通報体験とAED体験ができるコーナーが設けられていました。

通報体験では慌てると自宅の住所さえ満足に言えない状況になる、という事を実感。

壁に通報時に必ず言う住所と目安になる建物、火事なのか救急なのかを読むだけで良い様に予め電話機の所の壁に貼っておくといいかも。

AEDは時間もかかるので、娘だけが受講。

AEDのセットには胸にパッドを貼るのに服が脱げない時のハサミと、
胸毛が凄い場合のカミソリが入ってますが、
救急隊の方は、パッドに付属している粘着テープを胸毛の上から貼って、『ビリッ!』と剥がして胸毛を一気に脱毛するのだそう。

脱毛のショックだけで蘇生しそうですが(爆)

すね毛処理でカミソリを使うのにかなり手間取るのを知っている身としては、なるほど!と人一倍感心させられた次第。

自分のスネにはやりませんが(爆)

ともあれ一刻を争う救急の現場が産んだアイデアに脱帽です。

3つの体験がスタンプラリーになっていて、全て終えると長期保管できる飲料水やラップが景品で頂けました。

ラップも震災時に応急処置や食器カバーに使えるスグレモノなので、
『備蓄して震災に備えてね』という事なのでしょう。

むちゅこは消防車などがデザインされた折り紙セットを頂き、消防車を真近に見て触って乗ってご満悦。

レスキュー用の電動ノコギリに触りたがるのには困りましたが。

なんだかんだで1時間ほど過ごして駅にむかいます。

東京駅に着く頃には昼前です。
おなかすいた星人が騒ぐ前になんとかせねば。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/29(木) 06:11:01|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマを手放し ホントの自転車生活へ

中学生の時分から大好きで
社会人2年目から乗り続け、人生最大の趣味であった、クルマ。

結婚して娘が2歳になった時に選んだVWトゥーランは人も荷物もたっぷり載せ、高速を矢のように安定して走る名車でした。

しかしトゥーランも寄る年波には勝てず、9年が経過、
中古で買ったBMW735iの修理代の家計に与えた『破壊力』を知っている自分としては、
家を購入するこの一大事に、
いつ出て来るかわからない大きな整備費・部品費・維持費に家計を喰われるリスクを持ったままではいけないと考えました。

自転車主体の生活になってから、近場は自転車・遠出は電車&レンタカー、となっていて
クルマは『無理をして使うモノ』になっていたのも事実。

クルマはあればあったで便利ですが、
駅からバスで数分、バス停からすぐの場所に住んでいるので、クルマが無くてもなんとかなります。

今の自転車主体の生活のベンチマークとなった『自転車ツーキニスト』の疋田 智さんが いすゞジェミニを手放したエピソードに大きく触発されていたのも事実です。

ガリバー三鷹店で査定をして貰い、
ディーラーの下取り価格が相場相応であった事を知り、
リサイクル費用や自賠責保険の残額を含んだ金額ながら多少色を付けてくれた事もあり、手放す事を決心しました。

三鷹市教育委員会のワークショップに参加し終わった家族と深大寺隣の広い公園で合流し、
ランチをしながら、『トゥーランを手放して クルマ生活を一旦休む』事を伝えます。

物心ついた時からトゥーランがあって、まだまだトゥーランに乗っていたかった娘には泣かれちゃいましたが・・・

そうだよね。ハタから見れば新車同然だもんね。

カミさんは、
今までダンナ任せだったクルマ関係のコストの全容を、連夜の話し合いの中で知った事もあり、
『新居を本気で探せ、ってTouranが言ってくれたんじゃないかな』と
今回の決断を評価してくれました。

どうしても欲しいモデルがこの先出てきたり、自宅を買う場所によってはクルマが生活に必須だったりして、またクルマを買う事もあるでしょう。

カミさんが子供らを公園で遊ばせている間に売却手続を済ませに行きます。

『愛着のあったクルマと皆でお別れ』なんて娘には酷なので、独りで儀式を。

これから名実ともにメインの乗り物になるWildcat号と引き継ぎの2ショット。



売却後の帰りの足とするので、荷室に載せて出発。

シボが親父の持っていたNikon一眼レフみたいな手触りなので、気に入っていたATシフトレバーとも今日でお別れです。

ガリバー三鷹店では粛々と手続が進みます。

査定時に分からないクルマの隠れた瑕疵の賠償責任が売主に及ばないための保険にも入り、完全に手を切ります。

住所が2回変わったまま乗り続けたため、名義変更には旧住民票の除票が必要な事を除けば、現在の住民票・印鑑証明など一通りの書類を後日着払で送付し手続は完了します。

ガリバーさんからはTouranが無くなって しょげてる娘に、とガリバー旅行記の本を頂きました。

この本、開き方によっては全く白紙になり、開き方によっては絵と本文が出てくるというモノ。


タネが気になる方はガリバーで取引成立してから貰ってみては。

最後にTouranと2ショットで写真を撮って貰い、お別れです。

家に戻ると、当たり前ながら駐車場には何も無いわけで、ポッカリと心に穴が空きそう。

しばらく駐車場の方向は見ないようにします。

任意保険もJAFも駐車場も全て解約します。
多少の還付金もあるそうで。
旅行の足しにでもしようかな。

節分が来たら、いよいよ住宅取得のため本格始動。

今回の決断が後々正しかったと言える様になる事を信じたいところです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/28(水) 06:49:13|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通勤バッグ購入顛末②

壊れたサムソナイトのディバッグの代わりに使う通勤バッグのいいのが見つからないまま年を越してしまいそうでしたが、
千葉鴨川への旅行のついでに立ち寄った木更津のアウトレットで何でもいいから買う事にしました。


福袋目当てに年始は混むので大晦日は混まないのでは、との予想とは裏腹に木更津アウトレットは結構な人出。

昼前なのにフードコートはほぼ満席という盛況ぶりです。

カミさんがむちゅこを子供の遊び場で見ていてくれているうちに、
前から目星をつけていたTUMIとACE、それにゼロハリを物色。

サムソナイトは今回は候補に入れず。

高くてごついTUMI、薄くて柔らかいゼロハリを保留して、
サイズ・質感・色味で気に入ったACEの3WAY 2諭吉に決定。↓


何よりジッパーがゴツいのと、

ジッバーの開閉の革製つまみ部分に樹脂製の補強が入っている気配りや、


普段私服通勤で自転車に乗る時に使うリュックのベルトの方法が金具式になっていてワンタッチで外せるので、

背広で商談会の時などに、肩掛け・手持ち鞄へラク〜に早変わりできる、といった気配りは、さすがは日本ブランド、といったところです。

3WAYバッグとはいっても、脱着が面倒で、頻繁にベルトを付け替えないで中途半端な運用になりがちなのが、ちゃんと解決されていて、
止まっている時はキャスターが転がらない機能をつけたスーツケースと同様、ユーザーの気持ちをまじめに考えているんだなーと感心した次第。

あとは耐久性がどうかだけ。
最低2年は持ってくれ〜

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/27(火) 06:14:20|
  2. 自転車用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマ道楽の行方(6)ホンダ N-BOX試乗

行き詰まった次の愛車探しの旅、

ここまで来ると半ばヤケクソ気味で、
今まで避けていた軽自動車という選択肢も視野に入れる事にしちゃいました。

住宅購入を考えるとクルマへの出費を抑えたり、
住む所の駐車場や周辺の道の狭さから、軽もアリかも、と。

近所で起きた普通車との事故でクシャクシャになった軽自動車の車体を見たカミさんは、軽の安全性はTouranとは比較にならない、軽=安いもの、という認識で、
とはいえ駅への送迎でバスが頻繁に通るロータリーへ停車させるのにプレッシャーの少ない軽のコンパクトさは魅力と感じている模様。

昔の軽ほどの安物感は無いにしても、外車乗りのダウンサイジング需要にどのくらい応えられるものか、気になるところではあります。

我が家はマイルドヤンキーを目指してないので、軽につきまとうソレ的雰囲気が無いかどうかも確認したいところ。

『軽だよね』という点を除けば、デザイン的に好みであるというのもあって、
娘の習い事の送迎後、強烈な寒風の中むちゅこを外で遊ばせられない日に、
テレ東WBSでダウンサイザー向けにと紹介されていたホンダNシリーズをへ見に行きます。

新しく、広く建て替えられた三鷹のホンダカーズはショウルーム内にクルマが置いていないスタイル。

むちゅこにクルマに乗せろ、いじらせろと騒がれないので、これはありがたく。

ただディスプレイされていたシニアカーに乗りたいとアピールされるのには困りました。

まずはショウルーム前にディスプレイされているN-BOXとN-ONEに乗り込み、広さと品質感をチェック。



いずれも軽である、という事を除けば、なかなかの出来栄えです。
カミさんにも結構好印象。

N-BOXのリアシートは足元が広々しているものの、シートスライドは出来ないため、N-ONEの荷室の方が奥行があるというのは意外でした。

2月のマイチェンでオプションにてシートスライドが可能となるので、N-BOXの荷室に不満がある方はこれを待った方が良さそう。

試乗は車重に対してエンジンが一番負けるN-BOXのNAを基準にて評価しよう、という事で希望しましたが、
残念ながらワル顏のカスタムのターボに。

乗り出してみると、ダウンサイジングターボらしい低速から自然にモリモリと力が出る特性で、街中ではホントに静か。

ドッカンターボでないので見た目とは裏腹に落ち着いたオトナの運転ができます。

コーナーで感じる腰高感がどれだけ高速走行で不安定な挙動に変貌するかはわかりませんでしたが、
昔乗ったヒゲ剃りグルマ(先々代MOVE)とは明らかに違った落ち着きぶりには舌を巻きました。

これ、いいなあ。

早速見積とTouranの査定を依頼。

Nシリーズは基本オーディオレスなので、何だかんだで装備を加えると、スイフト同様の本体価格になります。

下取りが他のディーラーの半分と激シブなのは不満ポイント。

今までのクルマ購入時の決め手として、
下取金額(査定でなくて値引も加味した)にどれだけ色を付けてくれるか=クルマを大事にしていた気持ちをどれだけ汲んでくれるか、が結構大きかったので・・・

税金を除けばBセグ車とあまり変わらない支払総額に、
『軽って高いんだね』 とカミさん。

『アルト47万8000円』の時代を知る身からすれば確かにね。

N-BOXは既に発売後3年経っており、型落ちしないで乗れるのはあと3年。

それ以降も満足して乗れるかは現段階では不明。

Touranみたいなマイナーな外車って、よほど型落ちしない限り『型落ち感』がないので良かったのですよ。

カスタムじゃない普通のN-BOXの内装がベージュというのもカミさんにとってはネックに。

むちゅこがしばしば『泥まみれきたな雄』に改名するので、汚れが目立つかなと。

家に帰って子供たちが寝た後にカミさんとじっくり話し合います。

どのクルマを買ったとしても、計算すると7年くらい乗る限りでは、車体の減価償却と税金・保険料、ガソリン・高速代・出先の駐車料金、車検で年間50万円以上の出費になる事が判明。

軽自動車の場合は多少安くはなりますが、それでも年間40万円は下らず。

10年で4〜500万円。

三鷹で薄給のサラリーマンが一軒家を親の支援無しで買うのに、この新車購入の支出が命取りになるかもしれません。

今のクルマの車検を通すのか、はたまた買取店に引き取って貰うかも視野に入れ、更に情報を取ることとしました。

心底欲しい!と思って買うわけでない事が実は一番のネックなのかも。

クルマ道楽の行方は迷走していきます。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/26(月) 06:20:42|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマ道楽の行方(5)スズキ・スイフト『STYLE』試乗

我が家の次の愛車探しの旅、
ルノーを見てから向かった先はスズキのお店。

昨年の夏に軽井沢で借りたスイフトのベースモデルの乗り味と燃費の良さが印象的で、
少なくともその時に後席に乗っていたカミさんが乗り心地で不満を言ってなかった事から、
スイフトなら大丈夫かも、と急遽お邪魔してみました。

初売りの最終日のためか結構な客の入りで、
以前ハスラーの試乗で担当してくれた加藤あいをちっちゃい感じにした営業の方も、別のお客さんの応対をされているとの事。

代わりに見習いのこれまたちっちゃいお姉ちゃんが試乗のアテンド。

グレードは屋根がボディ色と塗り分けられ、シートがデフォルトより洒落た感じに仕立てた『STYLE』。



買うなら欧州仕様と売り出されているRS↓

と思っていましたが、
レンタカーのベースモデルの印象が良かった事と、
既にモデルチェンジしてから随分経っている車、そんなに趣味性を感じて乗るクルマでもないので、試乗車のグレードもこだわらずに。

カミさんは試乗が始まるまで、見習いのお姉ちゃんに荷室の事など主婦目線で聞きたい事を尋ねていましたが、
まともな回答が一切できず、はぐらかされ愛想を振りまかれるばかりでフラストレーションが溜まっている模様。

クルマを販売して飯を食うするために販社に入ったなら、自分目線でもいいからクルマ自体に少しは興味を持ってほしいのですが・・・

クルマオタでもないカミさんの簡単な質問にも全く答えられないのでは、勉強不足以前の問題かと。

ハスラーで試乗したコースを一回りし、トゥーランの査定と見積をお願いしている間、
ディスプレイされているクルマに乗ったり降りたり触ったりするむちゅこをなだめながら、カミさんに後席の感想を聞きます。

結論からすれば、どのクルマも後席でのエンジンの振動は多かれ少なかれある事が解った、という事だそうで。

Touranがいかに良いクルマだったかを改めて実感したとも。

しかし家をこれから買おうとしているところで同じ様な出費は出来ないわけで・・・

ただ、スイフトがデミオ・ルーテシアと決定的に違うのは、
後席でアップライトに座る様に仕向けているため後席の視界が開けている事と、ニースペースが広く感じるという事だそうで。

下取り価格はマツダ・ルノーと変わらず、見積はまあこんなもの、という感じ。

デミオと違ってモニターレス・オーディオレスなので、オプションで何かしら選ばないといけないのと、
マツダのディーゼルほどに免税率が高くない(DJEという燃費改善のギミック満載のモデルもあるが、その分価格が高め)ので、
絶対的な金額はデミオより安くてもお得感は感じられず。

本当にいいクルマである事は確かなのですが、『ちょっと良い生活グルマ』の域を出ないため、
所有欲を満たしてくれるクルマかと言われれば、んー、となる。

見習いのお姉ちゃんの応対と、フォローに回ったお兄ちゃん自身と渡された名刺がクタクタだった事で、カミさんの心象も完全アウトの状態、
このアウトなお姉ちゃんがスイフトのオーナーである、との一言も決定打に。
帰り際にお土産を沢山頂いたものの、購入に踏み切れる状況ではありません。

さあ、ここで完全に行き詰まりました。

3月頭のTouranの車検は近づき、何かしらの決心を迫られます。

自転車ツーキニストの疋田さんみたいにクルマをスッパリやめるという選択肢も浮かびます。
家計にはそれが一番いいのもわかってるのですが。

でも雨天の娘の送迎や買い出し、ちょっとした遠出、引越での荷物移動などなど、使いたいステージも結構あるし。

あーーーどないしよーっ!

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/23(金) 07:03:35|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

科学技術館に自転車で行く

都心へ行くのに我が家では、カミさん子供は電車、自分はWildcatで現地集合というパターンが結構あります。

今回は毎月応募して結構当たっている日経の販売店の懸賞で、今回は千代田区の科学技術館の入場券(3月末期限)が当たったので、行って見る事に。

年間パスで日本科学未来館に通う我が家が古株の科学技術館に目新しさを感じれるかどうかも気になるところ。

まあ子供らがソコソコ楽しんでくれさえすればいいんですが。

カミさんが予め駐輪場の有無を確認してくれて、玄関前に駐輪してOKとの事。

ダッコして星人のむちゅこを電車で連れて行くには大人2人で行った方が楽なのですが、休日自転車に極力乗る様に仕向けてくれるカミさんと娘に感謝。

駅までカミさん子供をクルマで送ってから家に戻り、Wildcatに乗り換えて出発します。

日曜の皇居前のサイクリングコースに向かうと見られるローディーやトライアスリートを横目に東八道路と甲州街道を東進し、
皇居に突き当たったところで自転車に乗って信号待ちしていたお巡りさんに竹橋方面への道順を尋ねます。

さすがは、と言うべき的確な指示を頂き、無事現地到着。
距離は25km、1時間ちょっとの行程でした。

開館間も無くの10時過ぎというのに駐輪場は満車で入庫待ちの列が。

自転車だとこういうストレスが無いのでよろしいですわー

自転車で来ている人も結構いる様で、30台近くが入口前に駐輪しています。

ママチャリなど一般的な自転車の奥にモールトンが鎮座していたので、こちらの横に停める事に。


電車と徒歩で到着したカミさんとむちゅこは20分前に入場したとの事で、自動車技術のコーナーで無事合流。

消防車大好きのむちゅこは赤いトレーラーヘッドの実物展示を消防車と勘違いして大興奮。

ビビりなので決して中には入らないのですが(爆)

年代別に展示されているトミカのまわりを何周もして、むちゅこは館内滞在時間のほとんどをこのコーナーで過ごしていました。

バイクの乗車体験ができるシミュレータで安全運転する娘。

バイクの給油口の方が気になるむちゅこ。


隣の部屋に自転車の展示発見!


むちゅこは足のつかないアシスト自転車シミュレータでアシスト体験?


せっかくなので展示物をチェック。

おお、モールトン。
今もブリヂストンとコラボしてるモデルの元ですな。


懐かしいなー、スギノのハニカムディスク。

そんなにバカ高くなかったので、こいつだけは学生時代に購入を企んだものです。

テンションディスクもありましたー

左がサンツアー、右はサンプレックスの骨董品モノのRD。
なんでも鑑定団連れてきてー!

これが・・デュラでつか?

自動車技術の部屋と違って閑散とした展示室で独りで盛り上がってました。

科学技術館といえばでっかい鉄球を人力&メカで搬送するコーナーが有名。


あとはでっかいシャボン玉に入るのが定番でしょうね。

さて科学技術館、
新旧の展示が上手く同居したゆる〜い感じで気に入りました。

未来館の様に斬新な企画展を大々的に開いてリピーターを、というわけにはいかないでしょうが、
未来館は先進の技術を、科学技術館は従来の技術を、という棲み分けがしっかりされている様にも見受けられました。

また、昼食ですが、昔はお弁当を持って行き休憩スペース(団体向けでかなり広いが薄暗い)で食べるのが定番でしたが、今は地下のレストランが土日だけ格安ビュッフェになるので、これを目当てに行くのもいいかも。

3歳未満で無料だけどOL並に食べるむちゅこのおかげで客単価が下がる下がる(爆)

ただかなり混むので早めの入店がオススメです。

んでもって帰りに相当遠回りしないと消費できないくらい食いましたとさー(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/22(木) 06:22:10|
  2. 自転車で出かける
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クルマ道楽の行方(4)ルノー・ルーテシア試乗

愛車Touran9年目の後釜を急遽探す事になり、
本命デミオの試乗で気になった後席でのエンジン振動が気にならない様なBセグコンパクトを探す事になった我が家。

ふと日経に出ていた小さな広告に目が留まります。

ルノー ルーテシア ZEN 0.9L MT 208万円


おお、なかなか魅力的なプライス。

FIAT500にも載っているダウンサイジングターボエンジンを一回り大きいルーテシアに載せるなんて、これもかなりエコじゃないか?

久々にMTに回帰すれば、むちゅこが少し大きくなってイタズラで動かそうとしても無理だし。

というわけで向かったのは新しくできた三鷹のディーラー。
ランドローバーとジャガーと同居したスタイルの店舗ですが、販売数を考えると合理的かも。

小さいショウルームには結構なお客が。
新聞広告の効果でしょうか。

ZEN 0.9Lの試乗車はありませんでしたが、
代わりにスポーツグレードのR.S.に試乗させて貰いました。

カミさんは後席でエンジン振動チェーック

シートがバケットで包まれ感があり(ZENは普通のシートですが)レーシーな雰囲気満載。
音もなかなか勇ましく。

上質感・乗り味は欧州車らしく文句なしに高いので気に入りましたが、
カミさん曰く、後席で感じるエンジンの振動は余り変わらないとの事。

スポーツグレードだから音が大きいのを割り引いてもらったとしても、
0.9L 3気筒となれば振動は大きくなる方向に振れるであろうと予想。

やはりBセグコンパクトの構造上致し方無い事なのかも。

Touran同様ハイオク仕様なのは気になりますが、下取り査定と見積をお願いしました。

出てきた金額は250万円超。

Touranの下取りがやはり安いのと(外車ディーラーだから高くとってくれるかと思ったのが甘かった)、
エコカー減税が適用されない影響はかなり大きかったのでした。

15万くらいは値引を頑張ってくれそうですが、既に我が家の大蔵省への概算要求値を超えているので、泣く泣く見送りとします。

もう少し買うタイミングが遅ければ、新型TWINGOの廉価版のリリースを待てるのですが・・・残念!

ちなみに今年の年末の国内リリース予定で、上級モデルから出されるとの事。

Twingoの販売予想価格は200万円くらいからだそうですが、
ZENみたいなベースモデルがエコカー減税の認証を取って150〜160万円で出てくれれば爆発的に売れるんじゃないかなー

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/21(水) 06:11:55|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマ道楽の行方(3)マツダ・デミオ試乗

年始早々エアバッグ動作不良が出た我が家のVWトゥーラン9年目。

たまたま大事には至りませんでしたが、
さきざき主要部品が交換となり出費がかさむ前に買い替えかと、かねてより気にはなっていたマツダ・デミオのディーゼルに試乗する事にしました。

7シーターのミニバンからBセグのコンパクトにダウンサイジングするのは、
クルマ使用の主目的が長距離旅行・レジャーから送迎などカミさんの近距離移動に変わり、
自分のメインの交通手段が自転車に変わった事による既定路線。

とはいえ、
国産コンパクトに多いチープなクルマでダンナが我慢するくらいなら、買わない方がマシでしょ、というカミさんと、

カプチーノ→BMW735i(中古)→カプチーノ(中古)→レガシィ→Touranとキワモノばかり乗り継いでクルマにはムダにうるさいダンナと、

まだ今のクルマキレイだし乗れるじゃん、とTouranラブな娘と、

チャイルドシートから運転席蹴りまくり、お菓子とお茶こぼしまくりのむちゅこが乗れるクルマって一体ナニよ、
ってな雰囲気の中での試乗です。

荷室も思いのほか広く好印象。

キッズスペースに娘とむちゅこを預け(というより娘にむちゅこを預け)、
カミさんは後席の居住性を、自分は剛性感・ドライバビリティをチェックしながら短い(もとい短くしてもらった)試乗コースを回ります。

ちなみにグレードはXDツーリングのレザーシートでないタイプ。

女性ドライバーに好評な白いレザーシートは、むちゅこに着色されてしまうだろうからパス。
数万円足せば買えるのにねー

トルクがあるので坂道でも1,000回転超で楽々登っていくのは大したものです。

アイドリング〜低回転のカラカラ音はディーゼルなので仕方ないところ。

室内はネット上で色々云われている様に、従来のBセグとは別次元の上質感。

アルファロメオのバッヂがついていても違和感はないでしょう。

アイドリングストップ(i-STOP)もドライバーの意を汲んだ至れり尽くせりの設定。

これ、なかなかイイぞ。

試乗を終え、Touranの査定と見積をお願いしている間、カミさんに後席の感想を。

『エンジンの振動が』

『振動が?』

『気持ち悪い』

なんですと?

『低回転時のエンジンの振動がキツイ』

えーーーーーっ

これは参った。

『太ったからかな〜』
というカミさんに、
『そうだ』とも『そうじゃない』とも言えず(爆)

営業の方にお願いし、
ガソリンVer.のアイドリング状態に乗せて貰いましたが、余り変わらないとの事。

Touranのリアシートは取り外してアレンジ可能な様に、高いフレームの上に乗って(浮いて)いるのと、
高いボディ剛性とエンジンマウント、
元より振動源のエンジンから距離があるなどの恩恵で、
低回転の振動を感じた事はなかったのでしょう。

Touranの下取り査定が予想よりかなり低く、総支払額が想定以上になった事もあり、
むちゅこの『昼ごはん食べたい』が始まる前にディーラーを退散します。

この日は初売りの最終日だから値引なども頑張れる、との事でしたが、もはや即決できる状況ではなく。

カミさんとしては、巷にあふれるハイブリッドでも、電気でもない、

『ディーゼルに乗るエコな私』

を目論んでいて、デミオに乗るならディーゼル、と決めていた様ですが、
一転して後席の振動が気にならないコンパクトカーを探す旅(爆)が始まってしまったのでした。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/20(火) 06:15:12|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バーエンドバーを付け直す

Wildcat号のシフター交換時に外してしまったバーエンドバー。


ゆくゆくMobiky号に使うつもりでいましたが、
代わりに通販で手配中のエルゴタイプのグリップの入荷の見通しが立たず、
エンドバー無しでポジション変更が利かないままWildcat号に乗るのは辛いので、再度装着する事に。

ただ戻すだけでは芸が無いので、
転倒やら何やらで塗装が剥げたところを全塗装する事に。

取り出しますは、ミッキー号を塗ったシャシー用のラッカー塗料。
まだまだ残量があります。

家族が寝静まった夜中にいつもの階段踊り場で作業開始。

ほぼ屋外なので、シンナー分が滞留しないのはいいですが、
真冬の夜中ゆえラッカーの乾燥は遅いので、EPIガスを焚いて暖房と乾燥の両方に使います。

タオルを敷いてエンドバーを置いて、噴射!


ついでにブザーのステーも着色します。

ブザー本体も塗ってみましたが、
全く乾かず、直ぐに剥がれて失敗。

残り2台あるブザーの在庫を1台払い出す事に。

前傾ポジションはサドルと慣れで修正できたので、エンドバーの取り付けの向きは普通に戻します。

できたのがこちら。

うーん、艶っぽいのか剥げてるのかわかりづらい。


わかりづらいですがブザーのステーだけ黒くなりました。

Nationalのブザー、ロゴが浮きまくり(爆)

しばらくこんなハンドル回りでいきます。

しかしエルゴグリップ、いつになったら来るのやら・・・
通販ショップもこの先入荷無しなら無しと云ってほしいんですがねー。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/19(月) 06:51:20|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムーンライト、降臨!

Wildcatのアルミモデル『ムーンライト』、現在までに頂いた情報ではolubayo様保有の1台(レストア中)と同氏情報で中野に1台、そしてサトケン様保有の1台がある事が確認できました。

またBRK様より提供頂いた1990.11の雑誌広告で、ムーンライトのチタンモデルの存在が明らかになりました。
こちら↓

BRK様、ありがとうございました!!

この頃はSPDがまだ浸透してなく、トゥークリップでしたね。

高瀬店長のライディング写真にもクリップを下にしたままジャックナイフなどしているシーンがありました。

高嶺の花だったテンションディスクも写ってます。

テンションディスクのO/H事業を手掛けられているolubayo様によれば、
前輪用がこの時点でディスプレイされている事が確認できたのは、テンションディスクのヒストリー上貴重な情報である、との事でした。

値段は・・・我がWildcat号が2台以上買えますなっ

そしてこの度、サトケン様より保有されているムーンライトの画像を提供いただきました。

こちらっ!↓

驚異的なコンディションの良さに悶絶!

モデル名のステッカーまで当時のまま。

字体と月のマークがいかにも80&90's!!といった感じで、
これだけで2〜30年若返ります。
あぁぁエエもん見せて貰っただぁぁ若返るだぁぁ

更に!
一見クラシックDEORE XTかと思いきや
よーく見ると・・・


実はサトケン様秘蔵の『サンツアーXC-PRO MD』がインストールされているのでした。

これはレアな逸品!

同年代の2社のコンポが同居する事で、完璧な統一感と玄人が思わず唸るモデルに昇華していますね。

シートステー・チェーンステーの音叉形の形状も、現在主流のハイドロフォーミングでの一体成形ではなく、溶接構造で作られています。

溶接時の熱影響を最小限に、十分な強度を得るために考えられたこのワイルドな形が、今見ると新鮮に感じます。

サトケン様、写真のご提供ありがとうございました。

これからも 『Wildcat持ってるぅ』オーナーの方々の情報提供お待ちしておりますっ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/16(金) 06:19:37|
  2. Wildcatの足跡をたずねて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

クルマ道楽の行方(2)TOURANエアバッグすねる

正月2日は千葉・佐倉の実家に家族で顔を出す予定であったので、帰省渋滞は無いと思いながらも朝イチで三鷹を発つ事に。

佐倉ではカミさんはベイシアで初売りで買い込み、自分は自転車用のケミカルと朝食用の野菜ジュース缶(¥45/本)の買い出し、子供らが移動中爆睡できる様に、TOURANで向かうのが恒例です。

この冬一番の冷え込みかと思う寒さの中、エンジンを始動すると、

『ピーーーン』

不快なアラーム音。

半ドアや気温が低い時も鳴るからな、と思ってディスプレイを見ると、

『エアバッグが作動していない』との表示が。

今年で9年目を迎えるTOURAN号。

樹脂製パーツのヤレが気になり始めましたが、とうとう機能部品までイカれてきたか?

コンソールBOX内の助手席エアバッグキャンセルスイッチを触っても、低温のせいかと気温が上がるのを待っても、アラームは一向に消えません。

万が一の時にエアバッグが開かないというリスクはありますが、走る・曲がる・止まるには影響無いと判断、実家に出発します。

助手席に座る娘も不安そう。

無事 実家訪問を終え、4日のDuo三鷹の初売りの朝に駆け込みます。

プログラムのバクならディーラーでリセットをかければアラームは収まる、コネクタの接続不良もある、というネット上の情報もあり、
まずは部品代のしこたま掛かるエアバッグユニットの交換となるのか否かの判断だけしてもらう事に。

9年目とはいえ外観や走りはまだピンピンの状態なので、カミさんは3月の車検を通して通算11年、あと2年は乗りたい意向を営業の方にアピール。

自分も住宅購入を控えて、クルマでの出費は極力抑えておきたいところ。

また、積極的に乗り換えたくなるクルマが無かったので。

営業の方も悩んだのでは。
『もう使えません』と引導を渡しても、VWの新車に乗り換えてくれる感じでもないし、『今のクルマが気に入っている』と言われてはねえ。

結局助手席側エアバッグユニットの接続のし直しだけでアラームは消えたのですが、深く故障探求はしていないので、もしユニット交換となれば24万円だったとの事。

そうなったら買い替えかなー。

次のクルマ選びは難航しそうです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/15(木) 09:22:10|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通勤バッグ購入顛末①

横浜勤務になってからカジュアルで通勤になりましたが、
自転車で駅まで行き帰りはそのまま夜サイクリングが出来る様に、サムソナイトのディバッグを吉祥寺東急で購入し使っていました。
これ↓


広島勤務の時に冗談で1,000円ちょっとのバッタもんを買ったら半年経たずにビニール製の内張が驚くほどビリビリになったので、やはりカバンはソコソコのものは買わないと、という事で。

ところが毎日酷使したためか(?)ちょっと早い2年弱(ちょうどメーカー保証が切れるタイミングというのがニクいところ)でポケットのジッパー2ヶ所がバカになって、だましだまし使い続けてきましたものの、もう限界に。

ここがパックリ

どうにもなりません。


デパートで買ったサムソナイトならもう少し耐久性があってもいいと思うのですが、ハズレの個体だったのかしら?

ともかく代わりの通勤バッグを調達して『お父さんへのクリスマスプレゼント』(っていうか散々自分でパーツ買っておいてねェ)としなくては、と思いながら、
使い勝手を考えるとなかなか食指が伸びないのでありました。

使っていたディバッグは作業着と安全靴(現在は作業着のみ)をクリーニングするため持ち帰る前提で購入した大振りなもの。

電車内で座った時、膝上に横置きすると隣に座る人の邪魔になり、縦置きすると膝上での座りが悪いという中途半端なサイズ。

また、ジッパーの開閉方向が右肩に掛けながらモバイル機器や財布を取り出す時に、向こう側から開け閉めしなくてはならないのが煩わしい。

内ポケットの数が少なく、モバイルバッテリー・ケーブルやサイコン・ライト・テールライト等で中が乱雑になりがち。

これらの不便を解消した上で、普段は薄く、作業着を運ぶ時にだけ厚くなる、大振りの手帳が入る、時々雨にたたられる事を考えると汚れが目立たない(皮・帆布はNG)、混んだ電車内では縦に手提げもできる、リュックタイプのスッキリとしたデザインの軽くて(少なくともジッパーが!)丈夫なカバン、となると殆ど選ぶ事は不可能になっちゃうわけでして。

カミさんへのクリスマスのブツを調達するのに吉祥寺ビックカメラに行き、ついでにカバンを見たのですが、22時の閉店まで悩んだ挙句、選ぶ事ができませんでした。

ブランドなんかなんでもいいから、チャックがちゃんと閉まるカバンやーーい!

結局自分へのクリスマスは自転車のパーツ、という事で、カバンをこのタイミングで調達するのは諦めました。

ちなみにカミさんへのブツはこちら↓

Bluetooth対応の薄型コンポです。

しょぼいCDラジカセとカミさんのタブレットの貧弱なスピーカーしか無い我が家に導入すれば多少はカミさんの気晴らしになるかと。

本当はこっちの安くてコンパクトな東芝製↓

を通販で、と思っていたら、
クリスマスに配送が間に合わず、リアル店舗での購入となった次第。

実際に音を聴き比べて、薄いのにびっくりするほど音のいいパナ製を選択。

値段は3倍以上違いますが、こいつはオススメです。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/14(水) 09:01:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wildcat号に当座のシフターを装着する②

Wildcat号のシフター付ブレーキレバーからシフターを外して、
当座の外付けシフターを装着しようとしたところ、
デフォルトのシフターのステーに干渉してブレーキレバーがハンドルバーに入らないところで作業が一時頓挫。

今更新しいブレーキレバー単体を買うのもなんだし、
もう使わないシフターだから、ステーをニッパーで切り落とすか・・・

そんな乱暴な手も出来なくはないですが、ここは冷静になって善後策を考えます。

もしハンドルバーにシフターとブレーキレバーが入っていたとしたら、どういう位置関係になるのか、
そもそも干渉していて無理なのか・・・
ハンドルバーに入れない状態で組み合わせてみると・・・

解は意外と簡単にに出てきました。

シフター→ブレーキレバーと順番にハンドルバーに入れるのではなく、
シフターとブレーキレバーを予め一緒に組み合わせた状態なら、すんなり入る事が判明。

しかもデフォルトのシフターのステーは新しいシフターの陰にスッポリ隠れる事も判りました。


要領がわかればこっちのもの。


ちなみに新しいシフターのワイヤー固定方法は、タイコに合わせたザグリ穴を通す、丈夫でオーソドックスなスタイル。
こんなん↓

ちなみにR用のシフターの青っぽいボタンはRF風にシフトアップできるボタンで、こいつは使い勝手が良さそう。

このまま使い続けてもいいかも。

前後用のシフターを交換し変速調整して完了です。


これで3速生活からやっと脱却です。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/13(火) 06:13:22|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wildcat号に当座のシフターを装着する①

不注意で壊してしまったクラシックDEORE XTシフターの代わりに入手したヤフオク品の出番は、屋内保管移行後・レストア開始まで保留し、
当座はターニーのサムシフターで運用する事にしたWildcat号。

部品が入手できたので年末休み早々に作業に入ります。

無理な前傾ポジションのその場しのぎの改善のためエンドバーを逆に装着していたのも今回で止めに。

先ずは壊れたシフターを一体型のブレーキレバーから外します。

割れた破片が痛々しい(涙)

この部分がワイヤーエンドを留める部分でした。

こんなに薄いプラ部品で留めているのは華奢すぎ。

さて取り出しましたる新しいシフター。


ハンドルバーに差し込んで、
次に壊れたシフターを外したブレーキレバーを・・・

入らない(汗ーーーーー)

ブレーキレバーに残っているシフター用のステーが新しいシフターに干渉するため、ブレーキレバーがハンドルバーに入らないのです。

これはマズイ。

元よりこんなビンボー臭い使い方をする事は想定されていないのでしょうから、干渉せぬ様に、などと考えられてないのが当たり前。

新しいブレーキレバーを買えばいいのでしょうが、年内復旧がマストなので後には引けません。

どうする?

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/09(金) 06:17:58|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当座のシフター調達顛末

ヤフオク仁義なき戦いで一通りクラシックXTの部品を調達したところで、はたと気がついたのは、
シフターだけ先行して装着するのは勿体無いかなという事。

レストアして室内保管して通勤用から晴れて引退させる時までは、別のモノでしのいでおきたいところです。

かといって7速のシフターは上位グレードには無く、シフトインジケータがガンダムチックにデカデカと付いたモデルばかり。
こんなの↓

ラピッドファイア&インジケータの機能を考えるとこうなるのでしょうが、Wildcat号には合わない気が。

当座使うという条件で選んだのがこちら。

シマノ・ターニーのサムシフターです。

シマノのカタログにひっそりラインナップされているこちら、レボシフトとラピッドファイア全盛の現在、街中ではほとんど見る事がありませんが、昔っぽい雰囲気で値段もソコソコなので採用決定。

ただマイナーな部品ゆえ置いてある店が三鷹周辺にはありません。

Mobiky号のシフター同様あさひで取り寄せればいいのですが、あれはたまたま平日に休みを取って、店が空いている時に頼んだもので、
休日激混みのあさひに行って安い部品の取り寄せを頼むなんて、はた迷惑以外の何者でもありません。

通販にするにしても、まとめ購入するアイテムがないので送料負けしてしまいます。

サイクリー・ヤフオクとも検索は不発。

さてどうしたものかと思っていたところ、仕事帰りの根岸線が人身事故のため桜木町で運転見合わせ。

京浜東北線はスマホ歩きと酔っ払いと開かずの踏切が多いから人身が多いのかね〜と桜木町駅を出て向かったのはY'sロード横浜店。

ここで適当なモンでも買っちゃおうと思ったら、ビンゴ!
お目当ての品がありました。

しかも6速・7速用が各1セット。

Y's府中店にも無かったのに、さすが横浜店。
店舗が広いっていいなぁ。

実はサムシフターって結構需要あるもの?

とりあえずパーツが確保できたので一歩前進。
横浜駅までは歩いて行きます。

Y's横浜、この中途半端なロケーションでなければもっと頻繁に通うのですがー

・・・

さて買って来たシフターはMobiky用に買ったものと同様結構大きめ。

昔のサムシフターはもっと小さかったよね。

ラピッドファイアの部品と共通化しているから?
それともワイヤーを引く力を軽くするため?

前者なら壊しちゃったパーツと同じモノが入っていたらいいなぁと淡い期待。

そこらへんは取り付けの時に中身を確認してみたいと思います。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/08(木) 06:49:26|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新 仁義なき(ヤフオクの)戦い ②

前回ヤフオクで落札できなかったDEORE XTシフター


今回は他の入札者を刺激しない様に入札〆切ギリギリまで潜伏します。

ある程度『これってこの位の相場だよね〜』『これで入札終了だよね〜』てな場の雰囲気が出来たところで

バキューン!!(死語)
(チャリダ〜!♪(仁義なき戦い以下略))

とタマを取りに行く。

慌てて追随しようとしても、ブチ壊された相場感から立ち直る前に戦意喪失して入札を諦める・・

まさにヒットマン(なんのこっちゃ)

泥沼の入札合戦から抜け出すため、そんな作戦で行く事にしましたが・・・

ありゃ、最初から結構ジリジリ値段が上がって来ています。

前回見送った入札の時より早いペースか?

しかし我慢して入札を控えます。

終了5分前を切ったところで、

『タマとっちゃる!』
バキューン!
♪チャリダー!(仁・・以下略)
怒濤の入札開始。

競合に応酬はされますが、『絶対引かない』勢いで入札仕返します。

100円で100円を洗うセコーい抗争、ふたたび勃発(爆)

相手は途中で多めに入札する事数回、『絶対引かない』感を演出するも、これを一蹴します。

こちとらシフターに万札払う位なんとも無いんじゃ!(ンな訳ないが)

急激な価格上昇にドン引きしたのか、程なく競合の入札が収まり、約6千円で落札。

前回競り負けた時の半額くらいで落札できたのは収穫でした。

チェーンは比較的楽に落札できましたが、


シフター以上に難儀したのはカンチブレーキ。

Vブレーキ全盛の現在、新品の代替品が無くなってしまったからでしょうね。

7速のシフターならグレードさえ落とせばなんとかなりますが、
カンチからVブレーキへの換装は敷居が高いですから・・・

カンチ用にフレームが作り込まれていれば尚更です。

それでも最低確保したかった3品目は無事落札。
しめて1万7千円でした。

ホイールとフラペは今回も見送り。

前回落札した品目と同じものが出品されていたのがどの位の価格になったか見てみましたが、熱くなって入札を繰り返して落札したものは高掴みした感があります。

やはり予算を決めておいて、ギリギリでガンッと大きく強気で入札するのがいいのかも。

予算を超えた段階で潔く撤退する事も重要という事も痛感。

今回調達した部品に換装すれば、Wildcat号はほぼ往年の姿に戻ります。

あとはサンマルコロールスのサドルね。
これは今も新品で買えるので助かります。

転居してWildcatが室内保管となったらレストアするぞ〜!って当座のシフター、どうすんの?(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/07(水) 06:11:58|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新 仁義なき(ヤフオクの)戦い ①

Wildcat号の壊れたDEORE XTシフターの代替品を入手するために始めたヤフオク入札。

肝心のシフターだけが落札できずに終わった間抜けな抗争(もとい入札)から1週間が経ち、
同じ出品者様から全く同じアイテムが出品され、入札〆切の日が来ました。

あれだけヒートアップした入札の競合相手はもういない筈ですが、
〆切直前でもないのに欲しいアイテムは結構な入札件数を記録しています。

もしかして競合は業者の人?
また今回も入札してる?
疑心暗鬼になります。

しかしのぉ、今度は絶対に落としちゃるけえのぉ
(チャリダ〜!!♪(仁義なき戦い風だけどチャリだけにねって三たびしつこいッ))

今回のターゲットはこちら。

前回1万円以上の値がついて落札を逃した本命のシフター。
前回より安く落とせれば、かなりお買い得になります。


そしてRDの入札に手間取り入札漏れしちゃったカンチ!(東京LS風(爆))ブレーキ。

Wildcat号のはアルミの表面が白くなっちゃったので絶対交換したいところ。

チェーンは値段が張らなそうだし消耗品なので。


アラヤのホイールは高くなっちゃうだろうなー。ダメもとで。

ハブ・リム・スポークが新品同様だと全体が映えるし、細いタイヤと常時コンバートができるので欲しい事は欲しいのですが・・

バイオペースギアは人気が高く、既に射程圏外。

あの不思議な漕ぎ味が病みつきになるんだけどね〜。

フラペ(変換する時『フラペチーノ』って出なくていいのに)

これも結構高め。
Wildcat号は通常SPDで使うので、あえて入札はしなくてもいいかな。

ちゅうわけで最低3品目は勝負に出るけんのぉ、覚悟しちょれよ(大爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/06(火) 06:14:47|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Be-PALムック本に残されていたWildcat②

Be-PALムック本『MTB使いこなしガイド』にWildcatが載っていましたよっ!

MTBの買い方マニュアル的な記事の舞台がWildcatという設定。

いかにも80年代の女の子が店に入り、

この頃ってダボダボのストーンウオッシュのジーンズが流行りでしたね。

店内は・・・

確かに店の一番北側の島形ディスプレイに2〜3台置いてあったっけ。

ここにあった中から我がWildcat号を選んでいた筈です。
サンマルコロールスのサドルが懐かしいっ

このフレームのディスプレイがどの辺にあったかは記憶が乏しいところ。


高瀬店長さんがお姉ちゃんに30万近いYETIを勧めて『買えないヨ〜ン』の図。

自分も『買えないヨ〜ン』(大爆)

店の前で乗り出した様子。

高瀬店長さんのプロフィールも載っていました。

巻末にはオオタケのご主人のお名前とワイルドキャットの名が。


ワイルドキャットの名前の位置や、広告が載ってない事、『故平木氏』の記述から、記事には残っているものの、少なくとも第4刷の段階では既にショップが無くなっていたのかもしれません。

ともあれ500円でちょっとタイムスリップできましたヨ〜ン

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/05(月) 07:59:55|
  2. Wildcatの足跡をたずねて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年の通勤はじめ・ブログはじめ

2015年あけましておめでとうございます



今年も三鷹〜横浜金沢区までの通勤が始まり、当ブログも再開です。

『元旦にあけおめ記事くらい書くのが普通だろ』って方、申し訳ありません。

当ブログは長い通勤時間内に書いているため、仕事が9連休だった年末年始は放置状態。

これも平日不足する家族とのコミュニケーションを休日で取り返すためでありまして、ご理解頂ければ有難く。

家族に当ブログの存在を知らせていないのもありますが(爆)

『9連休あれば自転車ブログネタもさぞかし貯まったでしょ』って方のご期待にも添えるかどうか甚だ怪しいぐうたら生活でした。

しかしながら色々貴重な情報を提供頂いております皆々様のおかげで、拙ブログも今年は色々な展開が期待できそうな予感であります。

今年も何卒宜しくお願い申し上げます。

2015年仕事始め 狐民千草(こたみ)



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/05(月) 06:55:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (99)
自転車で出かける (43)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (35)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (18)
クルマ (14)
未分類 (174)
自転車以外でおでかけ (152)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR