Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

千葉でお手軽乗り鉄三昧(後編)

千葉みなと駅からそのまま次の乗り鉄にと思いましたが、
元千葉県民なのに未訪問であったスポットに折角なので行ってみる事にします。

ちょうど停まっていた出発直前の小湊鉄道バス(こんなところまで路線を持ってるんだねー)に乗車し、

やって来たのは千葉ポートタワー。

姪っ子が小さい頃に両親が連れて行ったという写真だけがあって、いつかはわが家も行くであろうと思っていたのですが、
父は鬼籍に入り、母も千葉を離れ、その機会がもう無くなってしまったので、
今、行こうと。

1階はお土産店とテーブル席、100m以上登った先の2〜4階が展望スペースとレストランになっております。

入場料は大人420円(幼児無料)ですが、
受付の人がしきりに「割引になるモノを持っていないか」聞くので、よくよく料金表を見ると、モノレールの1日乗車券を持っていれば300円になるとのとの事。

こんなところで1日乗車券の償却ができるとは♡

他にも千葉県民か千葉市民が持っているらしいカード、JAFカード、千葉ロッテマリーンズ会員証でも割引になりますが、
なぜか公式HPにはその情報が載ってないというおトク情報。

券売機で入場券を買う前に、手持ちのカード類は要チェックです。

エレベーターで登った先は、周りに遮蔽物の無い360度パノラマ。

お決まりの有料望遠鏡は「太陽を見ないで」とあるのでキケンと判断、
むちゅこの100円入れてコールをスルー。

貨物船のダイヤがマニアックですな。

恋人同士で来ると楽しいですが、
男の子連れで長居はできないスポット(爆)

ビュッフェレストランでバカ食いする気分でもなかったので、早々に下に降ります。

ポートタワーの入館料の領収書で50円割引となるロードトレインは、暑すぎて乗客もスタッフも誰もおらん。

駅に戻るバスがすぐに来たので、お土産屋でアイスを食べる余裕もなく乗車し、千葉みなと駅へ。

こたみの秘めた郷愁にむちゅこをつきあわせただけとなりました。

さてここから京葉線で海浜幕張駅に行き昼食、
「鉄道ひとり旅」で天ざる好きとなったむちゅこは、てんやの天ざるそばを平らげます。

ここから次のお目当て、幕張本郷駅までの連節バス(画像はHPより拝借)に乗ろうというわけですが、

折しもこの日は花火大会当日、
あの長い車両は渋滞の原因となるためか、
ひっきりなしに臨時のバスが来るものの、連節バスは待てど暮らせどやってきません。

凍ったアクエリアスでむちゅこの身体を冷やしながら待つも限界、
「また今度乗ろう」とむちゅこを納得させ、
普通の京成バスで幕張本郷駅へ向かいます。

連節バスに乗る方は、周辺のイベント開催日でない時を狙わないといけませんね。

駅からはJRの幕張車両センターが見え、むちゅこのテンションが少し回復。

京成千葉線にはむちゅこ未乗車の新京成が乗り入れているのと、
とある情報をつかんでいたので、
京成の車両の便を1本スルーして待ちます。

やってきたのは、コレッ

9月までの期間限定ラッピング車、
「ふなっしートレイン」です。

HPには当日のダイヤが載っているので確実に乗れるのがミソ。

車内は、フツーでした(爆)

それでもふなっしーのアナウンスが時々流れたりして、乗る価値アリ。

京成津田沼から新京成の単線区間に入り、
高校時代の通学経路(途中から自転車通学に変えたが)を懐かしみながら北習志野へ。

当時は飯山満とか、こんなところに鉄道が通るなんて考えもしなかったなぁ

ここから東葉高速で西船橋まで行き、
見慣れた黄色い総武線に乗ったところで安心したのか疲れたのか、
むちゅこは爆睡しながら三鷹に戻りました。

近場ながら千葉の鉄道を乗り倒した1日、
やり残しは多少ありましたが、むちゅこもかなり満足した乗り鉄旅となりました。

さぁ、いよいよ近場の未踏破路線が無くなってきました。

これからは日帰り乗り鉄旅でもかなりの気合とスケジューリングが必要になってきそうです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/17(木) 12:07:04|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉でお手軽乗り鉄三昧(前編)

娘の習いごとの発表が2日間にまたがり、
カミさんとこたみで1日ずつ手分けして見に行く事になったので、
空いた1日をどう過ごそうかと悩んだ結果、
むちゅこが未乗車の千葉の鉄道にフォーカスを当ててみよう、というわけで。

とはいえ房総1周とか小湊鉄道&いすみ鉄道で房総横断なんかはコストも掛かれば時間も掛かり、それでいて幼児が飽きる事必至、
近場の未踏破路線をチョビチョビ乗ってきます。

まずは中央線で東京駅に向かいますが、
こたみが通勤で乗り換え駅として使っている神田へ。

ここは走行しているJR東日本の新幹線が間近に見られる場所。

東京駅の9〜10番線から見られる新幹線が到着・出発するゆっくりとしたスピードなのと比べれば、なかなかの迫力です。

ただ新幹線が見られる側の京浜東北線ホームにはホームドアが無いので注意。

山手線で1駅、東京に行き、向かうは地下ホーム。

そこはめくるめく総武快速・横須賀線ワールド(爆)

いつもと違う光景にむちゅこのテンションMAX。

成田エクスプレスに手を振り、

これから乗る列車の入線はスタンディングオベーションで迎えるという奇怪な行動にでます。

そう、今回乗車するのは、あずさと色違いとむちゅこにバレている257系ではなく、
ザクの様な、出歯亀のような255系しおさいっ

この奇抜なデザインがこたみ好みなのでもあります。

これに乗って千葉まで行くと自由席特急券なら510円、総武快速線のグリーン車より安いというわけ。(幼児は無料)

9両編成のうち自由席車両が実に7両、
自由席といえど着席してからすぐに検札があった事からも、
房総特急をめぐる環境が厳しいことを伺わせます。

先頭車両の一番前に陣取り、
幼児には超キケンなフォールディングテーブルを弄りながら出発。

東京駅ではガラ空きだった車内も、次の停車駅・錦糸町で結構な入りとなり、次の停車駅・千葉に向かいます。

特急だけあってなかなか飛ばし上げますな。

千葉駅手前で席を立ち、房総ビュー特急255系の前方展望を楽しみます。

んでもって30分弱の特急旅はここまでー

むちゅこよ、これで銚子に行ったら今日は帰って来れんのよ(爆)

千葉駅からは予てよりむちゅこが乗りたがっていた千葉都市モノレールに乗車。

1日乗車券610円を券売機で購入し、どこでもむちゅこの「降りるコール」に対応できる様にします。

最初に乗ったのは新型車両。
走行中運転席の下から真下が覗ける構造なのはイイなぁ

下の道路の渋滞を尻目に粛々と進んでいきます。

同じ懸垂式の湘南モノレールがスリル満点なのとは全く異なる落ち着いた乗り味であります。

と、いきなり千葉公園駅で「降りるコール」。

なんとなく読める駅名のところを片っ端から降りるつもりかっ

鉄道ひとり旅じゃないんだからぁ

ダイヤのインターバルが12分と長く、
そんな事してたら
待ち時間だけで熱中症になってしまうので、
なだめてスポーツセンターまで乗ります。

天台陸上競技場は高校時代に陸上部でよく走ったところですが、
その郷愁に浸るためにそこまで歩く気の失せる程の暑さ。

遠目にだけ見て引き返す事にしました。

というのも、その次の駅は千葉動物公園駅。

「動物園行く」と言われたら熱中症でぶっ倒れる事必至、
阿佐ヶ谷の立呑み風太くんでいいからぁ(爆)というわけで(画像はネットより拝借)

千葉都市モノレール全線踏破を諦めスゴスゴ上りホームへ。

と、やって来たのは開業当時から走る旧型車両。

古めの図鑑で知識を仕入れているむちゅこ的には、これぞザ・千葉都市モノレール。

しかし、前方の展望は小さい窓一つなので、
抱っこせずに前方を見せられる新型の方が子連れには絶対オススメです。

ともあれ1日乗車券を全く償却できずに千葉みなと駅へ。

しかし、この先1日乗車券が完全償却される事になるとは思いもよらなかったのでした(たかだか数百円で何言ってんだか)

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/10(木) 07:48:09|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コニカミノルタサイエンスドーム 国際宇宙ステーションにトラブルがっ

雨の休日、
娘は習い事で、ギプスの取れたむちゅこはどこか連れてけ星人化。

娘が小さい時に連れて行った事もあり、今まで再訪をためらっていたものの、
むちゅこにはドンピシャの施設があったと思いついたのが、コニカミノルタサイエンスドーム。

八王子市の施設だったものを、施設・経営権・ネーミングライツ丸ごと民間譲渡した例として紹介されていたそうで、
民営化すればしっかりとリニューアルもされているであろうと。

むちゅこの好物が展示されている事もあり、むちゅこだけ連れて行くにはいいかもというわけです。

雨なので中央高速の渋滞も無く、八王子インターに到着、
そこから15分も掛からず現地到着。

無料の平置き駐車場前には満車の表示、
しかし中に入ろうとしても制止されなかったので、そのまま入ってみると丁度空き区画があって無事駐車。

そこそこ車の出入りがあるので、駐車待ちの列が出来ていない限りは、駐車場の中にとりあえず入っちゃうのが得策かと。

近くの公園の駐車場もあるらしいので、そちらもチェックすれば駐車待ちの時間がセーブできそうです。

さて、ここには民営化前から丸ノ内線の旧型車両が展示されているので、むちゅこにかぶりつかせます。

塗装はまるで新車の様に塗り替えられていたのはびっくり。

アルゼンチンに譲渡され、かの地で退役後に戻ってきた個体とのこと、車内は微かにラテン臭。

路線図が独身時代に日比谷(降車駅は銀座)にこれで通った時にタイムスリップさせます。

広告は80〜90年代の懐かしいものばかりですが、これは後づけしたものでしょう。

縞鋼板のスロープが結構滑るので注意しながら降り、建物に入ります。

入場料はプラネタリウムを見るか見ないかで変わり、
ビビりのむちゅこに怖がられても困るので、大人200円、4歳以上100円のリーズナブルな入場料を券売機で購入し、ゆるーい改札を通り入場します。

1階は民営化でしっかりと改装されていました。
(特にトイレはキレイで快適〜)

エネルギーや力学、音など基本的な科学を体感できるアトラクションが設けられており、なかなかの盛況。

順番待ちが煩わしいのであれば、早い時間に入場した方が良いかと。

1階はそこそこに、むちゅこのもう一つの好物のある2階へ移動します。

そこには国際宇宙ステーションの大きな模型が。

筑波のJAXAの様に実物大ではありませんが、
この模型を前に宇宙空間での活動にかかるミッションをこなすゲーム(1タームで3グループが同時に体験)ができる、というのが売りです。

幸い1時間半後の整理券をGETできたので、
はやぶさ(新幹線じゃないよ)のシミュレータ(激ムズ)や、

色々な天体を映し出せるデジタル地球儀、


八王子で出土したゾウの化石の展示を見たりして過ごし、

館内に食堂的なものはなく、
持ち込みして食べるスペースもわずか、
近くにコンビニもなく、すき家で牛丼弁当とカレーを買って駐車場の車内で昼食をとって待ちます。

時間が来たので宇宙ステーションの所に集合すると、何やら様子が変。

ゲームの操作パネルの下に職員の方がもぐりこみ、故障復旧に悪戦苦闘しておりました。

場を持たせるためか、宇宙ステーションの説明をされていたのですが、
(ソユーズが一番奥にちゃあんとドッキングしているというのはウケた)

それも終わってしまい、
復旧したら館内放送するというのを待ったものの、見通しが立たなそうでなので、
また今度娘を連れて再訪する事にして整理券をお返ししました。

その際に申し訳ないと、スタッフの方からちょっとお土産を貰ってしまったのはナイショ。

中央道の渋滞を避けるため14時過ぎに退出する時には、駐車場待ちの列も結構長くなっており、
プラネタリウムも結構な行列が出来ていたので
今度は朝イチで来ようという事になりました。

雨風暑さをしのいで半日子供が遊ばせるにはなかなかのクオリティ、
一度訪問してみては。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/04(金) 07:38:17|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国鉄色189系で風呂だけ入りに行く

普段見られない車両で運行される臨時快速がこの夏もいくつかリリースされていますが、
今回は189系が国鉄色で運行されるというので気にはなっておりました。

これを娘の駅への送迎時にたまたま発見し大興奮のむちゅこ。

兼ねてより三鷹駅近くの立体交差でクルマがほとんど通らない所からJR塗色のものは何度も見せてはいたのですが、
骨折して動きのある遊びができないむちゅこと、
習い事で脚がボロボロの娘の湯治を兼ねて、高尾まで乗ってみる事に。

この「山梨富士3号」は、土休日の朝イチに新宿を発ち富士急に乗り入れる臨時快速。

前後に走る臨時快速とは異なり、全席指定(540円)というところがミソ。

その若干高い敷居のためか、
日曜発の便はイベント日やハイシーズンでない限り空いているので、
直前でもえきねっとで予約可能だったりします。

この日も駅に向かうバスの中でスマホから予約、
駅の券売機にクレジットカードを入れて指定券をGET。

三鷹駅のホームにはいつもと違う「快速山梨富士」の表示が。

よく見ると、三鷹に停まる臨時列車が随分多くなっている事がわかります。

いよいよ入線っ

国鉄色189系キターーーーーッ(ちと古いか)

むちゅこにとってはこの形は「485系」なのですが、
あれは退役していて、コレは189系と正したところで堂々巡りになるだけので何も言わんときます。

ヘッドレストのカバーが省かれているのを除けば、ほぼ往年の国鉄特急の雰囲気そのままの車内。

予約した席に向かうと、
誰もいないはずの席に、外国人の一行が。

さてどうしたものか。

ただ席を間違えただけなのか、
全席指定と知らずに乗り込んだのか、
1人や2人なら話のしようがありますが、
相手は英語が通じるかもわからん8名の大所帯。

こちらはたかだか30分弱のショートトリップ、
どうせ周囲の席は空いているだろうから(とえきねっとで空席確認)、検札が来てから(どうせ来るまでに高尾に着いちゃうでしょ)事情を話して処置してもらえばいいや、後の席に座っておりますと、

カミさんがトイレのついでに車掌さんを呼んで来ちゃいまして、
彼らが通路の反対側の席と間違えて座っていた事が判明。

本来の座席に移動するも、
微妙な車内の空気の中、残り十数分の特急(じゃないけど)旅となりました。

むちゅこは乗りたかった車両に乗れ、車窓にすれ違う色々な電車が見られてニコニコだったのですが。

というわけでやって来ました高尾駅。

停車時間が結構あったので、
しっかり記念写真を撮ってお見送り。

電車で高尾に来た事が無いこたみが見たかったのは、ホーム端にあるこちらっ。

「てんぐ」と聞いて、半泣きになって絶対に近づかないビビりのむちゅこ。

来年幼稚園で高尾山の天狗さんから「頑張りの火」を貰って来るんじゃなかったっけ?

ここから京王線に乗り換え、高尾山口へ。

ここから松本行き普通電車が出ているのにはビックリ。

青春18きっぷで行くのも時間があればアリですが、それはリタイアしてからでしょうな。

そして本日の目的地、高尾山口駅前の温泉施設「京王高尾山温泉」へ。

山登り下山後の立ち寄り湯として京王電鉄によって新設されたものですが、
今回我々は高尾山に徒歩でもケーブルカーでもリフトでも登らずに風呂だけ入る(爆)

オープン直後の時間にしては結構な客の入りでしたが、
食事処含め結構空いていたので、ゆったり入れました。

ただ、内風呂(水風呂除く)2ヶ所、露天風呂(あつ湯除く)2ヶ所なので、スーパー銭湯的なバラエティを期待すると肩透かしかも。

あくまでも「下山後に一風呂浴びるには有り難い施設」なのでありましょう。

ただ、食事処のメニューはなかなか秀逸で、
デカいフロート系やデカい生ジョッキ、
定食類のラインナップの豊富さ、
系列のC&Cカレーを持って来るところなどは上手いなぁと。

座敷スペースの窓からは京王線のホームが間近に見られるので、むちゅこが始終飽きなかったのも有難かったです。

帰りは京王線で調布経由で移動。

高尾山カラー(≒リバイバルカラー)車が丁度やってきたのもむちゅこには良かった様で。

鉄橋とトンネルが旅情を掻き立てますなぁ。

高尾山口のホーム長がギリギリで撮れなかったフロント部を高尾駅でパチリ。

調布からは小田急バスで戻りましたが、
むちゅこと娘の湯治という目的は達成。

はよ治ってくれ〜い

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/26(水) 07:47:05|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

越谷レイクタウンでNゲージお試し体験

梅雨が明け、
屋外で遊ぶには危険信号が出ちゃっている休日。
涼しくて、骨折したむちゅこも、なんか買物でもしたい娘も楽しめる場所、という事でチョイスしたのが、
過日新規ベンダー採用予定のメーカーさんを訪問した際に気になっていた越谷。

イオンが作った国内最大級のショッピングモールで、
娘にはVR体験施設、むちゅこには鉄道模型の店に連れて行くという趣向です。

どこのモールもそうですが、暑さを避けるためにごった返すのは必至、
朝イチの開店に合わせて入店し、昼食をとったら帰る、というスケジュールを立て、外環草加経由で向かいます。

あとはモールに着くだけ、という葦原の中の直線道路で渋滞にハマりますが、なんとか到着。

おお、凄い広さだ。

今までに訪れたモールとは桁違いの広さ。

大きく3つのエリアに分かれており、何処にお目当ての店があるかを予めチェックしておかなければ、辿り着くのさえ困難。

おお、Y'sがあるぞ。
今日は寄らないけど(爆)

カミさん&娘の買い物組と分かれて、向かったのは「ボポンデッタ」。

ここではNゲージを中心とした鉄道グッズの専門店で、プラレールを卒業してコレに移行されるとかなりヤバいラインナップが揃っております。

ここには常設のコースが設置されており、
車両を持ち込み走らせる事が可能。

ここでのお目当ては、車両持ち込みの1時間コースレンタルはなく、車両の貸し出しを含む20分間お試しコース。

休日500円という安さもさながら、20分という飽きやすい幼児には適度な時間設定がgood。

朝イチという事もあり待たずにレジで申込み、
1Fか2Fのコースのどちらをか、車両をどれにするか(103系3両編成で総武線各駅停車か常磐線)を決定し、プラカゴに入った車両とコース札を受け取り、いざコースイン。

こたみもNゲージは初体験、
車両をレールに乗せるためのプラ製治具の使い方が判らず焦りますが、
誰かに聞くのも恥ずかしいので、
構造をじっくり見て使い方を見極めました。

無事車両がレールに乗って一安心。

がっ、

むちゅこの操る103系は、
並走する北陸新幹線E7系をブチ抜くスピードで爆走。

カーブでよく脱線しないなと思って手許を見ると、

コントローラには「ここまでしか回しちゃだめヨ」のマークが(爆)

始終「ゆっくり〜」と叫び続け20分が終了。

もう1回やりたいとも言われなかったので、
やり切った感はどうやらあったみたい。

エリアを繋ぐ動く歩道に乗ったり、

武蔵野線の駅まで行く無料バスに乗ったり、

時々通る武蔵野線を見たり、

乗り物ならなんでも楽しいむちゅこ、
こういうところは親孝行ではあります(爆)

イオンモールのご多分にもれず、ランチの順番待ちが凄いはずと読んで、
歩き疲れたむちゅことバイキングの店「フォールームス」で早めに座って並びます。

ちょうど買い物が終ったカミさん・娘と合流し、ベストなタイミングでランチ突入。

黒カレーが美味くて3杯食らいました。

娘はお目当てのモノが買えた様ですが、
曰く「余りに店が多すぎて、最後はどの店も同じ様に見えてきた」との事(爆)

こたみは雑貨店でこんなものをGet。

200円ちょっとなら安いでしょ
(無理くり自転車ブログにしてないかーい(爆))

休日の外環の渋滞を避けて早目に撤収しましたが、
今回はスルーしてしまったVR体験スタジオや、
近所にはスカイダイビングの疑似体験施設があったり(バカ高ですが)と、
まだまだ覗いてみたいスポットが目白押し。

熱中症の心配も無いし、夏に出かけるにはもってこいです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/25(火) 07:46:46|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (92)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (160)
自転車以外でおでかけ (142)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR