Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

アシストなし屋根付き自転車PJT サイドミラー購入

屋根付き自転車を安全に走らせるマストアイテムは、何といっても後方確認のためのミラー。

後を振り向いての後方確認はふらつきの元、
前を見ながら後を確認出来る様にするのはクルマと全く同じです。

現在運用中の屋根付き自転車のミラーはイレクターパイプ端部に付けたものですが、

後付けしたために、もう少し上の見やすいポジションにするには屋根のやり替えが必要。

今回はその様な事が無いよう、屋根材を張る前に装着しようというわけです。

ただ、イレクターパイプを使わないため、別の取り付け方式のミラーを選定しなくてはならず、
悩んだ結果がこちら。

1個130円では輸送代にもならならん、中華な怪しい一品が海を越えてやってきましたぁ。

射出成形をしくじりまくった様な樹脂の模様が出ちゃってるハンドル装着用ミラー2個っ

鏡面は値段からすればなんでも許容範囲内ですわ。

これをバーハンドルの端部に着けず、
加工して屋根フレームに着ける予定。

これもワイパー同様、装着方法はペンディングですが、
それさえ決まってしまえばベストな視界は確保できるでしょう。

そろそろ一気に完成させたいところでありますが、躊躇する部分が多くて多くて。

絶対仕事にはできませんな(爆)

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/22(火) 07:49:37|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシストなし屋根付き自転車PJT 屋根フレーム再補強&ワイパー材料調達

屋根フレームに塩ビシートを張り始めてわかったのは、
細いフレームへのシートの固定は想定していたよりも耐久性を持たせるのが難しいという事。

両面テープで最初に取付けた背面部は塩ビシート端面が落ち着かず、剥がしてやり直しもできないため、
上から幅広のビニールテープ(在庫)で巻いて誤魔化すことに。

更に薄い塩ビシートだけで屋根後頭部を成形しようとしていた部分は、

骨無しではすぐにペシャンコになり実用に問題が出ると判断。

完成形としていた屋根フレームに再度手を入れる事にしました。

土曜は朝6:30から開いているドイトプロ小金井公園店にアルミパイプを調達しに行くも、
他のホームセンターが0.5mm厚のパイプなのに対し、1.0mm厚しかない事が判明、

最初からこの厚さで揃えていれば耐久性がかなり違っていたと後悔しつつ、
厚いがため手持ちの安物ベンダーで曲げ切る自信がないという事もあり、
ここでパイプを調達するのを今回は諦めます。

改めてJマート三鷹店で0.5mm厚パイプを調達、
作業に着手。

後頭部にスペースができる様にフレーム組みして最終形状としました。


ドイトプロでアルミパイプは調達できなかったものの、
かねてより検討していたワイパー装着のヒントとなる部品があったので購入。

「棒タスキ」といい、
手前に開いて倒すタイプの棚扉を水平に支える金具だそう。

構成はヒンジ部にフリーでカシメられスイングする棒が1本、
それに先端部がネジ構造となっているため、
ワイパーアームに転用できるのでは、と。

市販品ではボート用の手動ワイパーがあるのは判っていましたが、

ゴツすぎて、
今回のアルミパイプ屋根には使えず、
代わりになるものがないかというわけで。

どう作動させるのかは決めていませんが、
なんとかモノにしたいところです(停滞宣言ちゃうんやろうなー)

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/21(月) 07:49:43|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アシストなし屋根付き自転車PJT 塩ビシート張りでつまづく

屋根フレームが出来上がり、あとは塩ビシートを張っていくだけ、というところまで漕ぎ着けましたが、

透明のシートだけだと日避けにならず、デザイン性にも乏しいからと買っておいた白い防炎シートのビニール臭が強烈で、
屋内で加工ができない事が判明。

ここは他の素材を探すしかなさそうです。

ともかく先に進まねばならないので、
後ろカゴ回りのカバーリングから作業を開始します。

今回のために買った薄手の塩ビシートは、カゴカバーに使うと、繰り返し開閉する事で破れるであろうと考え、
デッドストックの厚手の塩ビシートを使う事に。

まずは試しに後の柱の間から張ってみます。

現物合わせで採寸し、
軟質塩ビ用の強力両面テープを貼り、

柱に直接貼り付けます。

むうう、
シートの端部が所々剥がれてしまうなぁ

かといって強力両面テープを剥がすのも手間なので、ここはひとまず様子見で。

厚手なのでアルミパイプの柱に巻きつけるのには無理があったか、
ここも薄手のシートにすべきであったか。

気を取り直して同じ厚手の塩ビシートでカゴの内部をカバーしてみます。

むうう、
カゴが斜めになっているので、
1枚ペラの塩ビシートシートで囲うのは無理と判明。

カットして後カゴの形状に合わせて組み立てる必要があります。

この日は、これで時間切れ。

厚手でも塩ビシートだけで屋根を成形して骨無しの部分をカバーするのは無理っぽく、
すべてのフレームの間に張っていかないと、屋根として成立しなさそう。

つまりは屋根フレームの骨も追加が必要と言う事で。

いやぁ、一筋縄ではいかないわ。

悩みは尽きません。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/18(金) 07:35:15|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千葉でお手軽乗り鉄三昧(後編)

千葉みなと駅からそのまま次の乗り鉄にと思いましたが、
元千葉県民なのに未訪問であったスポットに折角なので行ってみる事にします。

ちょうど停まっていた出発直前の小湊鉄道バス(こんなところまで路線を持ってるんだねー)に乗車し、

やって来たのは千葉ポートタワー。

姪っ子が小さい頃に両親が連れて行ったという写真だけがあって、いつかはわが家も行くであろうと思っていたのですが、
父は鬼籍に入り、母も千葉を離れ、その機会がもう無くなってしまったので、
今、行こうと。

1階はお土産店とテーブル席、100m以上登った先の2〜4階が展望スペースとレストランになっております。

入場料は大人420円(幼児無料)ですが、
受付の人がしきりに「割引になるモノを持っていないか」聞くので、よくよく料金表を見ると、モノレールの1日乗車券を持っていれば300円になるとのとの事。

こんなところで1日乗車券の償却ができるとは♡

他にも千葉県民か千葉市民が持っているらしいカード、JAFカード、千葉ロッテマリーンズ会員証でも割引になりますが、
なぜか公式HPにはその情報が載ってないというおトク情報。

券売機で入場券を買う前に、手持ちのカード類は要チェックです。

エレベーターで登った先は、周りに遮蔽物の無い360度パノラマ。

お決まりの有料望遠鏡は「太陽を見ないで」とあるのでキケンと判断、
むちゅこの100円入れてコールをスルー。

貨物船のダイヤがマニアックですな。

恋人同士で来ると楽しいですが、
男の子連れで長居はできないスポット(爆)

ビュッフェレストランでバカ食いする気分でもなかったので、早々に下に降ります。

ポートタワーの入館料の領収書で50円割引となるロードトレインは、暑すぎて乗客もスタッフも誰もおらん。

駅に戻るバスがすぐに来たので、お土産屋でアイスを食べる余裕もなく乗車し、千葉みなと駅へ。

こたみの秘めた郷愁にむちゅこをつきあわせただけとなりました。

さてここから京葉線で海浜幕張駅に行き昼食、
「鉄道ひとり旅」で天ざる好きとなったむちゅこは、てんやの天ざるそばを平らげます。

ここから次のお目当て、幕張本郷駅までの連節バス(画像はHPより拝借)に乗ろうというわけですが、

折しもこの日は花火大会当日、
あの長い車両は渋滞の原因となるためか、
ひっきりなしに臨時のバスが来るものの、連節バスは待てど暮らせどやってきません。

凍ったアクエリアスでむちゅこの身体を冷やしながら待つも限界、
「また今度乗ろう」とむちゅこを納得させ、
普通の京成バスで幕張本郷駅へ向かいます。

連節バスに乗る方は、周辺のイベント開催日でない時を狙わないといけませんね。

駅からはJRの幕張車両センターが見え、むちゅこのテンションが少し回復。

京成千葉線にはむちゅこ未乗車の新京成が乗り入れているのと、
とある情報をつかんでいたので、
京成の車両の便を1本スルーして待ちます。

やってきたのは、コレッ

9月までの期間限定ラッピング車、
「ふなっしートレイン」です。

HPには当日のダイヤが載っているので確実に乗れるのがミソ。

車内は、フツーでした(爆)

それでもふなっしーのアナウンスが時々流れたりして、乗る価値アリ。

京成津田沼から新京成の単線区間に入り、
高校時代の通学経路(途中から自転車通学に変えたが)を懐かしみながら北習志野へ。

当時は飯山満とか、こんなところに鉄道が通るなんて考えもしなかったなぁ

ここから東葉高速で西船橋まで行き、
見慣れた黄色い総武線に乗ったところで安心したのか疲れたのか、
むちゅこは爆睡しながら三鷹に戻りました。

近場ながら千葉の鉄道を乗り倒した1日、
やり残しは多少ありましたが、むちゅこもかなり満足した乗り鉄旅となりました。

さぁ、いよいよ近場の未踏破路線が無くなってきました。

これからは日帰り乗り鉄旅でもかなりの気合とスケジューリングが必要になってきそうです。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/17(木) 12:07:04|
  2. 自転車以外でおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「鉄道ひとり旅」ダーリンハニー吉川さんに会いたいというので

てちゅヲタのむちゅこが目下お気に入りのTV番組は、BS12やTOKYO MX等で放映中の「鉄道ひとり旅」。(画像はネットより拝借)

芸能人鉄道四天王の一角、ダーリンハニーの吉川さんが全国のローカル線を中心に乗り歩くという、なかなかコアな番組であります。

仕込みどころかアポも事前調査もしていないので、ただ乗っておしまい、という回もあり、食事もコンビニのおにぎりをディレクターと分けるだけ、という回もあるのですが、
この飾らなさがむちゅこには良いみたいで。

かねてより「吉川さんに会いたい」と言っていたむちゅこ、
8月11日(祝)に新宿京王百貨店で行われる鉄道フェスティバルのトークショーがあり、吉川さんが出演する事が判明したので、会いに行く事に。

しかーし、
こたみの会社は祝日が出勤日だったりする事が多いのですが、この日は盆休み前日のクソ忙しい1日、
連れて行くのはカミさんに任せる事になりました。

鉄道模型展とは違い、結構ユルかったはずですが、それでも本人に接近できるかどうかは未知数。

なんとか振り向いてもらうのに、アイドルのコンサートよろしくウチワでも作ったら、というカミさんのアイデアを実行する事にします。

準備するはいろんな所で貰ったうちわ。

今回は先日貰ったばかりの越谷のマンションのうちわを使います。

手持ちの色画用紙をを型抜きし、

屋根付き自転車でおなじみの強力両面テープで貼り付けます。

縁取りはこだわり無く手持ちの色付きセロテープで。

ここに練習した似顔絵を描き写しますが、

だいたい練習のほうが上手く描けるんだよねー

なーんかしっくり来ないと思ったら、ほお骨が特徴だったと描き足して、
名前を色画用紙で貼って、
むちゅこが持っていたヘッドマークのマステをカットして貼り付けます。

「はまなす」は吉川さんが廃止前に車内に取材で入った事があるので敢えてチョイス。

このカラーリングが新京成とわかるように平仮名で小さく書いときました。

おもて面はこれで完成〜

裏面は中央線カラー。

星のシールがあったので、寝台車風に貼ってみました。

キメ台詞を書いて完成〜

作り終わったのは11日の午前1時。

オレ、何やってるんだろ。


さて、この日の15時半のトークショー、
カミさんと、新宿に習い事で使うモノの買い出しに行く娘と、吉川さんに会いたいむちゅこが行って参りました。

しっかり握手してもらい、
色々お話もでき、
一緒に写真撮ろうと言って頂きました。

また、うちわの写真をご自身で撮っておられたとの事。

うちわと京王のパスケースにサインをして頂き、
むちゅこは嬉々として帰って来ておりました。

更にうちわの写真をご自身のツイッターにアップしてくれましたよー

とても貴重な時間を過ごせて良かったー
吉川さんに感謝です。
ありがとうございました。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/11(金) 22:43:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (92)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (160)
自転車以外でおでかけ (142)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR