Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

自転車用トランクボックス改造(後編)

手持ちのパーツではトランクボックスの改造が完結しないので、
向かったのは東八道路沿いのNAPS。

オートバイに心奪われていた中高生時代に雑誌の広告をよく見ていた南海部品ですな。
BEETとか、ヨシムラとか、懐かしい〜

社会人になってからも原付を乗り継いだ時期がありましたが、
ドアtoドアで移動できる乗り物に乗っていると、肥えるばかりなのと、
中古で買った個体がことごとくダメダメで、社宅を出て置き場が全く確保できないというのもあって、バイクには一切縁遠くなってしまいました。

ローン持ちはアシスト自転車に屋根つけて走るのが関の山でいっ

とはいいながら、
屋根付き自転車の製作にあたってはバイク用品を横目で見ながら、というのも事実であり、
折角なので店内を物色いたします。

おお〜っ 凄い品揃えだねぇ

むちゅこの18インチ改造にあたり、
スワローハンドルを検討したのですが、

重い重い重い重い重い重い
幅広い幅広い幅広い幅広い

径は確かに細いが、こりゃ自転車には使えません。

おおっ、こんなところにドリンクホルダーが。

フレームにつけるんじゃなくてハンドルバーにつけるわけね。

折角なのでトランクボックスも見てみます。

むうぅ、どれも幅広くて重くて高い。

もしかしたら安いモデルで軽くてイイものがあれば、と思いましたが、
残念ながら今回買った2700円某のボックスに勝るものはなく。

ではお目当てのモノを買うとしましょう。

それは、赤いリフレクタ。

オートバックスにはベースが白で貼り付けるタイプしかなく、取り付けるボックスと一体感を出すための黒いベースでボルト留めのものはバイク用しかない様で。

しかし、さすがはバイク用品店、リフレクタもナンバープレートステーとセットなのね。

リフレクタ単体でも結構たくさんありましたが、

ベースが黒でボルト締めタイプ、となるとコレだけ。

ホントは真四角でない方が手作り感が無くて良かったのですが、
値段も400円という事で、これで手を打ちます。

家に戻り、
早速位置決めしてボックスに穴をあけ、ボルト締め部分を突っ込みます。

カバンの出し入れの際にネジ山で擦れない様に、袋ナットで固定。

なんだか既製品っぽくなりましたぁ

あとは取り付けですが、
荷台につける専用品でないので、
ここでまた一手間掛かります。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/23(金) 07:57:12|
  2. 自転車用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車用トランクボックス改造(前編)

屋根付き自転車用のトランクボックスを悩んだ結果ポチッたものが、やってきました。

カギ付密閉ボックスなので何処に置いても安心〜

黒とブラウン基調のリチウムビビにドンピシャで合う色ではありますか、
汎用ボックスである事には変わりないので、
ここからもう一手間かけますよー

取り出しましたるは、三ヶ島のペダルを買った時に付いてきた、リフレクター。

クラシカルな雰囲気を優先させ、こういうもんは取っ払ってしまうのですが、
こんな所で役に立つとは。

タッチペンでマーキングし、
穴位置を決定、

ドリルでガシガシ穴を開けていきます。

リフレクタの取付ダボを突っ込んで、

抜け止めのため、ダボを半田ごてで潰してしまいます。

んーなんか足りないかぁ

というわけで、
こたみが普段行かない所に買い出しに行くのでありました。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/22(木) 07:35:53|
  2. 自転車用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自転車用トランクボックス調達(後編)

色々調べた結果では、
自転車の荷台に載せられるヒンジ・カギがついたプラ製密閉ボックス(汎用)、となると事実上選択肢はコレ1種類となります。

コレは、あの方の装着されているボックスですなっ

つまり散々悩んだ挙句、あの方の手の平で踊っていただけという事ですなっ

しかし、ここでこたみはこんなのも見つけてしまいます。

なんと同じカギ付きRVボックスの色違い。

男の道具箱的な売り方で、全く同じ金型から打っているはずなのに2,000円ちょっとのモノが2,700円(税抜)になっております。

密閉度を上げるためパッキンが入っているのは走行時の音対策にもなりますし、
使われている樹脂の耐久性・耐候性が高まっているなら宜しいですが、
色だけだったら少々商売があざと過ぎまっせ、アイリスオーヤマさん。

でもこれは良いかもしらん、とサイズを見ると、

むむむ、コレも内寸長40cm台に届かないか。

ここで万事休す、あとはリアル店舗に置かれている物で何かアイデアが生まれるか、
川崎のユニディに立ち寄ります。

キャンプ用品売り場には、それらしきボックスは色々ありましたが、ほとんどがクーラーボックスでありました。

確かにコレを積んで夏場の買い物にはいいかもしれませんが、ねぇ。

おっ、このバッグはどうだ?

クーラーバッグのしっかりした感じの様で、カバンも入るサイズ。

しかし、よく見ると、これはキャンプの時の「ダストボックス」、
一気に購入意欲が萎えます。

おおっ、これならカバンも入る!

フタを閉めてみると、

デカデカと「MAIL BOX」の文字が。

つまりは宅配ボックスのカギなしアイリスオーヤマ版と。

そもそもカギが無いので選択肢にもならず。

件のカギ付きボックスがあったので、
ダメ元でカバンを入れてみると、

入るやん!

斜めにすれば全くストレスなくカバンが出し入れできる事が判明、
晴れてコレの黒バージョンをポチる事になったのでした。

とはいえ、そのまま使うのでなく、少〜し手を入れたいところではあります。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/19(月) 07:47:12|
  2. 自転車用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自転車用トランクボックス調達(前編)

屋根付き自転車に着けていた後ろカゴのカバーは、使い勝手がイマイチだったせいもあり、
早々に撤去してしまっていたのですが、

今回行った屋根の改修で前支柱が低くなり、手前から通勤カバンを前カゴに入れる事が難しくなってしまいました。

前エプロンの捲くれ止めがあるため、エプロンをめくって前カゴから荷物を出し入れするのも面倒になったため、
雨天通勤時に通勤カバンを濡らさず積む事が緊喫の課題に。

駐輪場で心無い輩に後カゴへゴミを入れられる事もあり、
その隙も与えない様にするには、やはりリアボックスであろう、という事で、
購入を検討します。

以前も購入検討はしたものの、
目星をつけていた宅配バイク用みたいなものは自転車向けには無く、
折り畳みバギーも載せる事を考え、カゴカバーの自作に至った経緯がありました。

今回は、

①少なくとも42✕15✕32cmの通勤カバンや、帰宅途中の買い出し荷物が入る事

②カギが掛けられる事

③駐輪場での取り回しを考慮し、全幅は自転車用後カゴ並みの35cm程度に抑える事

④DIY感の無い外観である事

を条件として探します。

しかし、この条件がかなり厳しい事がすぐに判明。

宅配バイク用のボックスはピザを入れる事が念頭に置かれているため、「横幅35センチ程度」という条件が真っ先に立ちはだかるのでありました。

昔からあるメイホーのバイクボックスは幅も狭く値段も手頃でイイかと思いきや、

通勤カバンが全く入らない大きさと判明。

「ンなら通勤カバンを替えちまえよ」と言いたいところですが、
現在使っているエースのビジネスバッグは、会社で使う作業着を詰めて通勤電車で座席に座っても周囲の邪魔にならないベストな大きさ。

5年使ってもヤレが無いので、コレを買い替えるつもりは当面無いと。

コレもいいかぁと思いきや、

長さ(=奥行方向)が30cm台を超えられず。

そんな中、
エネループバイク用と銘打ったボックスを作っている所が見つかりました。

おお、イメージ的にはこんな感じだ。
横幅さえ狭ければ・・・

同じメーカーからはこんなのも。

上の突起がカッコええ。
横幅も狭めでイイかも。

しかしサドル側から開閉するタイプゆえ、
屋根の後支柱に干渉するのでNG。

これは・・・

よう使わんが、欲しい(爆)

色々見て回ったものの…
作って売る側の意図と、こたみのニーズが完全にすれ違っているので、購入を決定するに至るものは結局出てきませんでした。

あとはバイク用品でないものから選ぶしかないかぁ。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/16(金) 07:51:02|
  2. 自転車用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リフレクタ取付位置のトレンドが変わるのか

こたみの高校時代、
マウンテンバイクの黎明期という事もあり、
フラットバーハンドルが軽快車にも装着できる様にと市場に単体で出はじめた頃でありましたが、
現在では安物ママチャリをはじめ一文字バーはどこにでも見られるモノになってしまいました。

同様に、リフレクタも「泥よけ後端につけるもの」という固定観念から、泥よけナシ・もしくはリフレクタの付かない泥よけの自転車が出て来るにつれ、
リフレクタはシートポストステーにつけるのがカッコイイという流れが当時はあったかと思います。

それも今や泥よけ付きの格安ママチャリにもリフレクタがシートステーにつくようになり、
特別なものでもなんでもなくなってしまいました。

それゆえこたみの自転車改造にあたっては「シートステーにリフレクタを絶対につけない」という不文律があります。

それにはもう一つ理由があり、
ほんの一時期だけサドルピンに共締めして使う金属ステーを使うリフレクタがあり、
それが今となってはレアであり、
サドル下に真ん中に位置するリフレクタがバイクっぽくてカッコが良かったからなのであります。

金属製はともかく、シートポストに取り付けるリフレクタがなかなか店に売っていなく、
娘のゴールドマルキン号(すんごい○ンタ○っぽい)では手持ちのステン板で無理やりサドル下に取り付けていたのですが、

カミさんの実家に行った先のベイシアで、シートポスト取り付けタイプのリフレクタを発見、購入をした次第。

早速取り付けてみると、

うん、しっかり取り付くのでイイわぁ。

しかしハタと気が付いたのは、ベイシアでも売っているという事は、随分蔓延、もとい流通しちゃっているのでは?と言う事。

リフレクタの取付位置のトレンドがまた変わる?

これも格安ママチャリにバンバン付けられてほしくはないなぁ。

シートステーにつけるタイプの方がコスト的にチョビっと安いはずだから、そこで踏みとどまって欲しいところ。

入手しやすくなったのに、なんだか複雑な気分であります(単なるワガママかいっ)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/05(月) 07:49:29|
  2. 自転車用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (114)
自転車で出かける (55)
自転車をいじる (278)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (234)
自転車以外でおでかけ (194)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR