Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

Mobiky号ビフォー・アフター(3) 遅ればせながら分解開始

休日の作業で暑さにやられる事もなくなったので、いつものファクトリー(爆)もとい階段踊り場にMobiky号を持ち出して分解にかかります。


サドルとサドルポスト(上)は既に手入れして保管中。

なけなしのフェンダーは今回は撤去の予定。


フレームを折り畳む時や運搬時に使うハンドル部に巻いてある硬質ウレタン↓

劣化が激しいので交換、と思いましたが、
全面糊付けでなくペロンとキレイに取れた上、取った跡も塗装がされていてキレイなので、クリーニングだけで済ませられそう。

可愛いスタンドも外します。


小さいアルミのスタンドですが、14kgの自転車を自立させるためにしっかりした造りになっています。

フレームへの固定も3本の六角穴付ボルト(ロックタイト付き)でしっかりされていました。

こういうところは流石SBAA。

内装3段の後輪を外すのは始めてですが、予習の成果あり、無事完了。


フレーム以外の部品は大きめの紙袋に入るボリューム。

フレームだけは玄関に置きますが、あとの部品は水道メーターのスペースに入っちゃいました。

自転車って、大きい様に見えて分解すると、案外構成って少ないなと感じますね。

ゆっくり分解と思いましたが、結局半日もせずに作業完了です。

さ〜て、ここから腰を据えての手入れです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/30(火) 06:07:19|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンパンマン号ビフォー・アフター(2)まずはブザーから

アンパンマン号ビフォー・アフター、
家の中でできるという横着な理由から、アンパンマンのソフビ付きブザーから着手します。

薄汚れたアンパンマン

これでは力も出ないでしょう(笑)

可能な限り分解します。

分解して気がついたのは、
過剰品質と言っても過言ではない造り込み。

プラスチックの一体成形で作ればいいところを複数の部品を防水パッキンを挟んで細いねじで固定しているところが多数。

子供が簡単に分解できない配慮なのでしょうが、精密ドライバーしか使えなかったりで大人が分解・組立するのも一苦労。
これは工賃だけでもかなりのコストでしょう。

マントだけでもネジ2本も使って固定していたのにはぶっ飛びました。

アンパンマンのソフビ全体や首だけでも回る様になっているし、物凄い造り込みです。

さて、予想通り電池は液漏れの跡があり、回路にダメージを与えていた様です。
端子を磨いてから電池を入れてもウンともスンとも。

この電池ボックス、逆さに装着して雨水が溜まらない様にしていたり、固定のネジにも防水パッキンがついているなど、かなり工夫されていたので、液漏れで使えないのはもったいなかった!

動作するなら2種類の音声と、数個のLEDが光るのを楽しめたのですが。

部品をキレイに洗って、クレポリメイトで磨いてから再組立したのがこちら。

多少は元気が出たかな?アンパンマン。

本当は水色のANPANMANが光るはずだったのね。

コストがちゃんとかかった自転車というのは充分わかったので、本体の整備が楽しみです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/29(月) 07:58:20|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mobiky号ビフォー・アフター(2) 12インチタイヤ考

自転車ビフォー・アフターの中で最も遅いペースで進・・まないMobiky号の整備ですが、ネックはタイヤにありました。

12インチのタイヤは基本的に幼児用自転車向けのものがほとんどで、12インチのミニベロ・折り畳み用として大人が使えるとされたものは種類が限られます。

子供用に真円度はあまり重視されず、大人用に使うとフレてしまうのでしょう。
エアを高圧で入れる事もないですし。
子供用の流用は避けた方が無難です。

更に走行時の路面抵抗が少ないセミスリックが欲しいとなると、1〜2種類しかなく、価格で折り合うのはコレくらい↓

KENDA K-909 約1700円/本

買えるショップが限られ、その店が送料も掛かるので、他のネタ・・もとい買うモノと抱き合わせられるか只今検討中。

通販の場合『このパーツは安く買えるけど、他が割高』だったりして結構まとめ買いができないのです。

新聞の記事か何かで、健全な家計の維持の為には1ヶ月1万円以上かかる趣味は1つか2つまでに留める、とありましたが、
自転車のパーツのまとめ買いで毎月1万円以上かけるのは避けたいところ。

実はここら辺にモディファイが進まない真の理由があるわけで・・・

安い中古パーツも出回らないジャンルなので辛い〜。

しばらくは分解・クリーニングの地道な作業に邁進しますよ。トホホ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/26(金) 06:03:55|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

屋根付き自転車 前掛けモディファイ②モデル作成

屋根付き自転車の前掛けだけモディファイするプロジェクト(爆)

まずはどんな形がいいかモデルを作ってみました。

こんな感じで


こんな感じに組み上げるとか


もう少し舵を切った時のねじれに強くするとか


鋭角の部分を作ると応力集中して切れる元になるので、極力鈍角になるようカットしたいところです。

あとは実際に付けた時に何が起こるか・・・

材料は買っちゃったので早く作りたいところですが、慎重に慎重に。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/25(木) 20:41:10|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンパンマン号ビフォー・アフター(1)現車確認

Mobiky号の整備も始まったばかりなのに、別の自転車をいじるの〜?
とか言われそうですが、

むちゅこにお下がりとして頂いたアンパンマン号にそろそろ出番がやってきそう、といく事で、
並行して進めていこうと思います。

実際乗れるかどうかは別として、むちゅこ本人は乗る気満々なのと、ちょくちょくミッキー号をお借りしていたNBさんが晴れて一戸建に引越の運びとなったので。


このアンパンマン号、なかなかコストの掛かった造りで、ヤレも少なく、装備も充実しており、そのまま使えるのですが、
男の子が使うにはかなりビビッドな色使いです。

基本オレンジのアンパンマンワールドのカラーリングなのですが、タイヤはピンク(爆)

男の子が乗ってもカッコいい感じに仕立てたいな〜と。

というか黒のラッカーを使い切りたいだけでしょ(爆)
アンパンマンに黒を入れたらバイキンマンでしょ(大爆)

(汗汗)
そしてハンドルに鎮座する、このアンパンマンのソフビ付きブザー。


今は沈黙していますが、メロディを鳴らすらしきボタンを復活させたいところです。

ハンドルにつけるステーも割れているので最終的に取付固定できるかどうか。

まずは平日夜に手っ取り早くブザーだけ整備開始。

ネジでフタを固定するタイプなので、分解は可能でしたが、中の部品を留めるネジがロックタイトで固定されているのか、かなりカタく、一時断念。

腰を据えての整備になりそうです。

安モノじゃないから、手入れすれば長く使えますね・・・って10年も使いませんがな(爆)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/25(木) 06:23:17|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋根付き自転車 前掛けモディファイ①構想

雨の日の出勤に威力を発揮する屋根付き自転車、全く不満が無いわけではありません。

強風時の横からの吹き込みは仕方ないとして、一番気になるのが前カゴに被せた前掛けです。

雨天時はカバーをかけた後カゴに荷物を入れるつもりでしたが、肝心のカバンのサイズが大きく、スムーズに入らないため、前カゴに入れる事に。

ところが前カゴに被せた前掛けにカバンが引っ掛かり、出し入れに苦労します。
↓こんなん

これでは量産化(するんかい!)の時にクレームの対象に(爆)

元々この前掛けは、屋根装着の最終段階で薄いビニールシートと塩ビ用両面テープを使いやっつけ仕事で作ったもの。
使用しているうちに破れたらちゃんとしたものを作ろうと考えていましたが、なかなか丈夫で破れません。

それでもシート端面の折り返し処理に使った両面テープが黄色く変色してきたここいらが替え時かと。

この両面テープは貼り付ける先が完全に透明な所であるというのは想定していないのでしょう。

そこで新しい前掛けの構想を練る事にします。

この前掛けの難しいところは、カゴにピッタリしたものを作ると操舵の邪魔になる事。

更に荷物も取り出しにくくなるのでルーズに作らなくてはなりません。

『しっかりとした屋根に取って付けた感のある薄い前掛け』ではなく、屋根との一体感・既製品感を持たせたしっかりとしたものを今回は目指します。

更に手元に向かって若干絞り込まれた屋根幅により手薄となった足下をカバーするカウルの役目もさせたいところ。

そこで現在の薄いビニールシートとカゴ用ネットでカゴをルーズに囲む方法から、厚手のビニールシートをカットして、前に垂らすのを基本方針に。

が、前端のパイプに取り付けて垂らし、すぐに幅広とするところまでは既定路線とするも、そこからどの様な形状にするかで行き詰まります。

操舵性・防水・荷物の出し入れを優先させると幅広にしたい。でも駐輪場の出し入れで邪魔にならないようにしたい。
サイドのマチを大きくとって荷物をカバーし既製品感も出したい、でも荷物の出し入れはスムーズにしたい・・

ラフスケッチ案は増えるばかり。

固定方法も変色しちゃう現在の両面テープではなく、ホックを使って既製品感を出したいところ。
駐輪場で隣の自転車と常時接触する部分でもあり、交換が出来る構造にしたいのもあります。

割高なホックを最小限使ってどう成形するか?
とか

悩みは尽きません。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/24(水) 06:04:40|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wildcatの店舗跡を訪ねて②

私がMTBを買ったのは、旧店舗から環七の向かい側に移転した新店舗の方でした。

新店舗に移ったと気がついたのは、たまたま祖母の家から羽根木公園に行った時で、移転した当初は、旧店舗が無くなっていたので、店を畳んてしまったのだと勘違いしてびっくりした覚えがあります。

盗まれた自転車の保険金を手に、どのモデルにしようか悩み抜いたり、サイズ合わせの時に私が『もっと前傾姿勢に』と余計な事を言っちゃった事がいまとなっては懐かしい、あの店はどうなっているのか。

Wildcat新店舗跡は前情報通り、『九州一番』というラーメン屋になっていました。


周囲に当時の事を知る人がいないか探してみましたが、
近所でちょうど開店前のコンビニ・ポプラの店主とおぼしき方とお話ができました。

『大昔に高級自転車を売っている店があってねぇ』

10年ひと昔、20年以上は大昔、なのでしょうか。

目新しい情報が得られなかった事よりも、
Wildcatがあった事は『大昔』であるという事に少しショックを受けながら、
丁重にお礼を言って帰途につく事にしました。


それでも旧店舗・新店舗を久々に訪れて改めて思うのは、世田谷代田はやはり自分のルーツの地であったのだという事と、
現在の充実した自転車ライフの原点なのだということ。

祖母の作ってくれた小エビとゴマの入ったヒジキの煮付けと、生卵を付けて食べる山形屋のもみのりの沢山掛かったそうめんの味と、IRCのブロックパターンタイヤの匂いが鮮明に蘇ってきた気がしたのでした。


ワイルドキャット店舗跡は代田四丁目のバス停前にあります。


いつかここでWildcatに関係する人たちでラーメン喰いながらのオフ会でもできたらいいですね。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/23(火) 06:10:46|
  2. Wildcatの足跡をたずねて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Wildcatの店舗跡を訪ねて①

母の実家があった世田谷区代田、
そこから歩いて数分の所にWildcatはありました。

祖母を訪ねる時に店の存在を知り、Be-PALの記事でその魅力を知ったWildcat。

祖母が亡くなり、家も人手に渡り、Wildcatもなくなってしまい、代田はクルマでは滅多に使わない環七を通る時の通過点にすぎなくなりました。

祖母によく出前をとって貰った鰻の『宮川』は健在のようです。

13ラモーンズさんの情報では(新しかった方の)Wildcat店舗跡はラーメン屋になっているとの事。

いつかは行こうと思いながら、つい先延ばしにしてしまいましたが、
Wildcat号のタイヤがMTBらしくなったのを機に、Wildcat号で三鷹からWildcat店舗跡を探訪する事にしました。

家族が起き出してない朝6時前に出発。

クルマの場合と同様、東八道路を東進して甲州街道に高井戸で合流、というパターンで行きます。

昨年冬以来からの路面の荒れも、太いタイヤならものともせずに進みます。

高井戸手前で朝なのに検問みたいなものに遭遇。
秋の交通安全運動とはいけ早朝に飲酒検問?と思いきや、消防の方の訓練でホースが道を這わしているので注意喚起しているとの事。

朝からの訓練、市民の知らないところで日々頑張っておられる事に脱帽です。

ちなみに夜サイクリングにて三鷹や小金井でも訓練されているのを見ています。
頑張って!

母校を横目に・・・

建物がほとんど変わってしまって、知らない学校みたい。

いつかのGIOSノロノロローディーと遭遇したのでパスすると、
大原交差点。

ここから環七に入り、南下すれば井の頭線の新代田駅に着きます。

駅を過ぎるとWildcatの旧店舗はありまし・・・た?


旧店舗は間口が狭くて、環七に向かって入口が斜めになっていた、ここのはず。

建物の色は白いタイル張りだったと記憶していますが、茶色だった?

20年以上前とはいえ、記憶があやふやになっている事に愕然とします。

もし違うよ〜っておわかりの方、ご教示願いますう。

・・・

当時は狭い間口の店の前に何台もMTBやBMXが置かれていたのでした。

値段は私の当時の経済状況からは手が出せないものでしたし、輪行や自走して千葉の津田沼に持ち帰る事など想像もできず、ただただ羨望の眼差しで店の前を通るだけでした。

(場所を間違えていなければ)この店舗はラーメン屋になっていました。

当時の事を知る方がいないか近所の方と思われる方に声をかけようと思いましたが朝早いので、誰もおらず情報を収集できなかったのは残念。

機会を見て再訪するとします。



そして次は信号を渡り、道の向かい側にあった新店舗跡に向かいます。

ここでちょっと引っ張りますね。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/22(月) 06:51:35|
  2. Wildcatの足跡をたずねて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すね毛を剃らなくなる季節に

横浜の工場に通う時は、本社勤めの時と違ってカジュアルな服装が許されています。

広島勤務時は、管理職は背広(夏はクールビズ)が暗黙のルールだったので、暫くはそうしていたのですが、
出張や宴会出席などが無い限りは、部長クラスでもカジュアルなので、自分も一気に全身ユニクロ化。

夏は半ズボン&ポロ、靴は雨でなければSPDクリート付で通っています。
半ズボンは自転車で走る際の脚との摩擦抵抗が少なく、軽快に走れるのが嬉しいところ。

オジサンのスネ毛はみっともないので、剃り上げます。

普通の男の人が『スネ毛剃ってる』となるとオカマ扱いですが、サイクリストと水泳選手が剃るのは当たり前ですもんね。

5日に1回位のペースで剃っていましたが、いよいよ朝晩が涼しくなり、半ズボンを履いての通勤は厳しくなりました。

チェーン汚れが目立たない黒のタイトなチノへ履き替えに。

スネ毛を剃る必要は無くなりましたが、
Wildcat号で走ると、太くなったタイヤとあいまって鈍重さが際立ちます。

Panaracerの鋭い加速が懐かしく。

走行距離が伸びずに、体重が増えるのも嫌だし。

中古でいいから休日だけPanaracerを履くためのホイール、買おうかな〜。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/19(金) 21:02:50|
  2. 自転車雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mobiky号ビフォー・アフター(1)長丁場の予感

整備後の保管場所が確保されたので、Mobiky号のビフォー・アフター、ようやく開始です。

まずは簡単にできるところから。

サドル(備蓄茶色号に召し上げ済)とサドルポスト(上)の再生です。

サドルは起毛タイプで買った当時は高級感あるものでしたが、
日本の気候に合わないのか、ゴルフクラブのヘッドカバーとかVWのプラ部品のゴム被膜同様、劣化してハゲ落ちていました。

ユニベックスで残ったサドルの起毛を落とし丸ハゲにしてから茶色号に移植しましたが、
結果サドル自体が無くなったので、新規手配する事に。

mcselle CL-1720 EVA レーサーサドル

車体がシルバー・緑のツートンだし、元の黒サドルと同じではつまらないと、緑をチョイス。

購入はいつもの大阪・パーツダイレクトさん。1500円くらいですが、幸い安物感はありませんでした。
表皮はcrocs同様の硬めの発泡ウレタン素材。結構丈夫そうです。

シートポストは滑り止めのシマシマがある上、広島時代に毎日上げ下げしていた傷が無数。

磨いてもピカピカにはならないので、汚れのみを落とします。

サドルを留める六角穴付きボルトはサビを落としてから、例の黒いラッカーで錆止めする予定です。

こんな感じになりました。




今回のビフォー・アフターは、レストア方式で徐々に手をつけていく方法でいきます。

ギミックも多く、替える部分も多いので、1〜2日で一気に仕上げるのは難しいかなと。

最終組立直前には室内に部品があふれる様にはなるでしょう(爆)

飽きずに見て頂けると有難く〜。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/18(木) 08:23:35|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笛吹川フルーツ公園から大菩薩経由で帰着せよ

9月三連休の初日は娘の習い事、
二日目は地元の秋祭りに参加、
というわけで、

3日間遠出もしないのはつまらないと、最終日に日帰り旅行を計画。

ちゅまんない星人のむちゅこが堪えられる移動時間はせいぜい1〜2時間なので、山梨に決定。

目的地は笛吹川フルーツ公園。

(以下画像はネットより拝借)

ここは名称とは裏腹に果物狩りができないという事からなんとなく避けていたスポットですが、
夏期のみ水の流れるアスレチックがあるので子供らが結構遊べるのではというのと、バーベキュー場や露天風呂があるので半日はしっかり家族で楽しめそうという事でチョイス。

朝の渋滞が始まる7時前にTOURANで出発、リニューアルした談合坂SAに立ち寄って9時前に現地着。

まずはちょっとした遊具のある広場から攻略。

都内では危険とかで撤去されている回転系の遊具に酔いまくります。

朝早い事もあり、混んでいなかったので、ここで30分ほどしっかり遊んでから水上アスレチックへ向かいます。

最初は水が流れていませんでしたが、程なくして放水開始。


放水当初の水は濁った感じですが、それでも野田市の清水公園の水上アスレチックとは比べ物にならないほど透明です。

カルキ臭がするところをみると、プールと同じ水の管理をしているのでしょう。

イカダや丸太など、数は少ないですが、子供を遊ばせはがら暑さをしのげ、かつ無料というのがうれしいところ。

この辺りは金川の森公園といい、子供を遊ばせる場所が充実していますね。

横浜に通えるなら住みたいところです(爆)

この水上アスレチック、水が流れるのは9月一杯との事、興味のある方はお早めに。

次は露天風呂のある『ぷくぷく』へ。

以前この上にある『ほったらかし温泉』には行ったのですが、むちゅこの湯上り後に休憩できる様なスペースが無かった様に記憶しているので、今回は若干標高は低いもののこちらをチョイス。

むちゅこは私と一緒に男湯へ。
むちゅこ初の公衆浴場の男湯です。

ほったらかし温泉ほどではないものの、なかなかの眺望。
富士山は残念ながら見られず。

湯船でウンをしないか、湯当たりしてないか厳重警戒する父を文字通り尻目に、そこいらの子供より落ち着いて、温泉娘みたい(爆)に入湯するむちゅこ。

湯船の外にいるアリを見て連呼するほかは至って行儀良く過ごしていました。

ひとしきりむちゅこを洗って、
むちゅこにシャワー水栓で遊ばせているうちに自分のむちゅこを洗って(爆)、入浴終了。

気がつけばカミさんと娘より長湯でした。

スタッフの方の話では、前日日曜は芋洗いで更衣室に入る事も出来なかったそうです。
ゆったり入るにはオフピークを狙う必要がありますね。

入浴後はぷくぷくの目の前にある公園のバーベキュー場でバーベキュー。

3人前5400円はなかなかお高めですが、肉が美味かった。

溶岩プレートで焼くのは始めてですが、鉄板・網と違い焦げ付くまでの猶予がかなりあるので、じっくり焼いて食べる事ができます。

焼きそばは地元の太麺をカラメのソースで仕上げるスタイル。

鉄板ではよくやる、水を少しかけて蒸らす事は溶岩プレートでは全く不要です。
水分がなかなか蒸発せず、味が薄くなっちゃうので。

バーベキュー後はソフトクリームを食べて、土産を買って、帰途につきます。

がっ!

1時過ぎで既に中央道には渋滞発生。勝沼〜笹子と上野原〜小仏のWパンチ。

過去にもこの渋滞にかなりの時間が掛かったので、避けるために早めに出発したつもりだったのですが・・・

明日は平日、
しかし広島に出張なので、新幹線に乗ってしまえば寝て行ける。

甲州街道経由で一般道で行くか?

と、曲がる角を間違えて、進んだ方向は『塩山』(爆)

これは大菩薩峠の傍をかすめ奥多摩経由で青梅に出る峠道に行けと?
なんかローディーのブログで凄い峠として紹介されていた様な。

自転車で行くにはかなりタフな道ですが、今日はクルマ。
ガソリンも充分。
幸いむちゅこも娘も疲れてぐっすり寝入っています。

カミさんは一度この道を通った事があり、『かなりの山道』だとやんわり釘を刺されましたが、
渋滞で疲れるより、峠で走りまくって疲れた方がマシと、いう事で突撃します。

自宅までの距離は約100km、若い時分に東京〜広島を一般道で行ったり、夜な夜な峠で走り込んだ身としては、なんとかなる距離でしょう。

ただクルマがカプチーノからTOURANになり、乗っているのは家族4人になっちゃってますから、安全第一です。

ナビはしきりに『戻って甲州街道経由で』を繰り返しますが、無視して進みます。

聞きしに勝るこの峠、なかなかタイトで攻め甲斐があります。

登坂車線で抜かれたFDをペースカーに、後ろに先代エルグランドを牽いて、若干混んでいる峠を速めのペースで進んでいきます。

途中登ってくるローディー3名を見かけますが、1名は女性でした。
すんご〜い。
いずれの方もきっちりと締まったローディーの体型。
何処から来てるんだろ。

いつか来た奥多摩湖、結構来た青梅を通過した頃にはナビも観念し、新青梅街道の渋滞を
避けながら、約100kmを4時間かけて帰着。
峠は目一杯堪能しました。

う〜ん、でもこの距離と獲得標高、ツールの選手なら朝飯前に走破しちゃうんだろうな〜。

こちとらクルマなのに、ハンドルをグルグルして腕は熱っぽく、眼精疲労で眼球はピクピク。

今の自分にはこの峠を自転車で登る気には全くなれませんわー。
ついでに言うなら、
クルマで行ったら大人しく渋滞に巻き込まれましょう(爆)

でもいつかしっかり身体を絞ってから、自転車で挑戦、するぅ?

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/17(水) 06:04:51|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三鷹のダンジョン物置攻略

これから整備するMobiky号をちゃんと保管するため、伏魔殿と化した物置の整理に着手します。

こんなになっちゃった理由は、娘の勉強机セットの側机とベランダに置いていたダストピット。

側机は場所を取る割に使い勝手が悪く、キャスターが壊れたため物置で棚代わりに使えるかもと放り込んだもの。
モノはいいので分解・切断して廃棄するにはかなり手前がかかります。

プラ製ダストピットは、息子がベランダで上に乗っかって4階から転落するリスクを無くすため、これまた物置で物入れの代用にと放り込んだもの。
こちらも切断するのがかなり面倒。

物置には収まったものの、いずれもサイズが大きいので物置の中で立体交差の様になり、結果デッドスペースを作ってしまった状況。

こいつらをなんとかしなければならないのですが、策は考えてあります。

この二つをこれまた片付かない共用倉庫の整理に活用すれば、ウチの倉庫も片付きwin-winとなるとという考え。

というわけで、まずは物を全て取り出します。

まずはお下がりで貰った手押し車が2台。

カミさん曰く、1台だと公園に集まった子供らで取り合いになるので2台必要と。

それからガラクタのようで実は子供の砂場セット。

ソリが3つ。

1つは捨てるだけのために入ってました。これはバリバリなので細かく破壊して捨てましょう。

いよいよ出て来た側机とダストピット。

まずはよけておいて、中の整理にかかります。

幸いな事に、空き部屋の物置が開いているので、廃品は回収業者が来るまで仮置きさせて貰います。

そして共用倉庫にコソッと側机とダストピットを入れて整理します。
↓こんな感じ


物が少なくなった物置に物を入れ直した結果がこちら。

Before


After



『何ということでしょう』ってな事はありませんが、なんとか片付きました。

これならMobiky号もちゃんと入ります。
手押し車は自転車置き場に置けないので並べて収蔵。

インフレータやメンテスタンドも片付きました。
今までは取り出すのも命掛けでしたが、すんなりと出し入れ可能に。

これでやっとMobiky号の整備に着手できる環境が整いました。
さあて、どうリニューアルしましょうかねぇ。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/16(火) 06:30:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家探しクリテリウム(3)お巡りさんと会ったら

家探しクリテリウム第3弾、
今回は目下気になる物件の夜の姿をチェックしに三鷹市某所へ。

ここは建売ではなく、単発の売地なのですが、広めの道路南付きで日当たり良好、北側斜線規制も厳しくないので、狭いながら圧迫感の少ない整形地。

坪単価もべらぼうでないので、今年は『健弱』の年にて転居しない、と決めていながらも食指が伸びてしまいそうです。

ネガといえば、
電柱と電線の存在感が強い事、
奥に瀟洒ながらもアパート群があり地区内での格差感が気になる事、
隣の大豪邸(売主?)と比較してしまうとガッカリ感が出る事くらいでしょうか。

既に昼間数回訪問して現地を見ていますが、果たして夜の姿は如何に?

元々ちょっとした商店街だった名残か、街灯が明るめのアプローチ。メインの道路から1本入った所なので静かです。

近くに交番もあるので、治安の面ではプラスです。

当該物件が面している道路の奥は行き止まりなので、不特定多数の通行人が通る訳ではないのも良い点。
子供がラジコンをしても良さそうな道路は貴重です。

気になる道路奥のアパートの様子をうかがいますが、
どこかの世帯が騒がしいわけでもなく、ホタル族がたむろしているわけでもなく、静かなものです。

売地は既に区画を示す杭が打たれており、その一角が3区画に分かれていると思いきや実は4区画に細分されているという事が判明。

30坪って狭いのね。

周辺の物件が33〜35坪としているのを見ると結構広く見えるのですが、3〜5坪の差が狭小か否かを分けるものなのでしょうか。

建ぺい率40%、容積率80%と厳しいので、
マンション程度の延べ床面積の家しか建ちませんからねー。

しばらく現地で佇んて帰路につこうとした時、アプローチ道路の塀際に人影が。

お巡りさんでした。

こちとら自転車に明るいLED2灯もつけて走っていた事もあり(無灯火な事が一番お巡りさんに声を掛けられやすい)、
職務質問もされずにすれ違い、現地を離れましたが、
よくよく考えてみれば、このお巡りさんにこちらから声を掛けれはよかったのでした。

そうすれば『近所に住人トラブルが起きたり、問題のある人がいたりしないか』を教えて貰う事も出来たでしょうに。
(これは後日カミさんにも指摘された)

夜中に暗いところでお巡りさんに声をかけるのはかなりはばかられますが、『ここの物件の購入を考えている』と説明すれば大丈夫かと。

ま、一通り職務質問はされるかもしれませんが、貴重な情報を得るには仕方ないですね。

つぎはちゃんとお巡りさんに声をかけるぞ。

ただ最低限物件の情報を持って行った方がいいかもしれません。

空き巣と間違われたり誤認逮捕なんかされたりしてはいけませんのでね。

ともかく、治安は確保されている、という事で(爆)

来年まで売れ残っていたらここを買うかもしれません。
売れてしまったら縁が無かったという事で。

・・売れ残ってくれーい



・・・

後日、この物件が売れてしまった事が判明。
買う時期はないと決めていましたが、
残念。

実際に買う段階になったらこの物件をベンチマークにして買うか買わないかの判断をしたいと思います。

それにしても残念!

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/12(金) 06:57:05|
  2. 夜のサイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマ道楽の行方(2)電気自動車考

愛車TOURANを購入し、車検などでお世話になっているディーラーから、車検前でもないのに連絡が。

電話に出たカミさん曰く、GolfとUP!の電気自動車が今年暮れにも出るとの事、

(画像はネットより拝借)

そういえば車検の時に欧州でリリース済のこれらがいつ日本導入なのかを聞いてたっけ。

昨今のガソリン高、しかも現車はハイオクオンリー、クルマでの遠出はほぼ無いとなれば、ランニングコストの安いエコカー、特に電気自動車が気になるところ。

100km走って500円しない、というのは魅力的です。

しかし、現在選べる選択肢が少なく弱いため、食指が伸びません。

日産Leafはあの妙竹林なカタチが
三菱i-MiEV過去の品質問題が
BMW i3は500万円する価格が
ネックになっております。
PHV、PHEVも然り。

日産・三菱連合で安い軽ベースのEVを作るという情報もありますが、生産が三菱というところでOUTかも。

テスラが350万円くらいで量産、という話もありますが、どこまで現実的なのか見えませんし。

自転車がメインの生活になってから、
遠出するにもクルマを使う事はめっきり少なくなって、
9年目のTOURANにガタが来ているわけでも不満があるわけでもなく、
退役させて新車を買う前に『今は家でしょ』的な雰囲気なので、
家計の事を考えて、一時クルマ無しの生活もありかなーと考えてみたり。

そんな中でのVWからの情報、
市販車ベースならそんなに高くはないだろう、と期待して本国の価格を見ると・・・

e-GOLFが500万円、e-UP!が350万円くらい(爆)

Leafなどを照準に合わせた戦略的価格がつかない限りは補助金を差し引いても無理そうです。

このままだとe-GOLFは完全にi3に食われちゃうでしょうね。
冬場は電熱式ヒーターのため、オプションのヒーターに替えないと後続距離が80km程度と短いのも弱いところです。

VWJはシロッコとかEOSとかGOLFカブリオとか、数が出ない車種の値付けが高すぎる傾向があるので、コレも同じかな〜。

来年頭には価格もわかっているでしょうから、車検前の見積で判断する事になりそうです。

カミさんは『補助金入れて220万円ならLeafでいいんじゃないの』てな具合ですが、アイボリーの内装がむちゅこにドロドロにされるのは必至。

う〜ん、ホントにクルマ無し、自転車オンリーの生活にしちゃうかも。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/11(木) 06:11:42|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと出番が!Mobiky号ビフォー・アフター、の前に?

当ブログのタイトルにもなっていながら、単なる部品取りっぽくなっているMobiky号。

駐輪場保管しているうちにイタズラなのかド派手にパンクしてしまい、暫く放置しておりました。

これではブログ村でミニベロ・折り畳み自転車をポチってくれた皆様に申し訳ない!
(12インチ○ッキー号・茶色号はミニベロ・・・ではないかぁ)

というわけで、ここいらでMobiky号を現役に戻す事に。

と、その前に、やる事がございます。

元々物置に保管していたMobiky号。
物置に保管するものが増え過ぎて、やむなく駐輪場暮らしとなりました。

でも本当はコンパクトに畳めるのだから物置に保管したいのです。
折角ビフォー・アフターしても、また汚れてサビてでは忍びない。

そこで本家ビフォー・アフター、そのまんま、

物置を片付けます!

んで、これが今の姿。


((((;゚Д゚)))))))

ここはゴミ屋敷でつか?

そこそこ片付いている我が家に、こんなダンジョンが存在していたとは。

1日で片付くのか、全く自信なしでつ。

俺はリフォームの匠となれるのでつか?

🔻ポチつて頂けまつと幸いでつ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/10(水) 06:10:43|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家探しクリテ番外編 トヨタホーム住まいの見学会に行くっ

震災になった時の事を考えて職場に自転車を備蓄しちゃう性分としては、家を建てるにも防災を考えた造りを追求したいところです。

いまのところ候補に挙げているのは耐震&耐火に優れるヘーベルハウスとユニット工法の耐震性に定評あるトヨタホーム。

竜巻だろうが土石流だろうが津波だろうが( ゚д゚)、という大成建設パルコンはコストが厳しいのでむずかしいかと。

とかなんとか言ってやっぱり予算が足らず地元の工務店に頼むかも。

最大あと4年半も社宅退去期限まであるので、今の段階では選択肢を絞っておらず、情報収集の一環としてハウスメーカーの見学会なんかにも行き始めているわけです。

実際に事が動き始めたら、別のブログが立ち上がるかもしれませんね。

以前三鷹のハウジングプラザに見学に行ってから、トヨタホームのSさんからは工場の見学会のお誘いを何度か受けておりましたが、
娘の土曜の習い事の制約があり、折角アポがとれても大雪で中止になったりで行けずじまいでありました。

今回は比較的近所の、実際に建てられたお宅の実例を見学するということで、娘が習い事に行っている間に見学できるのでエントリー。

4時間行程で、ちゅまんない星人のむちゅこが堪えられるかがポイントとなります。

ダメなら途中で戦線離脱ということで。

14時出発の5分前にクルマで到着、トヨタホームのモデルハウスへ。

既に小型の観光バスが止まっており、挨拶と記念撮影をして出発。

見学のしおりには今回見学する家2邸の概要が書かれており、どれだけ参考になるか目を通すと、

敷地面積は60坪。

う〜ん、参考にならない(爆)
ほぼモデルハウスを見る感じになりそう。

こちとら三鷹近辺で30坪の土地が買えれはいいところ、
更に建ぺい/容積が40/80の条件では狭小しか建ちませんからねー。

しかし以前行ったヘーベルハウスの見学会でも、広さはともかく得られるアイデアはありましたので、期待していきます。

1件目は調布といっても成城に近い邸宅街の一角に、外構工事以外がほぼ完成したお宅。

年配のご夫婦の建て替えで来客が多い、ゆくゆく介護が必要な事を見越した作りとなっていました。

リビングは『ここは卓球場ですか〜?』と聞いてしまう、イチジョウマンが27人入れる27畳。これは真似ができません。

感心したのは和室。

6畳の広さの真ん中に2畳だけ畳があり、あとは板の間です。

これは将来介護状態になった時にベッドを置ける様に、との事。

確かに全面畳の部屋に介護用ベッド、というのはよくありますが、
とかく汚れがちな部屋をキレイにしやすいという機能面もさながら、辛気臭さがないのがいいですね。

自分も年をとって介護状態になったら、こういう明るい部屋で長患いせずに、さっさと天に召されたいものです(爆)

2階のコの字で囲まれたバルコニーは、使い手がありそうで、ルーバーで目隠しすれば狭小にも応用できそうです。

こちらのお宅の場合は、外観のバランスを取るためにやむなく作ったとの事、
いや〜、一度でいいからンな事言ってみたい!

外観は、そこいらの建て売りのサイディングとははっきり一線を画す高級感のあるもの。
耐久性もあるのでいいですね。

ここを設計された設計士の方と現場監督の方とお話しましたが、非常に落ち着いていて、こちらの質問にも的確に答えて頂いたので、かなり好印象。
実際に建てるとなったら、この人にお願いしたいかなと。

2件目は世田谷の祖師ヶ谷大蔵の地主さんらしき方のお宅。

こちらは2階をメインの居住エリアとし、ホームエレベータで1階との動線をつないだ贅沢な造り。

1階はとんでもなく広い玄関と、お友達と麻雀するための豪華な客間、そして抜け目なく賃貸スペース。

奥様と娘さんが応対してくれましたが、エビス様みたいな幸せを絵に描いた様な方でした。

こういう人柄に運がついてくるんだろうなと。

うちはむちゅこのウン○は毎日ついて来ますが(爆)

キッチンはクローズドですが、シンク前が窓になっていて2階のテラスに直結しているのにはシビレました。

これを我が家で応用したら、カフェ好きの娘の婚期は確実に遅れるでしょう(爆)

引き戸オンリーにして徹底的に煮詰めた動線が参考になりました。
風呂水を使える位置に洗濯機を配置しているのもナイス。

奥様から幸運を分けて貰おうと、むちゅこと握手してもらい、見学は終了。

全行程狭い道と渋滞には閉口しましたが、ちゅまんない星人が爆発寸前で三鷹に戻って来られたのは幸い。


2邸とも玄関が広く、自分なら自転車を何処に置くかをつい考えちゃいましたが、そこで心境の変化が。

それは、自転車乗りといえど自転車の置き場を玄関にこだわらない方がいいかも、という事。

どんなに広い玄関でも、自転車が置いてあったり壁に掛かっているだけで何か雑然とした雰囲気になってしまいそうなのです。

自分にとっては何十万もする宝物でも、例え玄関が凄く広くても、そこはキチンと分けるべきかもしれません。

インナーガレージに、と飛躍するのもなんですし、30坪で何が出来るかを冷静に考える時に来たのかなと思いました。

今度は自転車乗りで狭小のお宅だけの見学会、ないかなー。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/09(火) 06:09:47|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の長雨?屋根付き自転車フル出動

ここ数日一気に夏らしい雰囲気が失せて涼しくなってしまいましたね。

寝る時に窓を広く開け過ぎると朝は寒いくらいです。

そして雨。

屋根付き自転車のカギを持ち出す回数が増えました。

しばらくホコリをかぶっていた屋根はすっかり雨でキレイに流れてしまい、雨ジミが心配になるほどです。

相変わらず夜泣き・朝泣きの息子に翻弄されるカミさんに、雨だからといってクルマで駅に送って貰う必要が無いのは助かります。

走行していて屋根の骨格部分の軋みが気になっていましたが、
イレクターパイプのジョイントの増し締めで解消しました。

ただ塩ビシートで覆ってしまったジョイントは増し締めできず。

↓こんなところとか


塩ビシートのカット時にジョイントを覆わない様にするとか、
組立時に六角穴付きボルトの向きを整備性を考えて組むとか、
設計・組立時に配慮が足りなかった部分が後から露呈してしまいました(大爆)

この部分の増し締めが必要になったら塩ビシートの張り替えになりそうです。

また、気になるのはスタンド。

アシスト自転車用で丈夫とはいえ、
屋根がつくと強度・安定性に不安が。

屋根付き自転車の先輩ぬうぼマンさんから『スタンドは最初から交換対象』と教えて頂きましたが、確かに安心して駐輪するには子供乗せ自転車の幅広でゴツいものへの換装が必要ですね。

内装3段車のスタンドの交換方法をマスターして、早々に着手したいところです。

屋根を付けたままの交換、イケるかな〜。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/08(月) 06:14:38|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の多摩湖自転車道を走る

仕事が早く引けたので、三鷹に戻ってからいつものサイクリング。

多摩サイに行く時間は十分ありましたが、いつもと同じというのもつまらないので、コースを変える事に。

以前は玉川上水沿いを上るコースを使っていましたが.若干路面の凸凹があるのでタイヤを薄いのに替えてからはご無沙汰になっていました。

今のぶっといタイヤなら無問題なので、久々に通ってみようかと。

ただ通るのもつまらないので、休日朝には走る事もある多摩湖自転車道から走ってみます。

多摩湖自転車道は多摩サイと違って一般道と交差する部分が多く、車止めが鬼の様に立っているのが特徴。

同僚が車止めにぶつかって落車し大怪我をしたのを見ているので、夜の多摩湖自転車道は敬遠していたのですが、ものは試し、ネタを探し、ということで。

暗い事は暗いですが、多摩サイと違って近くに色々な光源があるので、暗いなか車止めに衝突しそうで危険、という事はありませんでした。

幅が広めで中央線が描かれている上、歩行者用と思われる側道もあるので、
多摩サイで感じる追い抜き・すれ違いのストレスはかなり少なめ。

ただ車止めにはやはり閉口します。

光源の無いところに立っている事は無いのが救いですが、
これはSTOP&GOのトレーニングと割り切るしかないですね。
この前多摩サイでロードに千切られたのを思い出しながら、減速→ダッシュを繰り返します。

また西武線の駅近くでは、完全に『歩道』と化していました。

しかし『歩行者優先』ではなく『歩行者注意』となっているのがせめてもの救いでしょうか。

歩行者は『ここが自転車道である』事をちゃんと意識しながら歩いている様です。

『自転車道だから』と我が物顔で走るつもりは毛頭ありませんが、
『歩行者優先』とした途端、自転車キープレフト・歩行者キープライト、『人輪分離』が崩れて危険な感じがします。

多摩サイも少しだけでも拡幅して、中央線を引いたり人輪分離をしてくれるとホント有難いのですが。

新小金井街道との交差点から小金井方面に向かい、路肩のかなり広い道に入ります。

道が広いのに要らぬ幅寄せをしてくるのは大体が軽自動車かB〜Cセグあたり。
サモシイというか、なんというか。

日頃大きな車に虐げられている可哀想な人達のストレス発散のネタにされるのは堪らないので、ブチ抜きます。

玉川上水の側道に入ると、めっきりクルマも減り走りやすく。

この側道をいつもは三鷹側から西進するのですが、
路側帯が進行方向左にしかなく、路側帯を走って東進する自転車=逆走を誘発するので、結構ストレスに感じていました。

今回は逆に路側帯の無い側をキープレフトするので自転車の逆走は皆無。
道が狭いので、すれ違うクルマが結構なプレッシャーにはなりますが、台数自体が少ないので、許容範囲かと。

1時間弱のサイクリングで20kmちょい、
このコース、結構気に入りました。

ただ凸凹はあるので、パンクしないタイヤでなら、という条件付きですが。

ゆえにロードと走って一旦先行してしまうと、車止め付近の段差でどんどん差がついていまう奇妙な現象が起こります(爆)

さて9時半前に家に戻ると寝ているはずのむちゅこがお出迎え。

んでもってお父ちゃんの夕食のキンピラをつまんでご満悦。

はよ寝てくれ〜ぃ。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/05(金) 06:20:18|
  2. 夜のサイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家探しクリテリウム(2)アグレシオ エグゼ三鷹上連雀第1期

先々の転居先検討のため、近所の不動産の夜の姿を自転車でグルグル回って確認する『家探しクリテリウム』第2弾。

最近夜に雨がパラつくので家に直帰するパターンが多く、走れないフラストレーションが溜まります。

というわけで今度は武蔵境から三鷹にエリアを移しちょっとだけ長めに走る事に。

アグレシオ エグゼ三鷹上連雀第1期

(画像はネットより拝借)

33〜35坪と最低分筆面積よりちょっとだけ広く、市役所などの行政サービス拠点が集中する界隈にあるので、駅近くでもないのに価格は5600〜6600万円と若干お高めです。
安い価格のは旗竿の区画なのでしょう。

三鷹の旧区画ならではの4m幅の狭いアプローチはお約束ですが、
幼稚園が近くにあるだけの治安の良さが際立つのか、三鷹警察署裏・コメダ珈琲絡みで落ち着かない環境なのか、いざ確認。
クリテ、スタートです。

連雀通り・山中通りとも自転車で走るにはクルマのプレッシャーが大きいため、スピードは出ないが裏道を通る事にします。

テレビによく出るコメダ珈琲の角を起点に現地をグルグル開始。

現地は建築の真っ最中、旗竿区画と合わせてびっしり建物が建っている状況で、
4m道路とのバランスの関係か、建物から受ける圧迫感が結構あります。
イメージ図の様に離れて家を見る事は、物理的に不可能です(笑)
火事の時どうなるんだろと、とか要らぬ心配も。

周辺は三鷹駅に近いほど旧くからあった家なのでしょうか、豪邸と言っても良い家が並びますが、離れて南・西方向に進むほどそういう雰囲気が薄れます。

マンション・アパートも多いですが、いかにも昔の集合住宅、というのはあまり見当たらず、ある程度上のレベルでも色々な層の住人が混ざりあっている地域なのかもしれません。

コメダや警察署の影響は、少なくとも夜は無いと考えます。
緊急出動のパトカーの音がダイレクトに聞こえる事もなさそうでした。

街灯は多くもなく少なくもなく、周辺に工場や資材置場などもなく、忌避する施設もなさそうでしたが、1点気になったのは住宅地に似つかわしくない自動販売機の点在が結構あった事。

おそらく副収入を狙って住人が設置したものと思われますが、
道を明るく照らす反面、
そこにたむろする者、立ち止まる者の存在を正当化してしまい、空き巣の下見などをさせやすくする防犯上の大きなデメリットが自動販売機にはあるのです。

豪邸が並ぶ道沿いにはないコレが街並みの格を一段下げている事は確かです。

三鷹駅に近いので売れるのでしょうが、ちょっとお高めの価格と、建物の圧迫感、街並みの残念ポイントから、この物件をカミさんとの茶飲み話のネタに留める事にしたのでした。

今回グルグルした距離6km
短っ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/04(木) 06:37:23|
  2. 夜のサイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中市交通公園で乗り物三昧

娘の夏休みも最後の土日。

どこか連れていけ的な雰囲気の中、
天気も曇りで気温も上がらず、
近場で済ませるにはどうするかいなと、
全くノープランでクルマを出発。

そういえば夏でも涼しければ連れて行ける場所がありました。

府中市郷土の森公園の中にある交通公園。

確か足踏みのゴーカートやら何やらあったはずと、
ナビ設定し30分位で現地到着。
駐車場(無料)は出足が遅かった割には空きがありました。

少し晴れ間が出て暑いかな、というくらいの中、むちゅこを乗せたバギーを押して進むと、

ありました。

都電

京王バス

消防車

SL&EL


全部むちゅこの大好きなものが置いてあり、むちゅこ大興奮。
(画像はネットから拝借)

しかしビビりのむちゅこはバス以外には絶対に近寄らず、遠目に見て大興奮。

退役した京王バスは比較的新しく、子供が入れ替わり立ち替わり運転席に座ってハンドルをぐるぐるする中で、
むちゅこはあちこち座席に座ったり降りたり、降車ボタンを押したり、タラップを上ったり降りたりしています。

バス以外でむちゅこが気に入ったのはクルマの形のボヨンボヨンする遊具↓


娘は、ゴーカート(エンジン&EV)に乗ってご満悦。

1周100円というのもサイフに有難く。

3周まとめて走る事も可能だそう。
二人乗りもOK、ただ最初に『二人乗り券』を買う必要があります。
券売機はレバーを押さないとお釣りが出ないので注意です。

さて娘曰く『EVゴーカートは走り出しが唐突なのでエンジンのゴーカートの方が乗りやすい』との事。

お父ちゃんは新しくてデカイのでEVゴーカートを気に入ると思ったのですが。

エンジンのゴーカートの方が行列が長かったので、待ちたくない人はEVゴーカートがオススメ。

でも子供達はエンジン車の音と振動に魅力を感じるんだろうなー。
アイポイントも低いからスピード感があるし。

娘は結局5周回って500円、安いっ。

足踏みのゴーカートは無料ですが、順番が回って来るのが遅いので、これだけをやりに来ると残念な感じになるかも。

ちなみにこの足踏みゴーカート、屋根を付けたら楽しいだろうなー(爆)と思うのは私だけ?(大爆)

多摩川の川べりに出るもよし、芝の広場で簡易テントでも立てて弁当でも持ち込んで食べて遊ぶもよし、バーベキュー広場もある様で、ここは色々使えそうです。
プールも水遊び広場もありますが、今回はちょっと寒いのでパス。

興奮し過ぎたむちゅこは昼飯食べにクルマ移動開始早々に爆睡。

カミさんも『これなら平日むちゅこを連れて来たい』との事、
なかなかリーズナブルでお気に入りのスポットとなりました。

多摩サイの脇でもあり、
自分だけ自転車で来て、カミさんらはクルマ、というの、アリだな〜。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/03(水) 06:01:39|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠距離通勤者が震災に遭ったら?(20)備蓄自転車を職場に配備する

職場に震災時家に帰還するための自転車を備蓄するプロジェクトも今回で最終回です。

収納箱に茶色号と予備品・工具を入れて、緩衝材として冬に窓の断熱に使った銀マットを使います。


蓋をして密封して出来上がり。


さて、これを三鷹から横浜まで運ばなくてはならないのですが、

本当は、
夏場の電力消費の平準化のため1週早くなった会社の盆休みの翌週の出勤日=世間は盆休みの時に、
空いている電車でハンドキャリーするつもりだったものの、
工期延長のため時機を逸してしまいました。

そこで考えたのは、
カミさん子供を八景島シーパラに連れて行く名目で車で運ぶか、
ヤマト便で送ってしまうか。

悩んだ末、現地周辺の激しい休日渋滞のリスクを考え、ヤマト便で送る事に。

ヤマト運輸の営業所に持ち込み、輸送費 1606円を払って茶色号を託します。
モノがモノなので輸送保険も入らず。

翌々日、無事に会社の受入窓口に到着。
そそっと机の下に収めてプロジェクトは完了です。

↓こんな感じ

ちょっとひざとつま先が干渉するのは残念ポイント。

ちなみに補給の食料はこんな感じ。↓


当ブログを読まれた方々も、職場から家まで戻るための手段として自転車を常備してみては?(笑)

なお、横浜の職場には三鷹周辺に家族のいる方があと3名もいます。

使わなくなった自転車が手に入ったら備蓄自転車をまた作るかもですよ。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/02(火) 06:04:44|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

多摩サイでロードに千切られるの巻2

日曜の昼は南大沢のアウトレットに行き食べ放題でしこたま喰ってしまったため、
家族が寝静まった9時に多摩サイへ。

パンクが続いたWildcat号、平日は雨で屋根付きで通勤、残業が多い、の3重苦を言い訳に、多摩サイから足が遠のいていたため、災害時に背負う水2L分痩せるどころか太ってしまったので、少しでも走らなけれはというわけで。

安く、太くなったタイヤ(と身体(爆))でどのくらいまで走れるか、も気になります。

いつもの天文台前の坂を下り、速度は35km/h超出る事を確認。

ホイールの性能さえ出ていれは、タイヤがアレでもスピードはまあ出ると。

日曜夜で流石に空いている多摩サイに入り、平地もスピードが乗れば30km/hくらいは出る事を確認。

加速感は求めてはいけませんが。

路面のギャップを太いタイヤがいなすので、装着している鈴さえあまり鳴りません。

乗り心地が良くなったのと、路面の状況に神経質にならなくて良いのはいいですね。

ロードのタイヤで乗る時のスキルは確実に落ちているでしょうが、
毎日のパンク修理生活から解放されただけでも有難く。

いつもの是政橋でUターンした時、
1台のロードが見えたので、風よけにしない程度に離れて追走。

暗くてブランドは分かりませんが空走時のカチカチカチの音で、安物ではない事は明白。

ケイデンスは90近いと思われますが、なぜか速度は22〜23kmとかなり遅いペース。

でもブチ抜いたら、抜き返されて終わりになりそうなので、一定の間隔を保ちます。

時折鳴る私の鈴の音の音で後ろに誰かいるのは察しているでしょうが、
ペースを上げるでなく、歩行者から安全な間隔をあけてパスしながら走っていきます。

こちらは漕ぐか漕がないかの狭間、ポタポタペースでついていきますが、

このままで終わらないだろうな、終わりそうだったらブチ抜いちゃおうかな〜

と思った矢先、水処理場の排水路手前からロードがガンッとペースアップ。

速度は30km超ですが、ついて行けない速度ではありません。

MTBでもロードについていけるッ!

ガッツリ追走して多摩川原橋まで向かいます。

しかし途中で歩行者を安全にパスして再加速、を何度かされたところでジリジリ置いていかれます。

Panaracerだったら、などと考えますが、どう言い訳しても、こちらの走り込み不足が主原因でしょう。

あのペースでずーっと走り続ける事ができる体力があれば、最後までイケたのにな〜


爆走するロード、後ろを見るとついて来ているのはMTB(爆)


そんなマンガみたいな展開になるよう(大爆)、日頃から走るのはサボっちゃいけません。

といいながら月曜は雨(大爆)

屋根付き自転車で多摩サイ、行く?

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/01(月) 07:52:25|
  2. 夜のサイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (73)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (148)
自転車以外でおでかけ (137)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR