Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

女の子用自転車を男の子用に改造②メインパーツ塗装そしてしくじり

フレームさえ塗装できれば作業は後に続く作業は自ずと加速されるのが自転車リメイクの定理(爆)

分解してすぐにフレームの塗装準備にかかります。

むちゅこにも紙ヤスリを持たせて足つけ作業。

防犯登録シールとヘッドパーツにマスキングをして、

まずはフロントフォークだけ塗装します。

今回のフロントフォークは黒。

完全乾燥したところで、フォーク側をマスキングして、

ご近所が窓を開ける時間帯を外すため、
休日早朝にメインパーツを一挙に塗装しに掛かります。

フレームは、シルバー。

手持ちの塗料で残量が多かったのと、娘のゴールドと被らない様にと。

むむっ、クリアを吹いた後に塗り残し発見。

ここはLOOK車ステッカーを作ったシルバーのカッティングシートで埋めてしまいましょう。

アオバ号でしくじった防犯登録シールは・・・

今回は上手くいきましたー

フレームはこれで塗装完了。

次は18インチからもぎ取ったハンドルバー。

デフォルトの黒色は屋外保管でくすみが目立っていましたが、

こいつを、

ゴーーーーーーールド(しつこいっ)に塗ってしまいます。

ゴールドのハンドルバーはBMXではセオリー通りの塗色でありますが、
これを幼児用に使ってしまうという趣向です。

癒着防止のため、グリップ付近は塗らずに済ませました。

お次は若干の擦り傷・錆の出ている前かご。

タッチアップとして、デフォルトと同じ耐久性のある黒で。

その流れで、オレンジのチェーンカバーの内側を塗ってしまいます。

ミッチャクロンで下地を整えて、いざ黒色に・・・って

弾かれとるっ!!

足つけのサンドペーパーがけをしくじったか?
それとも脱脂が不十分だっか?

これではとてもカバー外側を塗装するに堪えません。

一旦拭ってやり直しを図るも、

こらアカンわ。

態勢を立て直すにも、ご近所のシャッターが開く音がしたため、この日は作業終了。

樹脂製のチェーンカバーは
アンパンマン号ではバリバリに割れるし、
今回は塗装が乗らない、と鬼門の様で。

短期決戦とか云いながら、結構手こずりそうです。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/19(金) 07:57:31|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女の子用自転車を男の子用に改造①分解洗浄と現況確認

お向かいのF様よりお下がりを頂いた女の子用16インチ。

ブリヂストン・エコキッズ、メーカー物です。

これをむちゅこが使える様に改造するわけですが、
同時にお下がりで頂いた18インチの男の子用自転車があるため、部品の新規調達はほぼ無いのと、

12インチのアンパンマン号が使用限界に来ているため、今回の改造はスピード勝負です。

まずは現況確認しながら分解に着手。

プラホイールに装飾のカバー、さらにステッカーでデコられております。

色彩的には取り外したいところですが、
パカッと外れる構造になっておらず、
かなり頑丈なため、ちょっとめくって外した姿すら確認できない事から、
カバー自体はつけたまま使用せざるを得ないと判断、ステッカーだけを剥がす事になりそうです。

荷台、泥よけは撤去し、サドルは18インチからコンバートですな。


クランクとチェーンカバーが干渉しているのはなぜなのか・・・

チェーンカバーがはめ込みタイプにて、取り付け位置の調整ができないので、どうしたものか。

まさかBBシャフトの向きを間違えていたのか、それとも・・・

チェーンカバーは塗装なり何なりするので、
組立後に擦れが起きるのは、剥離に直結するので致命的、
ここはなんとかしたいところです。

このタイプの臼引き上げボルトは久々に見たなあ。

ハンドル回りは18インチから移植するのでデッドストック入り。

BBを残し一挙にバラしましたが、

実は右ワンを外すためのM16ナットがこれに限っては少しだけ大きいために使えず、
右ワン残しでクリーニング・塗装をする事になりました。

18インチから流用するハンドルと前かごも摘出完了。


通常グリップは新品交換なのですが、
幼児用の細いハンドルバー用のグリップは選択肢が少なく気に入ったものの新規調達が難しいのと、
幸い形状がこたみ好みのデフォルトのグリップを徹底洗浄したところ、充分使用に堪えると判断、
買わずに済ますことができました。

さあ今回は一気にいきますよーっ

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/18(木) 07:38:14|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさか、2台同時に?

12インチのアンパンマン号のお下がりがむちゅこにはサイズ的に限界に来たところ、

過日18インチ子供車をお下がり頂くお話を頂戴しておりましたが、
いよいよ受け取りの日取りが決まり、平日ゆえカミさんが車で先方のお宅へ向かいました。

こたみは横浜の事務所で仕事、

と、カミさんから電話が。

「もう1台くれる、っていうんだけど」


・・・なんですと?


聞けば調子が良くなかったので、買い替えたために使わなくなった大人用のママチャリがあるとの事。

いずれにせよ車には載らないので、
引き継ぎリモデル可能なヤレ具合なのか、
棄てるしかないレベルなのかを判別するため、写真だけ撮っておいてくれと頼みました。

程度が良ければ、後ろ子のせ卒業後のふらっかーずの後継機としてカミさん用自転車を仕立てる事もできるかも、というわけで。

ダメならダメで元々、ですしね。

と、その日に帰宅して、駐車場奥の暗がりに停められた18インチをちょっとだけ触り、

結構しっかりしてるじゃない、と
出迎えたカミさんに声をかけると、

「隣のもう1台も見た?」


・・・なんですと?
 

翌朝目に飛び込んできたのは、

18インチの隣に鎮座する16インチ子供車
(°Д°)

もう1台って、大人用ではなくぅ~?

幼児一人に自転車3台持ちとは、むちゅこも立派な自転車オタク(爆)


聞けば、頂いた18インチの荷下ろしの最中に、向かいの奥様から、年子の姉妹に同時購入した2台のうち1台が完全に小さくなってあぶれてしまったので・・・とお声がけ頂いたとの事。

きょうびヤフオクでもハードオフでも売り払う手段はあるでしょうが、
そこを敢えて声を掛けていただいたのなら、と
カミさんが頂く事を即決した、というわけです。

その際「旦那が原形をとどめないほどイジりますがいいですか?」と念押ししたそうで(爆)

実はむちゅこに18インチを使わせるには少し時期が早く、
アンパンマン号の部品を移植するなり工夫が要ると思っていたので、
このタイミングでの16インチは正にベストタイミングで有り難く。

女の子用自転車を男の子用にリメイクするというのもブログネタには美味しいですぞ。

ただアンパンマン号12インチのチェーンケースがバリバリ割れていくので、早々にこの16インチを仕上げなくては。

まさかの2台同時お下がりのおかげで、
部品を双方から融通できるため新規の部品調達はほぼ無しで済みますが、
一体どのくらいの早さで1台をリモデルできるのか、時間との戦いでもあります。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/17(水) 07:40:29|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新プロジェクト プロローグ そんなに急がなくてもいいのさ

アオバ号のプロムナード化が完了した翌月曜日、
予てよりお話のあった18インチ子供用自転車のお下がりを頂く事になったと、カミさんから連絡が。

(画像は前方の御自宅にてエフェクト増し増し)

三兄弟の一番下の男の子が使っていたもので、
身体が大きくなったので、上のお子さんの自転車(量販店の安物ではなく、ちゃあんとしたメーカー物)を順次お下がりしていくという図式と思われます。

ロハスでミニマリストのお宅との事なので、
我が家にお下がりするのを虎視眈々と狙ってくれていた事が有り難く。

こちらもむちゅこの12インチアンパンマン号がサイズ的に限界を迎えそうなので、ヤフオクでベース車をポチる寸前でありました。

しかし、オークションで自転車を入手するのはリスクが大きく、躊躇していたのも事実。

気心の知れた人からお下がりを頂くというのは、ただ中古品を手に入れるのとは根本的に何かが違うという事を再認識させられたのでありました。

それは自転車のみにあらず、

広島時代にリサイクルブティックで買った服を娘にあてがった事がありましたが、
タンスの肥やしとなるばかりで、
お下がりとは、ハードだけではない何かを「受け継ぐ」ものなのだろう、という結論に。

さて、車で自転車を引き取る前日、
先方から、
「本人がまだ手放したくない」との事で、週末まで待って欲しいとの連絡が。

身体が大きくなって、もう乗らないはずの自転車への思い入れ、
おそらく末っ子ゆえお下がりばかりだったものを、海外赴任で自転車を一旦処分してしまったがため、
日本に戻ってから初めて新品を買って貰ったのではないかと思われます。

それゆえこの自転車は本人にとって特別なものだったのではないかと。

その気持ちはとても大事ですなぁ。

こたみも小1の時分に福島から親の転勤で千葉に引っ越す際、プラレールを処分してしまった事が今でも記憶に残っています。

どんな車両を持っていたかなんて全く覚えていないのにね。

その子が自転車のお下がりを受けるときに、
我が家の様にリメイク・リニューアルする事はないでしょう。

せめて休日にその子の使う自転車を手持ちのパーツで何かしてやりたいところですが(ブログネタ的にも(爆))、
休日はサッカーに行くのに自転車を使うため、それも叶わず。

むちゅこは身長でいけば18インチにギリギリ乗れますが、
手は紛れもなく幼児のそれであり、
アンパンマン号のステムからハンドル回りを完全移植でもしようかと思っていたところ。

つまりは手放すことを急がずに、本人が納得するまでは待ってあげて欲しいと、先方には伝えた次第。

そして、いつか完全リニューアルされた自転車を見て喜んで貰いたいと思うのです。

今回の改造は力が入りますゾ。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/12(金) 07:46:47|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオバ号 魔改造ふたたび 完結編

最後にチェーンをつけて完成、といきたいアオバ号。

しかし残る作業がありまして。

それはウイングナット(as 飾り)。

ぬうぼマン様のご指摘により、ナットの締め付けで後輪車軸の位置を決めるエンド形状の場合、
手で締め付けるだけでは踏み込みトルクに負けて車軸が前方に動いてしまうという問題があるとの事。

盗難紛失だけを気にしていたので、目からウロコ。

しかし、もとよりアオバ号での輪行やクイックリリースの代用は考えていなかったので、
(それよりも手で取れないように固縛するつもりだった)
躊躇なく対策をとります。

デッドストックの部品から、
後輪ブレーキ用の薄いハブナットを2個出してきて、

ウイングナットの内側に入れてガッツリ締め込み、その上からウイングナットでキッチリ締め込みます。

普通のハブナットと違って薄手なので目立たず、
レンチで締めこむ上、ウイングナットとのWナット固定になり、締め付け不足問題も解消。

ただ、あくまでも飾りとして使っているので、
機能性をとなれば、エンド径をいじって値段もこなれたクイックリリースを入れるしかないですね。

あとは盗難紛失防止のワイヤー固縛をして完成です。

元々お下がりだったマルキン号がアオバ号となり、

今回の魔改造でこんなになりましたー

おお、別物だ。

ママチャリ臭を一掃できたとまでは言えませんが、
プロムナードといえばプロムナードだなー、という出来。

乗ってみると、
前後ホイールが換わった事と、泥よけが無くなった事で軽快感が向上。

対してハンドルは操舵は軽いが操舵「感」は重厚で、
ママチャリとは全く異質の、「いいモノに乗っている」感が出ているのは意外でした。

ステムとハンドル、グリップでここまでタッチが変わるとは。

唯一、センタースタンドは脚が長いため曲がる時に先端を擦るので、これは要改善。

ゴーーールドに塗ったところでドン引きした娘も、まぁ満足してくれた様です。

これにてアオバ号の再・魔改造は完結しましたが、
塗装の耐久性がどれだけかは未知数。

案外早めに再塗装だったりして(涙)

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/10(水) 07:49:43|
  2. 自転車をいじる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (64)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (253)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (145)
自転車以外でおでかけ (134)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR