Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活

アシストなし屋根付き自転車PJT ベース車両完成

16インチの荷台を取り付けはできたものの、
肝心のカゴが載らなかったため、デフォルトの荷台をタッチアップペイントして取り付けますが、

積載荷重10kgとショボい割には車体への組み付けがかなり面倒な事が判明。

パイプの一体溶接構造のため、
足の部分に前後左右の遊びが全くなく、
強引に足を広げながらハブ軸にはめなくてはならず一苦労。

実は外す際にも一苦労で、
無理に足を広げたはずみで荷台が前歯に当たり、
前葉の先っちょがわずかながら折れて、歯医者に駆け込む事態に。

詰め物用の樹脂も使えず、
シリコンを塗って様子見、となりましたが、
こんな事もあったので、この荷台を使いたくなかったのになぁ

つけてみると積載荷重の割にはかなり頑丈。

それでも後子乗せが使えない、としているのは
PL法絡みで慎重を期しているのか、
より利益率の高いアシスト付子乗せ自転車に誘導するためか。

荷台はともかく、ドライブトレーンの貧弱さから見れば、後ろ乗せする様な大きな子を乗せるのは確かにおすすめできません。

荷台がついたので、デフォルトの前カゴを縦に取り付けます。

金具のデッドストックがあるのをいい事に、
カゴ取付金具3個使い(爆)

カゴを取り付ける荷台の横串の位置が中途半端なのと、
前カゴの取付穴位置が、後ろカゴに流用する様には出来ていない事からこうなっちゃいまして。

16インチの荷台を使うとしていた時に考えていたカゴの横置きは、駐輪場で隣の自転車の出し入れ時に邪魔になるのではと不採用。

デッドストックを流用したグレーのベルは、周囲が黒の中で色味的に浮いてしまうので、

黒のベルを調達して交換。

どうでもいい部分ではありますが、
寄せ集めの安物使いというイメージは極力排除したく。

シフターはいつものを装着し、

チェーンは新品を手配。

パッケージが怪しめですが、(爆)
中身はちゃんとしていました。

一旦貼ったカーボン調シートを剥がして塗装し、
剥がれない様部分的にシートを貼り直したチェーンケース。

なんちゃってアルミクランクのチェーンガードと二重になって、少し異様です。

というわけで、ベース車両はこんな感じになりました。

これにどんな屋根をつけるのか、
重量・空気抵抗と強度・耐久性とのトレードオフに悩まされる事になります。

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/23(金) 07:50:41|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシストなし屋根付き自転車PJT 16インチ荷台装着

今回のアシスト無し屋根付き自転車を作る際に、
荷物の積載は空力を考慮し後ろカゴをメインとする方針。

そのためには後荷台の装着がマストなわけですが、
軽量化とコンパクト化のため16インチエコキッズ用の荷台を使う事にしていました。

ただ足の長さが足りないので、
後ハブ軸ではなく、フレームに直付しなくてはならず、
そのための取付金具を入手する必要があります。

が、過日訪問したセキチューみなとみらい店で適当なサドルバンドを探したものの、
耐久性に不安のある樹脂製か、サイズの小さい配線用しかなく、
探し疲れたので結局ヨドバシドットコムでポチッたのがこちら。

ニットーのリアキャリア取付ステーです。

ほぼ汎用品をまとめれば代用できそうな感じ、
送料込1000円弱は高い気もしますが、
ホトホト疲れて面倒になったので(爆)

シートピン代わりのボルトを長いものに代えて、

取付金具をこんな感じにつけて

取り付け完了ー

おお〜イイねぇ。

ハブ軸につけるのと遜色ないほど頑丈です。

これにデフォルトの前かごを取り付けて、と

むむっ?

なんかカゴが背中に思い切り干渉するぞ。

見れば荷台後端部が跳ね上がった形状のため、
カゴが見事に前傾してしまっています。

荷台単体でカゴが載ると判断してしまったしくじりでしたぁぁ

塗装もしたのに敢えなくこの荷台はデッドストック行き、
取付金具もまた然り、
結局仕舞ったデフォルトの荷台を使う事に。

早く屋根付き自転車のベース車を仕上げたいのに、
詰めが甘い様で(爆)

続く

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/22(木) 07:49:07|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軽自動車のナンバーを白くしてみた

わが家の愛車キャンバスくんことムーヴキャンバスは軽自動車でナンバーは当然ながら黄色ですが、
期間限定で白ナンバーに替えられるというので、
やってみました。

2019年に開催されるワールドカップを応援する、という名目で、寄付金ないし記念ナンバー交換手数料を集めて運営費用や開催時の交通インフラ整備費用を集めよう、という目論見なのですが、
記念ナンバーは軽自動車でも白ナンバーが選べるとあって、いま軽オーナーの間で大人気との事。

早い話、お金集めが目的なのでしょうが、
その話、乗ったーーーーーーッ(爆)

車検証片手にサイトで申込み、
受付完了メールが届き次第手数料(これが都道府県によって随分幅がある・・東京は7000円)を銀行振込します。

新生銀行は住宅ローンを組めば他行振込でも月10回まで手数料無料なので有難いっ

入金完了通知メールに添付された申請書を印刷し、車検証のコピーをとって
ナンバーが出来上がるまで2週間程度待ってから、
府中の警察学校そばにある関東陸運振興センター多摩軽出張所へ行きます。

ロックタイト塗ってボルトを留めていたので、現地でナンバーが取り外せない事が無いようにと、電動ドライバーで一度緩めておいたのは正解でした。

外した黄色ナンバーと、申請書と車検証の写しを5番窓口に提出して確認印を貰い、
7番窓口で新ナンバーの交付を受けます。

支給された固定ボルトがSUSなのは有難く。

黄色ナンバーに被せていたメッキプラの枠は、記念プレートがラッピング構造で剥がれる可能性があるため推奨しないとの事でしたが、

被せてまえ〜とやってみたものの、
肝心のワールドカップのマークにモロ被りだったので断念。

装着した結果、
コレが

こうなりましたーっ

・・・まぁ傍目から見ればどうでもいい事で(爆)

軽の白ナンバー化を知らない有人料金所と不勉強なお巡りさんがいたら要注意らしいです(爆)

ナンバーが白くなったから排気量や馬力が上がるわけでもなく、
完全な自己満足の世界ではありますが、
興味のある方は2019年11月までの期間限定、
乗っかってみてはいかがでしょうか。


🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/21(水) 07:51:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシストなし屋根付き自転車PJT 前カゴ取り付け

購入したフリープレートを使って、前カゴをフレームに取り付けて操舵から切り離す作業に入ります。

ストレート・L字形を組み合わせ、強度が出るように角と角を合わせて締結します。

おお、結構手作り感も薄く、強度もあるなぁ

丸穴のフリープレートだとDIY感が出てしまいますが、これはなかなか既製品っぽく。

次はフレーム側にスーパー戦隊のコスプレをした際に買った赤のビニールテープを巻いて、
フレームの傷防止とサイズ合わせ。

これに両サドルをつけて、

カゴ側のフリープレートと合体させます。

この位置だと上下方向にグラグラするので、
2つの両サドルを離して装着し直して装着完了。

おお、見た目なかなかイイんじゃない?

前カゴを前方にオフセットし、ブレーキから距離を取る事に成功しました。

操舵した姿がこちら。

ちゃんとカゴだけ固定されております。

ただ、デフォルトのプロムナード風ハンドルに合わせたブレーキワイヤをそのまま使ったためか、
ダブついたワイヤが操舵時微妙にカゴと擦れるのは追って調整が必要なのと、

大きく右に舵を切るとブレーキのアウター受けがカゴステーと干渉する事が判明。

さらに横から支えているだけだからか、
上下方向の揺れは気になります。

ルック車の小さいカゴならまだしも、デフォルトの大きなカゴなんてとても支えられるものではありません。

このカゴに屋根が載るのであれば、屋根もかなりシビアに軽量化を考えないと。

パイプクランプを丈夫なものに変更すれば改善されるとは思えないほどしっかり固定はされているので、ここから先は一ひねり必要です。

🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/20(火) 07:49:45|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシストなし屋根付き自転車PJT 前カゴ取付部品選定

前カゴを操舵から切り離すには、
デフォルトのカゴステーをやめて、
フレームに直付けするための金具を準備しなくてはなりません。

当然の事ながら専用品はなく、
汎用品でなんとかしなくてはならないのですが、
カゴの大きさ・穴位置を合わせてチョイスするため、
フリープレートを使ったとしても通販では絶対に合いません。

普通のママチャリとしてお嫁に行きかけた姿から、デカい前カゴと照度が足らず五月蝿いだけのダイナモブロックを外して、
屋根付き自転車のベース車の姿に戻して、

現物合わせのため計測していきます。

使う前カゴは26インチのルック車に付いていた小振りのデッドストック。


コラーーッ
こんな小さいカゴじゃ参考にならんだろうよッ

と云われるかもしれませんが、許してチョンマゲ。

この前方が細くなったカゴがあるからこそ、
アシスト無し屋根付き自転車が成立するのではと考えたわけでして。

空力に優れる先の尖ったフロントスクリーンを形成するにはうってつけの形状、
主だった荷物の積載は後カゴに任せるというコンセプトなわけです。

小さいカゴとはいえ、
前ブレーキのアウター受けと干渉しない様に、
前方へのオフセット量は結構なもの。

これを加味して寸法取りし、


会社帰りにみなとみらいのセキチューへgo。

ここのパーツ類の品揃えは半端ないので、
心おきなく取付金具を選定できるであろうと。

さぁ、フレームに着けるパイプクランプから選定していきますよっ

当初目算していたクランプに、なんとか組み合わせ可能な縦T字のブラケットを組み合わせてフレームに着ける、と。

おっ、こんなのもあるんだねー

しかしフレームに締め付けても付属のステー部分がグラグラになりそうなので不採用。

重量を考えるとプレス物の方がいいかもね。

縦T字のブラケットはこの先に使う金具との接続が上手く行かないので、
横T字のプレートを曲げたものに変更。

これをベースにフリープレート・をチョイスしていきますが、どれも帯に短し襷に長し。

もう少し幅があれば、とか、穴が4つじゃなくて3つのが欲しいとか。

散々組み合わせて悩む事2時間、
出した結論がこちら。

穴位置フリーのプレートで揃えて組み合わせる方式(ネジ込みで1200円程度)です。

厚みと強度がありながら1個100円台のお値打ち価格で重さも許容範囲内、
メッキも厚いので見栄えと耐候性もありそう。

唯一サイズが限られるため、大きなカゴをつけるのは難しい事がネックかも。

大きなカゴをつけるのであれば鈑金オーダーしたほうが良いですが、
それは事業化された際に考えましょう(ないない)

後の荷台を留めるための片サドルバンドは見つからず時間切れ、別調達に。

この日は部品調達だけで疲労困憊。

今回部品調達したセキチューみなとみらい店は8月末で閉店との事。

品揃えがかなり良かったので残念です。

通販に押されての事か、徒歩移動の人の流れから外れた立地の問題だったからか、
ホームセンターの経営も大変なのだなぁと。

ともかく組み付けは後日、
うまくいくといいのですが。


🔻ポチって頂けますと幸いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 変り種自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/19(月) 07:47:56|
  2. 屋根付き自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

狐民千草(kotami)

Author:狐民千草(kotami)
日本のMTB黎明期に東京世田谷にあったショップ「Wildcat」のMTBを29年前に購入し、現在も乗り続けています。
また雨天の通勤用にアシスト自転車リチウムビビに屋根を自作で装着、輪行ポタ用にはMobikyを使う「おやじチャリダー」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Wildcatの足跡をたずねて (27)
屋根付き自転車 (73)
自転車で出かける (41)
自転車をいじる (259)
自転車用品 (34)
夜のサイクリング (16)
自転車雑感 (15)
クルマ (14)
未分類 (148)
自転車以外でおでかけ (137)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR