Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

関東乗り残し路線解消の旅 半日でガッツリ鉄道旅行気分

関東の鉄道路線図を眺めると、
むちゅこが乗っていない路線を捜すのが難しくなってくるほど色々乗ってきた事がわかります。

残すのはわたらせ渓谷鐵道や関東鉄道、上信電鉄、小湊鉄道など遠方のローカル路線がほとんど。

そんな中、神奈川方面の乗り残し路線をGW明けで遠出はしたくない、という休日に乗ってしまう事に。

まずは中央線で西国分寺へ。

そして武蔵野線の府中本町方面ホームに。

なるほど府中本町から南武線乗り換えね、と思いきや、
並ぶのはこちらっ

やって来るのは臨時の「ホリデー快速鎌倉号」っ

むちゅこにとっては「踊り子』の車両、
こたみにとっては「新幹線リレー号」、
これが世に言うジェネレーションギャップと(爆)

ヘッドマークが踊り子ではないのを、
即座に「踊り子っぽいね〜♥」と反応するあたりがむちゅこの鉄オタぶりを物語りますが、
自由席アリの快速(=エクストラコスト無用)でも踊り子、という事にしといてくれい

鎌倉号だからといって皆が鎌倉に向かうわけではなく、西国分寺でも結構な降車客がいたので、
自由席に無事座れました〜

窓が開く特急車両に乗ったのって、いつ以来だろう?

この鎌倉号、府中本町以南は貨物線を通り、新川崎を経由して横浜・大船・北鎌倉・鎌倉に停車するというもの。

車窓は地下区間の多い貨物線独特なものになりますが、
そこそこ車窓も楽しめます。

これは川崎北部のゴミを臨海部の処理場に運ぶコンテナですな。

話には聞いていましたが、実物は初めて見ました。

西国分寺〜横浜間はノンストップですが、かなりゆっくりな区間もあり、
むちゅこも少々退屈モード。

貨物線だから、いつもと違う、スゲーとまでは鉄オタ度が行き着いていないという事で。

途中ホームのないところで一時停車し、乗務員が交替するなんて事もあり、

結構長く乗ったという満足感はありました。

横浜からは、こたみも初乗車の相模鉄道へ。

昔は青汁と牛乳を混ぜた様な塗色で、私鉄大百科(懐かしー)などを見て、この色ブッ飛んでると思ったものですが、
デザイン的にはやはり相模鉄道、なかなかカッティングエッジです。

乗車して目についたのは車内で乗務員スペースを隔てる扉のデカさ。

そして、外を見れば踏切の赤いLEDライトは全て四角(画像では丸になってましたが)。

通勤時間帯に減便しちゃったり、
相模鉄道、なかなか個性的です。

1個だけあった「そうにゃん」の吊り革をむちゅこに握らせてから終点海老名駅を下車。

小田急の車両基地を眺めるも
(奥に箱根登山鉄道の車両発見)

小田急には乗らず、少し歩きます。

あっ、ららぽーとがあるならカミさんと娘も連れてくれば良かったか。

そして乗換駅としては随分離れたところにあるJR相模線に初乗車します。

なかなかこじゃれたデザインの相模線、
ローカル私鉄もビックリの4両編成で、
通期で半自動ドアとはなかなか濃いキャラクター。
運転席後の窓が一部低くなっているので、
子供を抱っこしなくても前が見せられるのはイイわぁ。

そして単線の線路内にはガンガンに草が生えとります。

そしてどんどん緑が濃くなると
( ゚д゚)

いや〜凄く遠くに来たような気分だわ。

橋本からは横浜線に乗り換え、
八王子から武蔵境に戻ったのが、まだ昼前。

乗ったルートを聞いたカミさんもビックリ、
ほんの半日ながら、濃い〜鉄旅でありました。

近いのに遠い気がする相模線・横浜線、楽しめる所がありそうなので再訪したいところです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/07(水) 07:36:17|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久バルーンフェスタで濃い〜時間

GW1泊旅行の最終目的地は「佐久バルーンフェスタ」。

夜にバルーンと花火のコラボレーションが見られるとの事で、滅多にないモノが見られるであろうとチョイスしました。

これが終わってから夜中に家族を寝かせながら帰るために車が必要だったのでした。

イオンモールで昼食を買い込み、会場に着いたのは昼過ぎ。

駐車場は午後3時頃には満車となるとの事前情報を受けて、というよりも
車内で昼食をとって、ゆっくり昼寝でもして夜を待とうという事で。

会場すぐ脇の駐車場に入れたため、
車を拠点に動くことが出来たのは幸いでした。

駐車場は入口手前から埋まっていきますが、
帰りは一番奥からも帰れるので、思い切り奥に入ってしまった方がいいでしょう。

それでも帰りの渋滞は知れたものでしたが。

イベント会場では凧の展示や製作(200円で材料を買って絵を描いたら組み立ててもらう)をやっており、


これがよく揚がりました。

この凧がなかなかタフで、下に落ちてもすぐに自力で揚がっていくスグレモノ。

むちゅこでもストレスなく凧揚げができました。

ステージではフラメンコや吹奏楽、

地元のアイドルが出演したりして、飽きることはありません。

ただこの日は風が強かったため、気球の競技は中止。

と、会場真ん中で気球がスタンバイし、
気球教室が始まりました。

気球の説明が行われた後、
子供らを集めて気球を展開します。


膨らませるわけではないのですが、
こうやってワイワイやるのって、子供にとっては楽しいんだよねー

お次はなんと人が集まっているこの場所でバーナーを焚き始めました。

ゴーーーーーーーーッ!

という音に、むちゅこともどもビビります。

今度はバーナーのスイッチを順番で操作させて貰える(!)というので、ビビるむちゅこをカミさんに預け、娘と行列に並びます。

貴重な経験をさせて頂いた上に、

写真まで頂いてしまいました。

一ノ関のチームの方だったのですね。

バーナーで近くに揚がっている凧が焼けちゃうかもと気配りしてくれたチームの方とお話したのですが、佐久のバルーン「鯉太郎」はヒレがついているので風に弱い(爆)んだそう。

風も強いし、今日は見られないかなぁ

スポンサーとなっているホンダのブースではバイクトライアル車の疑似体験や車・バイクの展示があり、これも楽しめました。

記念写真も撮って貰いましたよ。

夕方になると、バイクトライアルのデモンストレーションが行われました。

バイクの世界ではロードレースやモトクロスと違って地味な印象のバイクトライアル。

しかし、プロのライダーの方がマイクで喋り倒しながらデモンストレーションするので、これが無茶苦茶楽しい!

半分はバイク、半分は寄席(笑)

これでバイクトライアルに対する印象は相当変わるでしょう。

日が落ちてきて、
最終イベントの時間が近づきます。

強風が収まらないため、多数のバルーンを膨らませて花火とコラボするところは見られない事が確定、
それなら最終イベントを待たずに帰ろうかとも思いましたが、早く帰路についてもGWの渋滞に巻き込まれるだけなので、あまり期待せずにおりました。

時折ゴミの回収をするスタッフの方が回られておりましたが、

仮設トイレの掃除も若い女性が一生懸命されていたりと、本当に有り難い事です。

と、全く気球があがらないと思いきや、
佐久の鯉太郎だけ膨らませるようです。

一番風に弱いのに、

ホストだから、

頑張る〜

風に負けるなー

すぐに撤収とはなりましたが、
1基でも見られたのはよかったー

と、千曲川の堤防に陣取って遠目で見物と思っていたところ、
カゴの並んでいるエリアにみんな入っていい、とのアナウンスが。

えっ、いいの?

ロープが取り払われ、ワラワラと観衆が中に入っていくので、ついていく事に。

皆思い思いのカゴの所に行き、バーナーを焚かせて貰ったり、写真を撮ってもらったり。

わが家もこんな感じに撮ってもらいました。

アナウンスの合図で何度も何度も一斉にバーナーオン!

あったかーい♥

そして花火とのコラボ。


いやー、気球があがらないからといって帰らなくて良かった。

30分の濃い〜時間はあっという間に過ぎ、
近くの日帰り温泉に入ってから(混雑で洗い場の順番待ちで並ぶのは初めての経験)、みるみるうちに引けていく渋滞を追いかけつつ、スムーズに帰路につきました。

朝にワイナリーに行ったのが1週間前だった?と感じるくらいの濃い時間。

佐久バルーンフェスタ、機会があれば是非行ってみる事をおすすめします。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/29(月) 07:50:23|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小諸観光(後編)懐古園でゆる〜く過ごす

小諸で子連れの観光、といえば懐古園。

動物園と遊園地が中にあって、かなりゆる〜いとの事、
しかし動物園でライオンが人を咬んだ事故のため、動物園は休園中。

しなの鉄道を見たいと云うむちゅこのリクエストに一旦応えるべく、小諸駅前の懐古園駐車場に入れてからと向かうも、
流石はGW、満車で停められません。

駐車場を探してウロウロすると、北口側にある観光協会管轄の無料駐車場を発見、
そこに停めさせていただきます。

全員で駅に行くも、しなの鉄道で軽井沢に行くのは混雑に巻き込まれるだけなので行き難く、
むちゅこも乗りたい、とダダをこねているわけではないので、
駅の中をウロウロしてから懐古園に行ってみる事にします。

しなの鉄道の駅はこんな感じで地元の物産を売っている事が多いので、物色。

有人駅なのに無人市、ゆるくていいわぁ。

個人的には漬物の素がヒット。

基本塩なのでガッツリ漬かりそうです。

駅の外には良さげな折り畳みが2台。

娘よ、あまりしげしげと見ると怪しまれるぞよ。

懐古園は既訪問済のカミさんと、電車見るむちゅことは別行動で、娘と懐古園へ。

小諸城址にて、昨年の大河ドラマの真田一族と対峙した徳川秀忠の拠点であった事から、
パンフレットも徳川方についた記述になっていたのが面白く。

天守も跡だけなので、基本石垣のある周辺を散策することになります。

結構高くて危な〜い

景色は桜もあって綺麗でしたが

子供と酔っ払いと心臓の悪い人にはオススメできませんね。

上からの景色を堪能したところで、

カミさんからむちゅこと遊園地に移動したとの電話が。

乗れない電車をそんなに眺めてもいられないわねー。

娘と遊園地に向かう途中の敷地内の蕎麦屋の軒先でこんなものを発見。

クルミ1袋1000円でーす

聞けばここから20km離れたところにクルミ畑があるとのこと。

クルミなんて都内じゃ中身だけしか売ってないので、珍しいと購入。

これは帰ってから我が家のクルミ割り(爆)で割って食べたりクルミパンを作って頂きましたが、
中身がなかなかのボリュームで、これはお得でした。

さて、坂を下ると遊園地に到着。

「まってたょ たのしくあそぼー」(笑)

1回200円のアトラクションは、どれもベタなものばかりで、むちゅこには丁度よく。

もとい、バイキングだけは娘と乗りましたが、タイヤの回転だけで船を揺らされ振り出され止められるという単純な構造に恐怖倍増。

はよ止めてくれ〜っ


園の真ん中には屋根付きでヘリコプターが展示されておりました。

屋根があるというのは保存状態を劇的に良くするにも、日かげの少ない園内に一休みできる場所を作る意味でもいい趣向です。

このヘリコプター、比較的新しいものと思いきや、
あの御巣鷹山での救助活動に携わった機体という事でした。

後世にあの出来事を伝える意味でも、この展示方法をとったわけですね。

昼が近くなって、
昼食をとりがてら、最終目的地・佐久への移動をすることに。

調べて見ると、小諸から佐久平に向かう小海線の出発が近い事から判明、
これを逃すと12時台は便がないので、急ぎ駅まで戻ります。

むちゅこに初ディーゼルカー体験をさせるべく、
カミさんとむちゅこが小海線、こたみと娘が車で佐久平まで向かうという趣向をとっさに思いついたというわけで。

車で走っていくと、途中小海線と並行する区間があったので、待ち受けて列車と並走したのも楽しいイベントとなりました。

佐久平駅では小海線の高架が新幹線の高架の上を通っていたので、カミさんがむちゅこに北陸新幹線E7系を見せてから合流。

飲食店は浅間口にはほとんどなく、反対側のイオンモールの中で食べるものを購入して目的地に向かう事に。

スーパーで普通に鯉が売っている、さすがは佐久。

家に帰る直前なら生蕎麦も買いたかったなー

これでGWの旅行は最後のメインイベントを残すのみとなりました。

ここでなかなか濃い〜(佐久だけに(爆))体験をする事になるのです。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/26(金) 07:47:14|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小諸観光(前編)マンズワイン小諸ワイナリー

ケーブルカーのある宿・常磐館を発ち、
夜に待ち受けるメインイベントまで有り余る時間を、まずは小諸観光に費やす事にします。

当初訪問を予定していたラベンダーのある観光農園は、昨日の小諸駅での合流前にカミさんが情報収集したところ、まだ芽が出たばかりと判明したのでスルー、
結果時間は有り余るほどに。

宿から15分程度車で走り、マンズワインの小諸ワイナリーに向かいます。

ワイナリーは山梨で以前はジンギスカン屋やレストランが入っていて、よく訪問したものですが、今はそれらの併設をやめてしまった所が多く、ワイナリー自体に足が遠のいておりました。

朝食バイキングを食べたあとだったので、食事の事は心配せず、見学と試飲(こたみは子供らと一緒にジュースで)に専念します(爆)

ハンドルキーパーのストラップを首に掛けてから、工場と製品紹介のVTRを視聴、
それから技術者の方に工場を案内して頂く運びです。

ここでは山梨のワインとは違い、
大量生産を指向せず、少量かつ高級路線で製造をしているとの事。

そうなる前に作られた醸造タンクは、現在はキッコーマンブランドで使われる梅酒の製造に使われているそうです。

オーク樽も高額なため、熟成期間の短く安いものや白ワインには使われず、かといってウイスキーの様に長期間寝かせるわけでもないので、
相対的に割高なものになるとの事。

ブドウ畑も案内して頂きました。

ワインはブドウの持つパフォーマンスが全てであり、それを100%引き出す事はできてもそれ以上はない、
ブドウが良いものかを判断できるまでの最低10年間は出来不出来のブレが大きく、30年くらい経って初めて評価ができるという事から、
小規模でも事業として参入するのは非常にリスキーであるとの説明を受けました。

キッコーマンという後ろ盾があって成立している部分もある、と匂わせながら、それでも日本で最高級のワインを目指す真摯な姿に心を動かされました。

あっ、つくし発見(爆)

摘んだつくしをむちゅこにポケットへ突っ込まれつつ(なんで父のポケットなのかー)
試飲・お土産購入に入ります。

ここで醸造される高級ワイン「ソラリス」
(あっ、自転車ブログだから○ラリスつながりだろーとか言わないで)
の試飲は専用カウンターでの有料試飲のみ。

ボトルは低温保管庫にあるので買うまでは現物を触ることができません。

家具か家電よろしく注文カードを持って行き会計するシステムとは大したものです。

お値段は1本7千円近くから3500円くらいまで。

常飲しているサントリーデリカメゾンが10〜20本買えますな。

それでもせっかくだから買いたいところですが、
低温保管したものを暑い車内に放置するのは忍びないので(刑事コロンボで温度管理できなくなったワインを犯人が崖から捨てるシーンがあったなぁ)、後日取り寄せてみようと思います。

ビジターセンター前の庭も開放的で日本庭園もあるので、散策するにはオススメです。

さぁ、まだ昼にもなってないぞ。
どう時間を使おうか。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/25(木) 07:48:02|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿でも鉄分補給!館内ケーブルカーで温泉へ

碓井鉄道文化むらを発ったむちゅことこたみが車で向かった先は、
渋滞で移動時間の読めない軽井沢を上信越道で飛び越した、
小諸ーっ!(世界のナベアツ風に読んでね)

カミさんと娘はアウトレットそばの軽井沢駅からしなの鉄道の始発で移動できるので、移動の足も問題ないというわけです。

唯一ツルヤスーパー軽井沢店での買い物が出来ないのが残念ですが、今回それは目をつぶります。

渋滞もなく小諸駅前で合流し、車で15分ほど走って着いた宿は、
菱野温泉・常磐館。

大正時代からある老舗旅館で、
これもむかし使っていたものかしら。

落ち着いた雰囲気のロビー、

ペレストーブが静かに焚かれている脇に、

こんなものが。

「登山電車」と銘打ったケーブルカー。

山上の露天風呂に向かうの足として、無料のケーブルカーが敷設されているのでありました。

利用OKのインジケータランプを確認し、

発車ボタンでいざ出発!

宿でも鉄分補給できるとあって、むちゅこ大興奮。

運転席がなくても運転士気分を満喫。

おお、結構な斜度だねぇ

上っていくと、上からもう1両やって来て

すれ違います。

斜行エレベーターじゃないの?とか意地悪な見方もあるのかと思いきや、完全なケーブルカーですな、こりゃ。

山頂駅の露天風呂はこんな感じ。

山梨のほったらかし温泉ほどの開放感はありませんが、なかなかの眺望。

露天風呂に入れる人数が少ないのと、若干ぬるめなのが気になりますが、
てちゅヲタとしてはこれがあれば万事OKと。

風呂上がりにはオープンカフェでまったりしたり、


周辺の森を散策もできます。

定員は6名ですが、混んだり待ったりはありませんでした。

車内の椅子が事務机用のものを改造したものなのはご愛嬌。

深夜は運転されず、本館内の内風呂だけになりますが、朝風呂はやってますので、滞在中ケーブルカーには十分な回数乗ることが可能です。

本館に下りたむちゅこは、嬉々としてカミさんと再び乗車していきました。(子供だけでの乗車はNG)


ここはもしツアでも紹介されていたのね。

夕食はこってりした名物鯉の旨煮がついたコースに満足(写真撮り忘れたー)、
朝食はバイキングでしたが、パンが具材を挟んだ手作りサンドがあるのには感心させられました。

普通はパンをゴロゴロ置いておくだけだもんね。

手作りの揚げパンも3種類、卵焼きも手作り、
ここの朝食はレベルが高いです。

さらに朝食なのに、
酒まで無料っ( ゚д゚)

今回は車移動がマストだったにせよ、
一瞬後悔してしまったこたみなのでした。

GWなのに宿代も馬鹿高でなく、
ここは穴場でっせー

1泊旅行2日目、ここからまた濃いスケジュールが待ち受けています。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/24(水) 07:54:14|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (73)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (148)
自転車以外でおでかけ (137)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR