Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

18インチMTBルック車改造⑥ハンドル・サドルポストで力抜ける

子供自転車のパーツバリエーションで壁にぶつかるのは、ハンドル周り。

普通のママチャリサイズのハンドル径が握れないか、握れてもブレーキ(レバー位置調整ネジ付)が即座に操作できないのであれば、子供用のハンドルとブレーキは必須であります。

となると、ステムから上は選択肢がほとんどなく、16インチのリモデル時に18インチのものをグリップまでも流用したのはそのためでした。

その点ではこの18インチを作ったあさひの商品企画力は凄いよね、と思わされるわけでして。

このハンドル回りを再度18インチに戻す、というのも手ではありますが、
これはこれで完成品として誰かに引き継いで頂きたいのと、
戻すだけでは元のなんちゃってMTBが完成するだけとなってしまいますので、つまらないと。

なんとか別のパーツに換えたいところでしたが、
大枚はたいて(ここでは諭吉の事ではない(爆))交換するだけのものが見つからなかったので、
なんとも安易な方向に向かいます。

取り出しましたるは、

今どき臼引き上げボルトが六角穴付きじゃないのかよとツッコミの入るステム。

そう、コレはブリヂストン16インチエコキッズから外したフツーの子供用アップハンドルなのであります。

色々細いハンドルを探したものの、
BMX系(コレがメチャクチャ高い)
フラットバー系(アップ目に座らせないと視界確保の上でキケン)
バイク用スワロー系(重くて幅広過ぎ)
いずれもチョイスできず、
それならばと、まさかのダウンサイジング。

ハンドル幅が狭くなって危険になってはマズいので、幅を確認したところ、

デフォルトのBMX風ハンドル:50cm
16インチ用アップハンドル:42cm

と、確かに幅が狭くなっております。

しかし、むちゅこの肩幅を測ると、

いいとこ30cm。

これなら使用に問題無しと言うことで、コレを使っちゃいます。

と言う事は、18インチのキャラクターは限りなくフツーの自転車、という事になり、
パーツチョイスのテンションは一気にダダ下がり。

その流れでサドルポストもアルミとか何とかこだわらす、元アシスト無し屋根付き自転車のベース車に付いていたものを流用する事に。

ああっ、もう屋外保管半年で錆びちゃうなんてっ

と再塗装に備えます。

ヤグラもこんなんでいいわ。

コレも再塗装待ち。

どうせコレにスポーツバイクのサドルが付くんでしょ、ネタ的には。

・・・ハイ、そんな感じかも(爆)

方向性はグダグダになりましたが、
丁寧に仕事はさせていただきまっせ〜

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/21(水) 07:53:11|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18インチMTBルック車改造⑤クランク調達で結構悩む

今回の18インチルック車改造では多段化を諦めたものの、
デフォルトのクランクは現在運用中の16インチとサイズが全く同じであり、
16インチのギアが既に軽すぎるかなぁという現状では、このまま18インチに同じクランクを投入すると、早晩ギアが軽すぎる状態になると予想されます。

少し重めのシングルギアで使わせるのもアリ、重くて使えないのなら最初のうちだけデフォルトに戻せばいいかという事で、
代わりのクランクの選定にかかります。

デフォルトのクランクは、クランク長127mm、歯数は28。

適正クランク長=身長✕0.1から、127mmのまま歯数だけ上げる事になりますが、
28の一つ上はいきなり36に飛びます。

デッドストックのママチャリクランクと同じ歯数、

外径もこんなに違います。

フロント3枚ギアのミドルからアウターに入れちゃった位のインパクト。

ただ、今回なんちゃってMTBのぶっとい2.25タイヤをやめて軽くなる分も考慮すれば、結構バランスが取れるのでは、と考えます。

しかしギア径が大きくなってチェーンステーに干渉して使えないのでは、デッドストックを徒に増やすだけなので、試しにママチャリクランクを装着。

どうかなー

おお、クリアランスは問題なし。

一番奥に突っ込んでも干渉しなさそうで、
更に歯数を上げられなくもないくらい。

歯数UPによってデフォルトのチェーンカバーはお役御免、多少の軽量化に貢献して頂きます。


そしてアマゾンからやって来たのがこちら。

36T・クランク長127mmのメッキ物クランクです。

メッキ掛けのプラ製チェーンガードがしょぼ〜

これの代わりにアシスト無し屋根付き自転車のベース車から外したガードを、と思いきや、

4ケツやんけっ!

仕方なく、
付いていた内側のチェーンガードを、

いつもの様に、バッシュガードにする事にしますた。

塗装とボルト選定は後日、と。

ギヤ比が丁度良くなるかはわかりませんが、
とりあえずコレでいきまっせ〜

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/20(火) 07:50:55|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18インチMTBルック車改造④ホイール整備(後編)

前輪に続いて後輪も手を入れていきます。

バンドと接触する面が錆びたドラム。

ここが真っ先に錆びるクオリティって何よ?
錆びると抵抗が増えて止まりやすくなるってか?

バンドブレーキをやめるか否かにかかわらず、こいつは外さなくてはなりませぬ。

しかし工具が無いので後回し、と。

まずはゴリ感満載のハブ軸を、

ってギャ〜〜〜〜〜〜〜〜(しつこいっ)

クスン、中にオドロオドロしい物体が(オイ

はいはい、コレもパークリで洗って(コロコロコロコロ(!))グリス詰めて

玉当りキメてクリーニングしておしまいっ

スプロケも磨きましたわよ。


さて、問題はドラム抜きをどうするか。

毎度毎度ディスりながらも量販店の閑散期を狙って持ち込むのもイヤになっちゃったので、
ここいらでDIYに切り替えたいところであります。

ところがこのドラム抜きなる専用工具、
コレにしか使わないのに3〜4千円するシロモノ。

カップ&コーンのワン回しと並ぶ「世界三大買いたいけど買えなぁいチャリ工具」なのであります。(もう一つは?)

代用品として知られる「ユニバーサルホルダ」なる工具であれば、千円前後で手に入るので、

買ってみることにします。

がっ、
どうにもホームセンターには置いていない。

コレでイケそうな気もするが、高いやね。

というわけで、ここならあるだろうと向かったのがプロ向け工具が揃っているドイトプロ。

おおー、さすがに色々揃ってますなぁ

しかし、目的のユニバーサルホルダだけが、無い。

悩んだ挙句、目に入ったコイツをダメ元で購入します。

「コブラレンチ〜」(ドラえもん風、ちなみに「〜」は商品名には無いダス)

小さいサイズもありましたが、ここはパワー重視でデカイ方を。

ビンを開けるのにも使えそうだし、千円程度なら買って使えなかったとしても許せるかと。

家に戻って説明書通りに締め付けてまわしてみるも、

ドラムが回る前に腕の筋繊維がブチ切れそうになり、一旦断念。

子供用自転車の制動で締め付けられている位なら楽にイケると思ったが、甘かったか。

やはり金物でないとダメかぁ、と諦めかけますが、タイヤを履かせて力が入る体勢で再チャレンジすると、

ヌルッ

と、取れたぁ〜

滑る事もなく、工具側の強度に不安もなく、ドラムが外れました。

大人用自転車でどうかは判りませんが、おそらくこれでしばらくはドラム外しは大丈夫そう。

前後車輪の整備は終わりましたが、次は何処に手をつけるのか、結構悩みます。

それは・・・

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/14(水) 07:50:22|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

18インチMTBルック車改造③ホイール整備(前編)

むちゅこが次に乗る18インチMTBルック車を改造するプロジェクト、
手始めにホイールから弄っていきます。

フレームエンド幅とハブ・リムのホール数から多段化を諦めた後輪。

フレームが普通の安物小径と同じ135mmのエンド幅なら、運用期間もいくらでも長くできたのに、
ピストにもなれない120mmノーブランドハブ、錆っぽい中華シングルギアが物悲しく。

唯一の救いは、黒塗装の劣化があまりなく、クリーニングだけで済みそうな点。

アシスト無し屋根付き自転車ではニップルだけタッチアップという素人作業をしましたが、
この手の補修塗装はもうしたくないので。

タイヤはシュワルベの18✕2.25。

頂いた当初はそのまま使えると喜んだのですが、太い方が段差越えで滑らないのはわかるけど、舗装道路の走行性能は思い切り犠牲になるのでは。

ハブのゴリ感は、

うん、許容できません(爆)

早速バラしていきましょう。

タイヤはスペアとしても保管せず廃棄。

代わりにJマート閉店セールでゲットした1本10円(!)のタイヤと、1本200円のパナチューブ(スゲー価格バランス)を準備。

2.25と1.75では随分太さが違いますな。

ママチャリ水準のMTBルック車なんですから、ママチャリ並のタイヤで丁度いい、と。

重さも1本800グラム弱から

600グラム弱に減。

外周が小さくなる分も含め、ギア比が軽く感じるので、多段化できない以上、唯一弄れるクランクをどうするかが課題ではあります。

次はハブを前輪からバラしていきます。

そしてグリスの引き直し。

ギャ〜〜〜〜〜(お約束)
中からオドロオドロしい物体が(後輪でも言うなよ)

古タオルで受けて、パークリかけてサッと磨けばこの通り。

キレイになった途端、コロコロするので要注意って言ってるそばからコロコロ〜

ベアリング受け側もクリーニング。

黒塗装は擦れておりましたが、母材のムシレは無かったので、
グリス詰めて玉当りをキメます。

あとは磨き倒して、

やっすいタイヤ履かせて前輪は作業完了〜

至ってフツーですな。

続いて後輪に取り掛かりますが、
アノ部品をなんとかせねばなりません。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/13(火) 07:50:03|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

18インチMTBルック車改造②フレーム確認・清掃

ベース車両、特にフレーム現況を確認しなければ、改造の方向性が見えないので、細かくチェックしていきます。

パッと見キレイな塗装なのですが、
あさひの子供自転車でつや消し塗装ってあったっけ?

ううむ、単に屋外保管で塗装が劣化しただけなのかがわからない。

剥がし損なったステッカーを取り除けば判るだろうと剥がしにかかりますが、

これが取れないいっ

普通は布テープの接着面を何回も当てていく事でステッカーの糊が徐々に取れていくはずが、
逆に布テープの糊がステッカーの剥がし跡にどんどんくっ付いていく始末。

ドライヤーで温めてもなかなか取れず、難儀しました。

やっとの事でステッカーを全剥がしし、全体をクリーニングしたのですが、
なぜか部分的に艶が出てきてしまい、

どうやら艶消し塗料を最後に吹いたものが劣化している模様。

このまま上からクリア塗料だけを吹くのも良くないかー?

手持ちの残塗料を前に塗装をどうするか悩みます。

黒、銀はほとんど空に近く、クリア塗料とミッチャクロンばかりが沢山ある状態。

とはいえスプレー缶をあまり買い足したくはないしねぇ

BBはゴリ感も少ないので、パンドラの箱は開けずにいきます。

さて、今回の改造の方向性を決める「エンド幅」。

フロントはまぁどうでもいいのですが、

問題はリアエンド。

あぁ〜、やっぱり。

120mm幅となると目論んでいた多段化は無理ですな。

リアハブ&リムが20Hと中途半端(一つ飛びでもスポーク張れないホール数)、
18インチの安物小径車を手に入れてリアホイールだけぶっ込もうにも135mmの突っ込めないエンド幅だろうと。

それをひっくるめ、なんとかするまでコストを掛けるほどのベース車ではないので、今回は魔改造レベルにはどうにも踏み込めなさそうです。

さて、デッドストックになっていたエコキッズのサドルを突っ込んでみて、

サドルポスト径を確認。

ここは普通のママチャリと径が同じなので、
あとはポスト長をどこまで伸ばすか、だけですね。

長ーくしても、先々に渡り多段化は無いとなれば、せいぜいショートクランクで歯数を増やす程度しかできず、
それでも足りなくなったらこの18インチも卒業、と。

ほどほどのポスト長を狙うしかありません。

なんかSBAの策略にまんまと引っ掛かっている様で、ムムム〜

唯一、後の泥よけステーが丈夫そうなので、

バンドブレーキをやめることができそうです。

ステー自体もパイプではなく板が溶接されているので、補強も部品充当もしやすそう♥

さぁコイツをどう料理するか、
今回は金を掛けても魔改造出来ないなら、
なるべく金を掛けずに大変身、がテーマとなりましょうか。

なんだか力があまり入りませんが、こたみの有り余る自転車愛、ソコソコ入れてみましょう!

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/02(金) 07:56:33|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (111)
自転車で出かける (54)
自転車をいじる (268)
自転車用品 (40)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (20)
クルマ (14)
未分類 (198)
自転車以外でおでかけ (168)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR